ABBの技術、ドイツのeバス拡充を牽引

ドイツ北部の活気ある港湾都市ハンブルクは、1990年から2030年の間にCO2排出量を半減させるという野心的な持続可能性目標を設定し、その大部分をeモビリティイニシアティブの開発を通じたものとしています。

地元の公共交通機関、ハンブルク高架鉄道(Hamburger HOCHBAHN AG)は、ハンブルクの気候計画に貢献しています。これには、年間2億人の利用者を輸送するシステム向けのドイツ初となる完全に電化されたバスターミナルと広範囲にわたるフリート電化プログラムが含まれます。同社は、2030年までに全フリート1,000台を電気バスにすることに取り組んでいます。

eバスの運行を維持する充電技術は、路線上のバス停でのフラッシュ充電器から、車庫でのオポチュニティ充電器、さらにはハンブルク高架鉄道で使用される乗用車でおなじみの充電技術まで、バスが運行する都市と同じように様々です。

電気自動車の充電インフラの世界的リーダーとして、ABBは事業者のネットワークにハイパワー150kW充電器44台を供給することで、当初からこの取組みを支援しています。これにより、通常時に最大150km走行できる44台のバスが、車庫で同時に充電できます。

ABBのハイパワー充電製品は、より大規模な電気バスフリートを充電するためのインテリジェントでコスト効率の良いソリューションを提供し、ゼロエミッション輸送を実現します。さらに利便性と省スペースを追求し、ハイパワー充電器はバスの車庫の屋上に設置されています。

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp