ABBロボットで毎日数百個以上の防護マスクを生産

ABBロボットで毎日数百個以上の防護マスクを生産

生産はより速く、品質は向上しました。新しいABBロボットによりTiki Safetyは呼吸保護に対する記録的な需要を満たせる設備が整っています。

概要

チャレンジ:
同社は、スウェーデンをはじめとする世界からの突然の需要急増に対応するために、防護マスクの生産を迅速に強化する必要がありました。

ソリューション:
Tiki Safetyは、防護具の周囲用のシーリングラバーストリップを成形する機械にマスクを配置および取り出しをするABB IRB 2600小型ロボットを設置しました。信頼性の高いIRB 2600ロボットによる自動化により、Tiki Safetyでの生産は10倍速くなり、救命マスクの品質が向上し、ロボットと作業することを楽しみにしている作業員のためのより良い環境が生まれました。

アプリケーション:
生産ラインの2つのセクション間のマスクのピックアンドプレース。

ストックホルム郊外のブロにあるTiki Safetyは忙しい日々を送っています。同社の保護マスクに対する需要は、スウェーデンでも世界的にも急激に増加しています。高需要に対応するため、生産を合理化し、その解決策としてABBロボットが採用されました。

「ABBロボットのおかげで、サイクルタイムが10倍速くなりました。これにより、私たちは注文に対応し、スウェーデンおよび世界中の病院は早急に製品を手に入れることができるようになりました」とTiki SafetyのCEO、Mikael Klockseth氏は語ります。

Tikiは、市場で最も先進的であると同時に、最も使いやすいマスクの1つで、上部に小型ファンを備えたユニークな過圧マスクです。しかし、保護マスクは世界的なレベルであるにもかかわらず、生産機械はそれほど高い基準を維持しているわけではありませんでした。Tiki Safetyが生産速度を上げるために、3Button GroupはABBとともに特注のソリューションを開発しました:ABBのロボット、IRB 2600が保護マスクの周りに配置されるシーリングラバーストリップを成形する機械にマスクを出し入れする新しい生産セルです。

「3Button GroupとABBとの連携により、記録的な速さでターンキーソリューションを手に入れることができました。大変素晴らしいものです。コミッショニングの翌日にはすでに立ち上げをして稼動させ、以前とはまったく異なる速度でマスクを生産していました」とMikael Klockseth氏は言います。

RobotStudio - 開発のイネーブラー

近代化された生産段階は以前、6分を要しました。現在では40秒もかかりません。そして、さらに速くなるでしょう。「1週間ほどで、20秒に短縮されることを期待しています。本当に素晴らしいです!さらには、新ラインで作業するために特別な能力を必要とせず、以前よりも針を使った作業が少なくなるので、製品の品質が向上します」とMikael Klockseth氏は言います。

RobotStudioは、ロボットの納品を迅速かつ成功させるための重要な鍵でした。ABBのプログラミングおよびロボットシミュレーションソフトウェアは、仮想3D環境で完全なロボット設備を作成、シミュレーション、テストすることができます。RobotStudioにTiki Safetyの新しいロボットセルのツール設計とプログラミングが追加されると、誰もがすぐに新しい機会を理解し、意思決定することができました。

「RobotStudioでは、ロボットがセル内で他のことを実行する時間がもっとあったことがすぐにわかりました。そこで、同じセルに当社のテストステーションを設置し、ロボットがプラスチック部品を製造、成形する間にマスクをテストします。手動でテストを行う必要がなくなると、膨大な時間を節約できます」とMikael Klockseth氏は述べています。

作業環境の改善

生産能力の向上、高品質化、同一セル内の部品の増加。古くて汚い機械を現代のロボットに置き換えることは、多くの利点をもたらします。また、Tiki Safetyの作業環境も向上しました。

「ABBロボットは、以前発生していた多くの機械トラブルを解決しました。ロボットのおかげで、問題なく生産作業を行うことができ、スタッフは製品をより良く製造することができます。彼らは新しくカッコいい機械を使って作業するのを楽しいと感じています!」

Tiki Safetyは新しいABBロボットに非常に満足しています。現在、同社は呼吸器保護に対する高い需要を満たすための装備が強化され、Mikael Klocksethによると、次のステップはすでに検討が進んでいます。

「この技術が非常にうまく機能することが証明されたので、私たちはもう1台のABBロボット購入について話し合いました。そうすれば私たちは生産を倍増できるでしょう」

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp