目からウロコのFlexPicker®&三品包装自動化の最新動向

月例ウェビナー2021|ABBロボット 自画自賛|5月の回|ABBロボティクス ジャパン

2021年5月より、国内のお客さま向けに月例のウェビナーをスタートいたします。ABBロボットの他社にはない魅力に改めて着目し、導入事例を交えながらそれらのメリットをお伝えすることで、皆さまの今後の事業における商機の拡大や、より幅広い自動化課題の解決に貢献することをめざしています。  

システムインテグレータにてさまざまなメーカーのロボットを経験し、“一番凄いと思ったロボットを扱いたいと思った”と中途入社してきた社員もおります。一方、ABBロボットに精通する国内の社員でも、他社ロボットに触れる機会が限られてきたが故にABBロボットの特性はいわば当たり前のものであり、その凄みを皆さまにお伝えしきれていないという側面に改めて思い至りました。

■ 多関節でもパラレルでも、稼働限界域で軌跡&スピード保持
■ 加減速重視の設計で、方向転換を含む総合的タクトタイムで有利
■ 位置検出器がレゾルバで、メインCPUと軸コンピュータを分割 = コンベアトラッキングや力覚センサの高精度制御の秘訣
■ 肉厚筐体とギアボックス方式で、ぶつけても軸ズレを起こしにくい
■ ジョイスティックで、手元を見ずにロボットの微調整できる …  

こうした特徴によって、スペースやタクトタイムを追い込み、これまで一歩届かなかったと言われるような課題を解決しています。   一連の月例ウェビナーを通して、よい意味で皆さまの常識を覆せればと思っています。自動化の進展によって今後、より複雑で高度なソリューションが求められるようになります。ABBの本領発揮!です。そこで皆さまのお役に立てると確信し、胸を張ってABBロボットを『自画自賛』いたします。ご多用中恐れ入りますが、ぜひご参加いただければ幸いです。  

まずは5月の回として、以下の内容をお届けします。  

日時: 2021年5月21日  金曜日
14:00-15:00 / 16:00-17:00
各1時間 全2回(いずれの回も内容は共通です)  

プログラム:

■ パラレルリンクロボットの本当の特徴解説
■ 食品、化粧品、医薬品などの業界における導入事例と総合支援
■ 次世代アプリケーション動向:PickMaster Twin活用方法など
■ 実機体験会、実ワークテストプロセス体験会などのご案内     など  

プレゼンター:
中島 秀一郎
ABB株式会社 代表取締役社長 兼 ロボティクス&ディスクリート・オートメーション事業本部 事業本部長   

登録について:  

参加登録ページへGO!

■ 上のリンクより参加登録ページにアクセスしてください。
■ ご希望の回について情報をご登録いただき、参加登録をお願いいたします。
■ ご同僚、ご友人の皆様にも情報をご展開いただけます。ぜひお誘い合わせの上、ご参加ください。
■ 参加登録ページは日本語に対応しています。ページ内に言語設定できる箇所がございます。 ■ 同様に、参加登録ページに表示されている開催時間がずれている場合は、時間帯が日本となっていることをご確認ください。
■ 登録イベント名左側のチェックボックスの両方をご選択いただくことで、両方のイベントに一度にご登録いただけます。
■ その他、ご不明な点につきましては、jp-abbrobotics@abb.comまでご連絡ください。  

Q&Aについて:
■ 当日はチャット機能でも質問をお寄せいただけますが、質疑応答時間が限られておりますため、後日の回答となる場合がございます。
jp-abbrobotics@abb.comへのメールで、事前に質問を受け付けいたします。公開可能な質問については回答を準備し、できる限り当日にお答えいたします。非公開の質問については個別に対応いたします。

ウェビナーに使用するサービス:

本ウェビナーではWEBEXを使用します。お客さまの環境により、事前にプラグインなどの設定が必要になる場合がございます。以下のリンクにて事前に接続テストが可能です。なお、当日は10分前より接続可能です。 https://www.webex.com/ja/test-meeting.html

ご不明な点につきましては、弊社担当営業、または以下の問い合わせ先までご連絡ください。 ウェビナーにて皆さまとお会いできますこと、心より楽しみにしております!    

中島 秀一郎
ABB株式会社 
代表取締役社長 兼 ロボティクス&ディスクリート・オートメーション事業本部 事業本部長

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp