ABB、新ビジネスエリアプレジデントを任命

ABBは、ジャンピエロ・フリージオをエレクトリフィケーションビジネスエリアの新しいプレジデントに、ブランドン・スペンサーをモーションビジネスエリアの新しいプレジデントに任命しました。両名は2024年8月1日に新しい役割を引き継ぎ、ABBのエグゼクティブコミッティに加わります。

ABBのCEOであるビョルン・ローゼングレンは、「ジャンピエロとブランドンは、現在の役割で実績のあるリーダーであり、当社の主要ディビジョンのうちの2つで収益性の高い成長を推進してきました。社内で候補者を任命できたことを非常に嬉しく思います。これはABBのシニアリーダー層の強さを示しています。過去数年にわたってエレクトリフィケーションとモーションで達成した優れた業績をさらに伸ばしてくれるでしょう」と述べています。

モーテン・ウィーロッド、次期CEOは次のように述べています。「私が今年後半にABBのCEOを引き継ぐ際、ジャンピエロとブランドンも新しい役割で一緒に仕事ができることを楽しみにしています。彼らと共に、ABBの財務と持続可能性のパフォーマンスを推進する強力なエグゼクティブコミッティを維持し続けることになります」

  • スマートパワーディビジョンの現プレジデントであるジャンピエロ・フリージオがエレクトリフィケーションビジネスエリアの新プレジデントに任命されました。
  • エナジーインダストリディビジョンの現プレジデントであるブランドン・スペンサーがモーションビジネスエリアの新プレジデントに任命されました。

ジャンピエロ・フリージオは、2018年以来エレクトリフィケーションビジネスエリアのスマートパワーディビジョンのプレジデントを務めており、2024年8月1日以降、ABBの新CEOとなるモーテン・ウィーロッドの後任として就任します。ジャンピエロは1995年にABBに入社し、オペレーションからマーケティングおよび営業までのさまざまな管理職を歴任してきました。2011年1月から2018年11月まで、彼はエレクトリフィケーション・プロダクトのプロテクション&コネクションビジネスユニットのマネージングディレクターを務めていました。彼はイタリアのパヴィア大学で電気工学の修士号を取得しています。ジャンピエロはイタリア国籍を有しています。

ブランドン・スペンサーは、2020年以来プロセスオートメーションビジネスエリアのエナジーインダストリディビジョン(PAEN)のプレジデントを務めており、以前に発表された通り、ABBで25年以上勤務した後、ティムケングループのCEOに就任するためにABBを離れるタラック・メタの後任となります。ブランドンは2006年にABBに入社し、エネルギー部門に焦点を当てた一連のリーダーシップロールを歴任してきました。2018年から2020年にかけては、ABBプロセスインダストリのグローバルマネージングディレクターを務めていました。ABBに入社する前は、シーメンスパワージェネレーションで様々な役割を担っていました。彼はフロリダ州ウィンターパークのロリンズカレッジのクラマースクールオブビジネスで経済学の学士号とMBAを取得しています。ブランドンは米国国籍を有しています。

2024年8月1日時点のABBのエグゼクティブコミッティは以下のメンバーで構成されます: モーテン・ウィーロッド(CEO)、ティモ・イハムオティラ(CFO)、カロリーナ・グラナット(チーフHR責任者)、カリン・レパスーン(チーフコミュニケーション・サステナビリティ責任者)、ジャンピエロ・フリジオ(エレクトリフィケーションビジネスプレジデント)、ピーター・ターウィッシュ(プロセスオートメーションビジネスプレジデント)、ブランドン・スペンサー(モーションビジネスプレジデント)、サミ・アティヤ(ロボティクス&ディスクリート・オートメーションビジネスプレジデント)。また、2024年10月1日付で、マティアス・ガートナーがジェネラルカウンシル兼カンパニーセクレタリとしてエグゼクティブコミッティの最新メンバーに加わります。

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp