ABB 、人との協働を真の意味で実現する双腕の産業用ロボットYuMi®を市場投入

ABBのネクストレベル戦略の次の一手となる YuMiは、作業者の安全を確保しながら人と協働することのできる、コラボレーションロボットの新時代の到来を告げるものです。

2015-04-13 ドイツ、ハノーバー発- 電力とオートメーション技術のリーダー、ABB グループは、世界最大級の産業技術展であるハノーバーメッセにて、人との協働を真の意味で実現する双腕の産業用ロボットYuMi®を市場投入しました。

YuMiの発売は、ABBのネクストレベル戦略の次の一手であり、持続可能な価値創造を加速していくこと狙ったものです。この戦略は、ABBの3つの注力分野である利益をともなう成長、徹底した業務の遂行、ビジネス主導のコラボレーションの上に成り立っています。ABBは、高成長な市場に重心を置き、競争力を高め、ビジネスモデルのリスクを低減することにより、利益をともなう成長を推進しています。

「ロボットが共に働く時代がやってきたのです。これは、私たちのネクストレベル戦略の重要な一部です。YuMi は、人とロボットのコラボレーションを現実のものとしました。これは、長期間にわたる研究開発の賜であり、人間とロボットの関わり方を変えるものです。YuMi は、将来の自動化のあり方を共に築いていくためのIoT(Internet of Things=モノのインターネット化)、サービス、人的戦略の中の要素のひとつに位置づけられるものです。」と、CEO、ウルリッヒ・シュピースホーファーは述べています。

1974年、ABBは世界初のマイクロプロセッサ制御の電動産業用ロボットを世に出しました。これは、現代のロボット革命の先鞭をつけるものでした。 今日、ABB のロボットの設置実績は世界中25万台以上にのぼります。YuMiの市場投入によって、ロボットで自動化できる生産プロセスのすそ野を根本的に拡大することにより、ABBは再びロボットによるオートメーションの限界線を押し広げようとしています。

小型部品の組立てほど、変化の激しい生産現場は他にはほとんどないと言えるでしょう。特に、エレクトロニクス産業では、熟練した労働力への需要がこのうえなく高まっています。従来型の組立手法の価値が目減りしていくなか、製造業界では、戦略的にも経済的にも新しいソリューションに投資することが避けられない状況となってきています。

例えばBCG リサーチによると、韓国、中国、米国、日本、およびドイツのような国々では、2025年までに多くの産業分野において、最先端のロボットの導入により、生産性は30パーセント向上し、全体では人件費を18パーセント或いはそれ以上削減すると見込んでいます。

YuMi は、特にコンシューマーエレクトロニクス産業に求められる柔軟で敏捷な生産ニーズに対応するように設計されていますが、双腕、柔軟性の高いハンド、ユニバーサルな部品供給システム、カメラによる部品の位置決め、リードスループログラミング、最高水準のモーションコントロールなどの充実した機能により、あらゆる小型部品の組立環境にも同様に適しています。

安全に基づいた設計思想が貫かれているYuMiは、人間と大変近い距離で動作することが可能です。軽量ではあるものの強靭なマグネシウムの骨格を持ち、フローティングプラスチック製のケーシングは、衝撃吸収のため、パッドで覆われています。YuMiはまた、大変コンパクトで人間と同等なサイズと形状を持ち、動きも人間に近いため、共に働く人間にも安全性と居心地の良さを感じさせます。この要素は、優れたデザインに与えられる"Red Dot 'best of the best*1'受賞した理由でもありました。

一緒に働く人とぶつかるなど、予期せぬショックをYuMiが感知した場合、数ミリ秒のうちに動作を停止することができ、その上、あたかもリモコンのプレーボタンを押すような容易さで作業を再開することができます。 YuMi には挟み込むポイントが全くないので、軸の動作によって怪我をするような危険性はありません。

ABBロボティクスのすべての製品は、世界53ヵ国、100拠点を超えるネットワークを有するABBロボティクスグローバルセールス&サービス組織によって、全面的なサポート体制を敷いています。

ABB ロボティクスは、産業用ロボットの主要サプライヤのひとつです。また、ロボットソフトウェア、周辺機器、モジュラー型セル、サービスを、溶接、マテハン、組立、塗装、ピッキング、パッキング、パレタイジング、マシンテンディングなどの用途に提供しています。主要な市場は、自動車プラスチック、金属加工、鋳造、エレクトロニクス、マシンツール、医薬、食品、飲料などの産業です。ソリューションに特化し、産業分野のお客さまの事業における生産性および製品の品質、作業者の安全性の向上を支援しています。ABBのロボットの設置実績は世界中25万台以上にのぼります。

*1Red dot: レッドドット・デザイン賞
ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンターが選定を行っているレッドドット・デザイン賞は、過去2年以内に製品化されたデザインを対象とし、デザインの革新性、機能性、人間工学、エコロジー、耐久性など9つの基準から審査される。

インフォグラフィック(英語): infographic

特設ページ: http://new.abb.com/jp/yumi

写真: here.

ビデオ: b-roll

■ABB について(www.abb.com)

ABBは、世界の約100カ国に140,000人の従業員を擁する電力技術とオートメーション技術のリーディングカンパニーです。環境負荷を最低限に抑えながら、お客さまの業務効率を最適化する製品、ソリューションの数々を、電力、一般産業、交通/社会基盤の各分野に提供しています。

■ABB株式会社について ( http://www.abb.co.jp/)

ABB株式会社は、ABBの日本法人であり、日本国内において電力およびオートメーションに関する事業を、製造、販売、サービスの各分野で展開しています。ABBは日本国内における事業を、ABBジャパンとしてABB株式会社と2つの合弁会社で運営しており、合わせて約700名の従業員、15都市にわたる販売/サービスネットワークを展開しています。

【本件に関するお問合わせ先】

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp