ABB、COP24で地球温暖化防止技術を支持

技術が、地球を消費せずに世界を運営することを可能にする鍵を握る。
これが、2018年12月2日から14日にかけてポーランドのカトヴィツェで開催されるCOP24気候会議に出席するABBのメインメッセージです。

COP24では、世界の首脳が一堂に会し、気候目標達成のための施策の実施を決定します。 今年の会議では、ABBの代表が、エネルギー消費を削減するクリーン技術の早期かつ迅速な採用を奨励するとともに、地球温暖化対策に必要な技術に関する知見やアイデアを共有します。

ABB Poland Managing Director,Pawel Lojszczykが率いるABB代表団は、インフラの老朽化を改善し、既存の技術を導入することにより、世界は2015年のCOP21で締結されたパリ協定の気候目標の達成に向けて長い道のりを歩むことができると主張します。

「我々は、低炭素エネルギーシステムへの移行を可能にし、産業の効率と生産性を改善し、持続可能な都市と交通システムを創出するための多くの技術をすでに有しています」とPawel Lojszczykは述べています。「これらの技術を優先的に採用すれば、地球温暖化を2℃以下に抑えるというパリの目標に、はるかに近づくことができるでしょう」

エネルギー消費抑制の機会

短期的にエネルギー消費量を削減する最大の機会は、効率の悪いモータを負荷に応じて速度を調整できる新しいモデルに置き換えることです。これを現在稼働している3億台のモータを可変速モータに移行できれば、世界全体のエネルギー消費量を10%削減することができます。これは300基近い原子力発電所の出力に相当します。光熱費が下がることから、ほとんどの場合、新型モータに入れ替えても、合理的な期間内にコスト回収が可能です。

ABBのモータに接続されたABB Ability™ Smart Sensorは、モータの状態やパフォーマンスに関するキーデータを供給
ABBのモータに接続されたABB Ability™ Smart Sensorは、モータの状態やパフォーマンスに関するキーデータを供給

ABBの捉えるもう一つの重要な機会は、COP24で強調されているeモビリティです。同社は鉄道、船舶の電化の先駆者であり、最近では世界有数の電気自動車高速充電ステーションの供給会社として、68カ国に8,000台以上の高速充電器を設置しています。 ABBは、バス路線向けに、ルーフトップで自動接続し、高電力充電を提供する「オポチュニティ充電」ソリューションを開発したパイオニアでもあります。典型的な充電時間は3~6分であり、このシステムは、終点、ターミナルおよび一時駐停車場に充電器を設置することにより、既存のバスネットワークに容易に統合することができます。

もうひとつの技術革新はABBの急速充電です。乗客の乗降中、20秒以内にバスのバッテリーを再充電します。 車体上のハイパワー充電コンタクトの充電ポイントにバスを接続するのに要する時間は1秒未満で、選択された停留所で電池を充電します。これは、世界で最も速い接続時間です。 この技術はすでにジュネーブとナントで採用されており、今年1月にダボスで開催された世界経済フォーラム・サミットで実演されました。

ABBは、世界有数の電気自動車高速充電ステーションの供給会社であり、68カ国に8,000台以上の高速充電器を設置
ABBは、世界有数の電気自動車高速充電ステーションの供給会社であり、68カ国に8,000台以上の高速充電器を設置

ABBのポーランドにおける事業は、先駆的な技術の開発・生産に重要な役割を果たしています。ポーランドには、ABBの7つのコーポレート・リサーチ・センターの1つがあり、ポーランド国内で約8,000人の従業員がいます。そのうち2,900人は、全国12カ所の製造現場で生産に従事しています。ABBの機器やシステムは、ポーランドの送電システムの主要部分を含め、ほぼすべての重要なエネルギー施設に設置されているほか、主要な生産工場や主要な鉄道インフラにも納入されています。

ABBは、パリ協定が署名された2015年以降、COP気候会議において積極的な役割を果たしています。当社の世界の売上の半分以上は、気候変動の原因に直接対応する技術から得られており、2020年までにその貢献度を60%に高めることを目指しています。 気候変動に対処するというABBのコミットメントには、自社の事業活動が環境に与える影響を制限することも含まれており、同社は、排出量を2013年の基準から2020年までに40%削減するという目標を掲げています。

ポーランドのみならず世界中で、ABBは、先駆的な技術に投資すれば、地球を消費することなく世界を運営できると考え、活動しています。

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp