ABBのコロナウイルス危機への取組み支援

私は経歴の中で複数の事業会社を率いてきましたが、事業経営の仕事はここ数週間、見違えるように様相が変わってきたと言えるでしょう。私が3月1日にABBのCEOに就任して以来、COVID-19は世界的な大流行となり、何十億人もの人々の生活に影響を与え、私たちのビジネス、仕事、生活に困難を与えています。世界的に見ても、COVID-19は経済を深刻に混乱させており、予測不可能で、おそらくは不可逆的な結果をもたらすことさえあります。

新CEOとして、急速に変化する状況に社員がどのように適応してきたかに感銘を受けています。COVID-19をめぐる情勢の変化を常に監視し、世界中の人々を守るために、自治体やWHOの指針に沿って必要なすべての予防措置を講じています。これらの措置には、ABBの敷地へのアクセスの制限、「社会的距離の確保」の促進、移動の制限、個人の正しい衛生慣行の促進が含まれます。また、可能な限り、社員が自宅で働くための適切な仕組みを整えています。

大流行が始まって以来、私たちのリーダーたちとそのチームは、困難な状況において、人々とコミュニティの健康と安全を守り、ビジネスの継続性を維持するという義務を超えて勤しんでいます。工場では、人の安全確保と感染リスクの防止に全力を挙げて取り組んでいます。私は、当社の事業を継続させることに携わっているすべての仲間を特に誇りに思っています。彼らのチームスピリット、結束、個人的なコミットメントは、このような異常な時期のすべての人々にとって、従うべき模範です。

ABBは、重要なインフラを供給および維持して、重要な商品やサービスを利用可能にして稼働させ続けることで、社会に貢献しています。当社は、地方自治体が重要と判断した電源やサービスを維持するために、お客さまやパートナーと365 日24時間にわたり取り組んでいます。また、世界中に広がる当社のチームは、重要なサービスを安全に稼働させ続けるために、お客さまやパートナーが既存のデジタルサービスを最大限に活用できるよう支援しており、お客さまや当社のステークホルダーとつながる新しいバーチャルな方法を見いだしています。

当社は、お客さまをさらにサポートするために、当社のソフトウェアサービスの一部を無償で利用できるようにし、重要なヘルスケア用途に無停電電源を確保し、商業施設や産業施設のより良い管理をサポートすることを決定しました。

など、最も悪影響を受けたいくつかの国の病院や最前線の医療従事者に防護具を届けています。私たちは現在、各国政府と協力し、人工呼吸器やマスクなどの重要機器の生産を支援するために、ABBがその技術や専門知識をどこで利用できるかを評価する作業を進めています。

COVID-19危機が続く限り、我々は3つの重要な優先事項に焦点を当て続けます:

  1.  何よりもまず、人身の安全確保に努めてまいります。
  2. 私たちは、お客さま、サプライヤ、パートナーの皆さんがこの危機を乗り越えるのを支援するために、可能な限りビジネス継続性を確保し、同時に、彼ら自身のビジネス継続性を確保することをサポートします。
  3. 最後に、私たちは長期にわたって目を離さず、我々の重要な能力を維持および持続して、この危機からステークホルダーと社会がより強く立ち上がるのを支援できるようにします。

多くの重要なサービスや産業がうちのめされたり閉鎖されたりするリスクがある中、医療システム、電力ネットワーク、その他の重要なサービスを運用し続けるために、政府、企業、市民社会のすべてが協力する必要があります。従業員、家族、社会、未来の世代など、私たち全員の健康と福祉は、それにかかっています。

    

Best regards,

Björn Rosengren

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp