「高効率モータとドライブは、世界の目に見えない気候変動対策の中心です」 - EUエコデザイン指令実施に寄せて、ABBのモーテン・ウィロード

ABB DECODEDのエピソード7では、ABB モーションのプレジデントであるモーテン・ウィロードが、エネルギー効率の高い方法で世界を回転させ続けるために、モータとドライブがどのように役立つかを紹介しています。

本日、低圧誘導モータおよび可変速度ドライブに関するEUエコデザイン指令2019/1781が発効し、何百万ものモータ駆動アプリケーションがエネルギー消費を削減する道が開かれます。

電動モータは世界の電力の約45%を消費しているにもかかわらず、使用中は目に触れることがありません。問題は、使用されている多くのモータ駆動システムが非効率であることです。そのため、ABBはお客様、パートナー、学界、政府と協力して、高効率のモータとドライブがどれだけエネルギーを節約できるかについての認識を高めています。今日、ABBが提供しているソリューションは、今日施行されている規制要求だけでなく、エコデザイン規制がさらに拡大する2023年7月に予定されている規制要求も上回っています。

ポッドキャストでは、モーテンが、私たちの日常生活にモータやドライブがどのように普及しているか、また、それらがどのようにエネルギー効率を飛躍的に向上させるかについての洞察を語っています。

私たちの周りの目に見えないネットワーク

「電動機は、意識していなくても、1日に何度もみなさんの生活に関わっています。きれいな水が家に届くようにしたり、電車を走らせたり、建物を建てたり、食べものを作ったりと、モータやドライブは常に存在しています」

「つまり、世界中に3億を超えるモータ、駆動システム、サブシステムが設置されており、私たち全員が望む適切な生活の質を実現しているのです」

「箱」の中のエネルギー効率

「電動モータ は、電磁界を利用して制御することで、回転させるための動きを生み出します。可変速駆動は一般にはあまり知られていないでしょうが、私はこれをエネルギー効率の「箱」と呼んでいます。箱の中にはパワー半導体と電子機器が備わっていて、ソフトウェアと一緒に使って、モータを制御するための適切な速度とトルクを作り出しています」 - これまでの一般的な方法である、ブレーキを使って速度を制御する方法よりもはるかに効率的な方法です。  

「このようにして、速度制御をせずにモータをフル回転させた場合と比較して、25%から最大40%、さらには50%のエネルギーを節約することができるのです」

EUエコデザイン指令が重要な理由

都市における持続可能性の目標を達成するための重要な要素の一つがエネルギー効率であり、これはモータとドライブの技術によって大きく影響されます。

  「今日、2021年7月1日より、IE3と呼ばれるエネルギーレベルが有効になり、2023年には次のレベルのエネルギー効率であるIE4に移行することで、順調な進展が見られてうれしく思います。しかし、新しい技術はすでに利用可能なので、もっと多くのことができます」 ABBには、IE5効率クラスを満たすモータおよびドライブソリューションが用意されています。これは、これまでの設計で満たされている最高レベルの効率です。

「2020年の間に、ABBの高効率モータとドライブの設置基盤は198テラワット時の電力削減を可能にし、これはスイスの年間総消費量の3倍以上に相当します。2023年までには、モータとドライブの設置基盤の拡大により、チリの年間消費量を上回る年間78テラワット時の電力削減をお客さまに提供できると推定されます」

  「私は、産業のエネルギー効率は、気候の緊急事態に対処するための最大の能力を持つと信じています。それは、本質的に世界の目に見えない気候の解決策です。私たちの周りの重要なプロセスの大部分を動力源とする高効率モータを用いて、私たちは、毎日エネルギーを節約しながら、世界を転換させ続けることができます」

ABB (ABBN: SIX Swiss Ex)は、より生産的で持続可能な未来の実現に向けて社会と産業の変革に活力を与える、世界をリードするテクノロジー企業です。ソフトウェアをエレクトリフィケーション、ロボット、オートメーション、モーションのポートフォリオに結びつけることで、ABBはテクノロジーの限界を押し広げ、パフォーマンスを新たなレベルに引き上げます。130年以上にわたる卓越した歴史を持つABBの成功は、100カ国以上、105,000人の才気あふれる従業員によって支えられています。 www.abb.com

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp