Global site

ABBのウェブサイトはcookiesを利用しています。このサイトをクリックすることでCookiesの利用に同意したとみなします 詳しく知る

配線用遮断器 Tmax DC1000V&AC1150V

DC1000V、AC1150Vまでのアプリケーションに対応

ここ数年、産業プラントでは高電圧への要求が高まっています。ABBは、お客さまがどのようなアプリケーションのニーズに対しても信頼できるソリューションを見つけることができるよう、常に要求の高いアプリケーションに焦点を当ててきました。 

Tmax T4, T5, T6シリーズは、1000Vまでの直流、または1150Vまでの交流に対応した配線用遮断器で、このような要求に応えます。典型的な用途としては、鉱山、道路や鉄道のトンネル、電気輸送、一般的な産業用途での使用が挙げられます。

配線用遮断器Tmaxシリーズは、DC1000VおよびAC1150Vの遮断容量において、低圧分野で最高の性能を発揮します。そのため、Tmax T4、T5、T6は、世界中の地下採掘アプリケーションで広く使用されています。Tmaxシリーズは、様々な種類の熱磁気および電子トリップユニットが用意されています。

  • TMD: 熱動電磁式トリップユニット。調整可能な定格電流(0.7~1倍)
  • TMA: 熱動電磁式トリップユニット。調整可能な定格電流(0.7~1倍)と調整可能な瞬時特性
  • PR221DS、PR222DS/Pは、電子式トリップユニット。過負荷、短絡、地絡の保護機能を備えています。
  • PR222DS/PDには、Modbus RTUによる通信機能が搭載されています。

Tmax配線用遮断器は、DC1000VおよびAC1150Vまでのアプリケーションに対応しており、標準シリーズと同じコンパクトなサイズを維持しています。固定型、プラグイン型、引出型があり、標準付属品との互換性も保証されています。
直流の場合は熱動電磁式トリップユニットのみ使用可能です。

関連製品