ABBのロボットがソーラー業界の自動化を促進

ABBのロボットは6分ごとに太陽熱集熱器を生産し、Absolicon社のソーラーテクノロジーを従来の暖房に代わるコスト競争力のあるものにしています。

持続可能な社会への変革を可能にし、資源を保存するためには、太陽熱集熱器パネルの生産は、正確で、高効率で、コスト効率の良いものでなければなりません。これを実現するために、 Absolicon 社とABBは、スウェーデンのハルノサンドにある Absolicon 社の工場で、太陽集熱器の大量生産のための世界で唯一の完全なソリューションを開発しました。

自動化が進んだことで、生産量が飛躍的に増えました。Absolicon社のロボット生産ラインでは、ABBのロボット2台を使用して、従来の手作業による生産方法では1日に3台しか生産できなかった太陽熱集熱器を、現在では6分ごとに生産しています。

「自動化された生産プロセスを開発することで、非常に高い品質で一貫して製造しながら、太陽熱集熱器の価格を大幅に下げることができ、当社のグローバルなビジネスケースを実現することができました」と述べています。ABBのロボットが提供する生産性の高さは、太陽エネルギーを従来の産業用暖房と初めて価格競争させることができることを意味しています」と、Absolicon社のCEOであるJoakim Byström氏は述べています。「私たちの新しい自動化された生産ラインは、6分ごとに完全な太陽熱集熱器を生産することができます。競合他社が手作業による製造プロセスに頼っているのに対し、私たちは5人の従業員、2台のロボット、そしてほんのわずかな部品でそれを行うことができます」

Absolicon社は、20年前から持続可能な太陽電池技術の開発に取り組んでおり、このクラスでは最も効率的な放物線型太陽集熱器を製造し、産業会社や地域暖房ネットワーク向けに160度までの熱や蒸気を生成しています。

「ABBのロボティクス・ソリューションがAbsolicon社の生産ラインの生産性、品質、コスト効率を向上させ、再生可能エネルギー製品を競争力のある価格で市場に投入できるようになったことを喜ばしく思います」とABBのロボティクス&ディスクリート・オートメーションビジネスエリアのプレジデント、サミ・アティヤは述べています。「Absolicon社が1日3台の生産を6分に1台に加速するのを支援することで、当社のロボットソリューションは、持続可能な技術の世界的な採用を加速する上で重要な役割を果たしており、Absolicon社の生産パートナーが太陽集熱パネルを世界的に安定して生産できるようにしています」

「私たちのビジョンは、太陽光から直接熱を作り出す、コスト効率の高い太陽熱集熱器の大量生産を世界中で可能にすることです」とByström氏は付け加えました。「ABBと協力してこの自動化された生産プロセスを作成することは、私たちのビジョンを実現するための重要な要素です。ABBのグローバルサービス組織は、新しい顧客にとって非常に貴重なリソースとなるでしょう」と述べています。

プロジェクトの次の段階では、ロボット生産ラインの完成品を世界中の製造パートナーに供給することになり、ABBとAbsolicon社は、ロボット生産ラインの開発、販売、マーケティングを世界中で協力して行うことに合意しました。

最初の設備はすでに中国のパートナーに納入されており、ロボット生産ライン取得のためのフレームワーク契約が12カ国の企業と締結されています。ABBはすべての新しい設備にロボットを供給しています。

Absolicon Solar Collector AB (publ)は、スウェーデンのハルノサンドに本社を置く、スウェーデンの公開有限責任会社です。

ABB (ABBN: SIX Swiss Ex) は、より生産的で持続可能な未来の実現に向けて社会と産業の変革に活力を与える、世界をリードするテクノロジー企業です。ソフトウェアをエレクトリフィケーション、ロボット、オートメーション、モーションのポートフォリオに結びつけることで、ABBはテクノロジーの限界を押し広げ、パフォーマンスを新たなレベルに引き上げます。130年以上にわたる卓越した歴史を持つABBの成功は、100カ国以上、105,000人の才気あふれる従業員によって支えられています。 www.abb.com

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp