世界最大規模の海水淡水化プロジェクトに貢献するABBの技術

世界最大規模の海水淡水化プロジェクトに貢献するABBの技術

ABBの技術は、アラブ首長国連邦のアブダビ首長国タウィーラで世界最大の淡水化プラントを建設するのに採用されていますが、別途さらにABBはナッシュビルの水インフラを近代化する契約を獲得しました。本日の「世界水の日」に、両プロジェクトは水ソリューションとサービスに関するABBの長年にわたる専門知識を強調しています。

アブダビの北約45キロメートルにあるタウィーラプロジェクトは、アブダビで初の逆浸透膜式の独立水プロジェクトであり、地域社会や産業に供給するために海水を淡水化するものです。また、生産される水1立方メートルあたりのエネルギー量を最低限に抑えることで、その規模、効率、コストにおける新たなベンチマークを設定します。

5億米ドルを投じて開発されるこのプラントは、35万世帯以上の需要を満たすのに十分な1日あたり90万立方メートルを超える海水を処理する能力を備え、2022年第4四半期にフル稼働する予定です。2017年から2024年の間に11%増加すると予測される地域のピーク水需要を満たす上で、このプラントは重要な役割を果たします。

ABBは、設備のEPC請負業者であるSEPCOIIIと協力して、電力供給の継続性を確保し、システムの運用効率を高め、保守コストを削減しています。ABBは、海水淡水化装置の操業に安全で信頼性の高く、かつ安定的な電力を供給することを掲げ、デジタル機能を備えた高圧スイッチギアのパネル30枚と低圧スイッチギアのパネル250枚を納入します。契約の財務詳細は開示されていません。

電力システムにおいて、開閉器は電気機器の制御、保護、絶縁を行い、途切れない電力供給を実現するために使用されています。動作の最適化のために、納入された低圧スイッチギアには、データインターフェースを備えたインテリジェントデバイスが組み込まれ、スイッチギアの遠隔操作監視と状態ベースのメンテナンスが可能です。

ABBはまた、プラントで信頼性およびエネルギー効率の高い揚水を確実にするために、広範な低圧および高圧のモータと可変速ドライブを納入しました。高圧ドライブは、モータの速度とトルクをポンプの需要に合わせて調整し最大限の省エネを実現します。

「ABBの技術がタウィーラのプラントで採用されることを非常に誇りに思います。このプラントは、UAEの目標である、同国内のより持続可能で自立した効率的な水とエネルギー部門の構築に貢献するでしょう。このプラントが稼働すれば、35万世帯以上の水需要を満たすと推定されます。水は明らかに国家の繁栄と成長にとって重要な要素であり、本日の世界水の日に、安全、スマートかつ持続可能な未来の構築に貢献できることを嬉しく思います」とABBエレクトリフィケーション、中東およびアフリカのマネージングディレクターであるLoay Dajaniは述べました。

統合されたABBソリューションがナッシュビルの増加する人口の水の利用可能性を促進

マクレーンテクノロジーグループ(MTG)は、2045年までに50%増加すると予想される人口のニーズに対処するため、メトロウォーターサービス(MWS)が運営するナッシュビルの中央廃水処理施設で自動化、電化、および計装ソリューションを提供するためにABBを採用しています。

MWSは現在、25万を超える顧客にサービスを提供しており、1日あたり約1億8,600万ガロンの水を排水処理施設で処理しています。

このプロジェクトでは、中央排水処理プラント最適化プロジェクトの一環としてスクリーニングおよび砂粒除去施設である新しいヘッドワーク(頭首工)へのABB Abilityの制御システムの実装が見込まれます。中央施設は、一旦最適化されると、1日あたり4億4,000万ガロンの最大水容量を有し、紫外線を利用して処理済の廃水を消毒し、頑丈で細かいスクリーンを組み込んで目詰まりを減少させます。また、輸送配管の改善、エアレーションシステムのアップグレード、臭気源の捕捉および処理の強化なども含まれます。

ABBの自動化および制御システムにより、オペレータはプラントの運用全体をリアルタイムで完全に把握できるようになり、より正確な意思決定が可能になります。このようにすることで、オペレータが管理しなければならないインターフェースの数が減少し、リスクが最小限に抑えられ、起動およびコミッショニングプロセス中のトラブルシューティング時間が短縮されます。

さらに、ABBは、MWSのすべての上下水処理プラントの運用を標準化する第2の制御システムを介して制御システムの最適化を提供します。これには、1つの統合ソリューションを介して効率、生産性を向上させ、所有の総コストを削減するために、プラント内のすべてのドライブ、計装、および電気構成要素へのアップグレードが含まれます。

1993年以来、毎年3月22日に制定された「世界水の日」は、水の大切さを考え安全な飲み水を確保できない22億人の暮らしに対する問題意識を高めています。世界中で、ABBソリューションが採用され、安全で清潔な飲料水および衛生へのアクセスを増加させ、産業全体、農業および都市におけるより持続可能な水の使用を促進しています。例えば、ABBのエンドツーエンドのソリューションは、地元の水道当局がインド南西部のコッパルの干ばつ地域での水利用の追跡、測定、最適化するのに役立ちます。ABBはオマーンのアル・グブラ海水淡水化プラントの生産能力を向上させ、ABB自動化システムはベトナムのホーチミン市の老朽化した配水システムの近代化に使用されています。

ABBの水ソリューションとサービス、および世界中の水キャンペーンについては、こちら(英語)からご覧いただけます。

ABB (ABBN: SIX Swiss Ex) は、より生産的で持続可能な未来の実現に向けて社会と産業の変革に活力を与える、世界をリードするテクノロジー企業です。ソフトウェアをエレクトリフィケーション、ロボット、オートメーション、モーションのポートフォリオに結びつけることで、ABBはテクノロジーの限界を押し広げ、パフォーマンスを新たなレベルに引き上げます。130年以上にわたる卓越した歴史を持つABBの成功は、100カ国以上、105,000人の才気あふれる従業員によって支えられています。 www.abb.com

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp