ABBはMTEK Industry AB(MTEK)に出資し、次なるレベルへの協働ロボットの導入を目指します

ABB テクノロジーベンチャーズは、ロボットソリューションプロバイダMTEKと提携し、協働ロボットの境界線を押し広げています。

製造業がデジタル変換を経るにつれて、自動化は生産ラインの最適化において重要な役割を果たしています。工場フロアで人間と一緒に働くように設計された協働ロボットは、産業のデジタル化の一環として急速に普及のペースを増しています

協働ロボット市場は2024年までに91億3,000万ドルの収益を生み出し、市場情報/アドバイザリ企業のBIS Research1によると、価値ベースで年平均成長率(CAGR)58.8%で成長すると予測されています。ABBは既に、お客さまが、共働する人の安全性を維持しながら生産性と効率を最大限に高めることを可能にする、さまざまな協働ロボット(collaborative robots)または「コボット(cobots)」を有する産業の将来を描いています。  

何世代にもわたって、大型産業用ロボットは、作業者の安全を確保するために、フェンスなどの物理的な障壁を備えて設置されてきました。しかし、設置が容易で安価である柔軟な協働ロボットは、自動化の新しい時代をもたらしています。また、技術の進歩に伴い、協働ロボットは、より直感的に複雑な部品を組み立てることができ、少量多品種生産を必要とする生産ラインで作業することができるようになっています。  

これらの協働ロボットの使用をさらに強化するために、これらのロボットにスマートな能力を追加するインテリジェントソフトウェア機能の開発が不可欠です。ABBは、グローバルな技術的リーダーとして、技術革新に対応した製品の革新・改善に常に努めるとともに、お客さまに付加価値を提供しています。この取組みの最新の例は、ABBのベンチャーキャピタルユニットであるABBテクノロジーベンチャーズ(ATV)を通じた、スウェーデンに拠点を置く初期段階のロボティクスソリューションおよびソフトウェアスタートアップMTEKへの投資です。  

産業の未来を描きます

MTEKは、小型部品組立プロセスの適応自動化、デジタル化、および仮想化に特別な焦点を当てて、リアルタイムのインテリジェントで協調的な生産のためのソフトウェア、ソリューション、およびサービスを開発し、展開します。MTEKのソフトウェアインテリジェンスとハードウェアは、ABBのYuMi(小型部品組立業界で最も協働的なロボット)に非常に適しています。

「ABBテクノロジーベンチャーズは、ABBの産業デジタル化の将来に影響を及ぼすという目標に沿った画期的なテクノロジー企業と提携しています。MTEKのソフトウェアとハードウェアのソリューションとサービスは、生産フローのデジタル化の最前線にあると考えています。独自のオファリングを持っており、ABBはMTEKの市場拡大の次のステップを可能にすることを喜んでいます」とABBテクノロジーベンチャーズのシニアバイスプレジデント、Malin Carlstromは述べました

ATVと初期段階のベンチャーキャピタル投資家であるAlmi Investからの合計200万ユーロの投資により、MTEKはソフトウェアスイートとオートメーションソリューションの商業化を加速させ、その性能と製品をさらに発展させることができるでしょう。さらに、この合意は、インダストリ4.0内でのABBロボティクスとMTEKとの間のより深い商業的関係を促進するでしょう。  

「ABB テクノロジーベンチャーズによる投資は、MTEKにとって完璧な時期に行われています。私たちは、市場における非常に積極的なお客さまへの対応とその牽引力に支えられた、刺激的な拡大曲線に近づいています。私たちは、現在、私たちのオファリングの完全な産業化の準備ができています」と、MTEKの創設者でCEOのMattias Andersson氏は言います。

協働ロボットのエンパワメント

これらのソフトウェアおよびハードウェアの両方の能力は、共にロボットに能力を与え、ロボットの動作および環境との相互作用の理解を向上させます。

生産チェーン全体をカバーするMTEKのソフトウェアは、管理実行システムおよびロボット管理システムなどのいくつかのシステムを含むプロセスおよびフロー全体を制御します。これらの機能に加えて、MTEKはまた、視覚能力およびフィーダを含む特徴を有するセルを生産します。これらのソフトウェアおよびハードウェアの両方の能力は、共にロボットに能力を与え、ロボットの動作および環境との相互作用の理解を向上させます。次に、深い理解に基づく情報が抽出され、それらの性能を改善するために最適化され、ロボットのインテリジェンスを強化します。.

ATVの投資は、ABBの「産業のデジタル変革」を推進し、技術リーダーシップを推進するという目標に沿っています。ABBがイノベーションを支援する多くの方法の1つは、スタートアップ企業との協働とそれらに対する投資です。  

1 BISリサーチによるプレスリリースより

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp