ABB、イタリアの電力系統を強化する1億ドル超の包括契約を獲得

ABBパワーグリッド、欧州入札によりガス絶縁開閉装置を提供する契約をTerna社と締結

ABBは、イタリアの送電系統運用者(TSO)であるTerna社と、1億ドル超の4年間の包括契約を締結しました。このTSOは、イタリア全域の送電網を管理しています。

Terna社は、ABBの先進技術を活用して、イタリアの電力系統を強化します。契約には、ABBのガス絶縁開閉装置(GIS)の供給が含まれます。GISは、空気絶縁変電所の面積の1/10しか占有しないため、機器の設置面積が大幅に縮小できるソリューションです。

ABBのGISソリューションにより、都市内で屋内、地下および屋上に変電所を建設し、安全かつ信頼性の高い電力を供給できます。GISは、限られたスペースでの安全な運用を可能にするコンパクトで信頼性の高いソリューションです。

「我々は、イタリアの電力システムをより強靭にするというTerna社のミッションを達成するために、同社を支援しています」とABBのパワーグリッドビジネスのHVビジネスラインのマネージングディレクター、マーカス・ハインバッハは述べました。「当社の優秀なスペシャリストは、より強く、スマートで、環境に優しいグリッドを通じて持続可能なエネルギーの未来に貢献する先駆的な技術を開発しています」

ABBは、50年以上前にGIS技術を開発し、この分野の革新を推進し続けています。ABBは、特別高圧GIS技術の市場および技術リーダーとして、72.5kV~1,200kVの定格およびアプリケーションを提供し、世界で35,000基以上の納入実績を有します。ABBの最新のオファリングは、環境効率が高くデジタル機能が搭載されています。

ABB (ABBN: SIX Swiss Ex)  は、産業のデジタル変革を推進する技術的リーダーです。130 年以上にわたり、技術革新の歴史を重ね、ABB は今日、全ての産業を網羅するABB Ability™デジタルプラットフォームを基盤とした、エレクトリフィケーション、インダストリアル・オートメーション、モーションおよびロボティクス&ディスクリート・オートメーションのお客さま本位で世界をリードする4つの事業を展開しています。ABB のパワーグリッド事業は、2020 年に日立製作所に事業譲渡します。ABB は世界100か国以上に約147,000 人の従業員を擁しています。 www.abb.com

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp