ABBのYuMiロボットは、Anodicaが誇る半世紀の伝統を守ります

ABBの協働型双腕ロボットYuMiは、Anodicaの生産性を20%向上させ、従業員によりやりがいのある人間工学的な作業を提供しています。

1962年の創業以来、Anodica SPAは強力なコラボレーション文化を醸成し、従業員を事業の中心に置いてきました。この家族経営の企業は、イタリアのコネリアーノの歴史的な町に近いコドニェにあり、オーブン、冷蔵庫、調理台、ストーブ、および電子レンジを含む家庭用および業務用機器の高級ハンドル、ノブ、および装飾製造業界のリーダーです。

Anodicaのコラボレーションの積極的な受け入れは、その顧客にも広がり、密接に連携して革新的な新製品を生み出しています。同社が製造プロセスの更新を決定したとき、コラボレーションも重要な役割を果たすのは当然のことでした。

「初めてYuMiのコンセプトを知ったとき、それは未来のことだと思いました。ロボットが本当に人と協業していると感じるのです。技術は本当に作業者の手に委ねられています」とAnodica社長のGiorgio Zanchetta氏は述べています。

Anodicaは、製造生産性を必要とされる競争の激化に直面し、また、非常に少数の部品から数千個のロットでより専門的なデザインを顧客に提供する必要もありました。レストランのオープンキッチンや個人宅のデザイナーズキッチンへのトレンドもまた、Anodicaのユニークなデザインや新製品の需要を高めていました。同時に、同社では、自動化を活用して作業を置き換えるのではなく、強化することで、従業員へ焦点を当てた仕事を継続したいと考えていました。

最初の組立セルは、人間のオペレータがYuMiと協力してハンドル部品を組み立てる場所に作成されました。

セルは、オペレータを中心に人体測定学的に設計、設置されため、設備内のすべての活動は人間工学的に管理されます。簡素化されたタッチスクリーンインタフェースが作成され、専門的なロボットプログラミングスキルを持たない作業者でもアプリケーションをうまく操作でき、製品変更にも容易に対応できます。

「ロボットのハンドにに新しいグリップシステムを採用したことでセットアップも改善され、セットアップ時間を30%短縮できました」とAnodicaのFanny Tomaselli氏は述べました。

セルは、Anodicaの従業員が変化と判断に対する適応性に貢献することを可能にし、ロボットは、反復タスクに対する疲れ知らずの耐久性をもたらします。ロボットは、人間にとって人間工学的に快適でない仕事(例えば、狭い空間で小さなねじを不自然な角度で締めるなど)を実行する一方で、人間はアプリケーションのためにより多くのやりがいのある監視する役割をもっています。

Zanchettaによると、YuMiの3つの主な利点は、設置が容易、使いやすく、比類ない柔軟性があることです。これらの特徴は、変化する顧客の好みに迅速に対応し、Anodicaが知られるようになった高い製品品質と信頼性を維持し、従業員がやりがいを持ち、健康的な仕事を確実に行えるようにするのに役立ちました。

Anodicaのカスタマーケア&マーケティング部門で働くFanny Tomaselli氏によると、YuMiは現在、3つのシフトで継続性のある仕事に取り組んでおり、平均生産性の20%向上に貢献しています。

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp