ABBとSKFが産業用オートメーションに関する協力関係を強化

  •  将来の戦略的協業と新規ビジネス機会を促進するための覚書に調印

ABBとSKFは、製造工程の自動化における協力の可能性を探るため、覚書を締結しました。このMoUは、スウェーデンのヴェステロース市にあるABBのロボティクスエクスペリエンスセンターで、ABBのビョルン・ローゼングレンCEOとSKFのCEO、リカード・グスタフソン氏によって締結されました。

SKFのグローバルな製造ネットワークにおいて、ABBの産業用ロボット群がベアリングメーカーの最先端工場であるヨーテボリに設置されるといった多くのプロジェクトの成功に続き、両社はこの度、次のステップに向けた協業に着手しました。

ABBとSKFは、このパートナーシップを通じて製造能力を向上させ、お客さまの生産効率向上を支援するためのソリューションを特定、評価します。その第一歩として、自動化とクリーンな製造工程への投資がテストベッドとなり、SKFの事業から排出されるCO2を削減することに焦点を当てます。長期的には、両社が幅広い業界において経験を有する伝統的な市場分野と新しい市場分野の両方において、新たなビジネスチャンスを探っていく予定です。

 SKFのCEOリカード・グスタフソン氏(左)とABBのCEOビョルン・ローゼングレン(右)は、スウェーデンのヴェステロース市にあるABBのロボティクスエクスペリエンスセンターで、製造プロセスの自動化における協力の可能性を探る覚書に調印しました。画像出典:Jonas Bilberg/ABB
SKFのCEOリカード・グスタフソン氏(左)とABBのCEOビョルン・ローゼングレン(右)は、スウェーデンのヴェステロース市にあるABBのロボティクスエクスペリエンスセンターで、製造プロセスの自動化における協力の可能性を探る覚書に調印しました。画像出典:Jonas Bilberg/ABB

「生産年齢人口の減少、人件費の上昇、持続可能な製造業への移行に伴う資源効率の高いオペレーションを実現するための産業界の取組みなどにより、自動化に対する需要は高まっています。そのため、SKFとのパートナーシップを深め、技術面でのリーダーシップをさらに強化することを発表できることを嬉しく思います」とABBのCEOであるビョルン・ローゼングレンは述べています。

「私たちは、競合他社に先行し、環境パフォーマンスを向上させるために、全地域で生産設備の自動化を進めています。これはまた、より柔軟で安全な労働環境を可能にします。ABBはこの分野で私たちの重要なパートナーであり、私たちは産業をリードする2つの企業として、お客さまの競争力をさらに高めるために革新的なソリューションを開発し続けていきます」とSKFのプレジデント兼CEOであるリカード・グスタフソン氏は述べています。

 最近、両社は、高度な製造自動化、ロボットによるランダムビンピッキング、SKFの製造拠点内のより複雑な産業作業場への革新的な物流自動化ソリューションの設置などの分野における特定のプロジェクトの納入契約を締結し、ロボットによる詳細な管理の品質保証を実現する方法を確認することが可能になりました

ABB (ABBN: SIX Swiss Ex) は、より生産的で持続可能な未来の実現に向けて社会と産業の変革に活力を与える、世界をリードするテクノロジー企業です。ソフトウェアをエレクトリフィケーション、ロボット、オートメーション、モーションのポートフォリオに結びつけることで、ABBはテクノロジーの限界を押し広げ、パフォーマンスを新たなレベルに引き上げます。130年以上にわたる卓越した歴史を持つABBの成功は、100カ国以上、105,000人の才気あふれる従業員によって支えられています。 www.abb.com

SKFの使命は、ベアリングビジネスにおいて誰もが認めるリーダーであり続けることです。私たちは、摩擦とCO2排出を削減し、同時に機械の稼働時間と性能を向上させるソリューションを提供することで、これを実現しています。回転軸に関連する当社の製品とサービスには、ベアリング、シール、潤滑管理、人工知能、ワイヤレス状態監視などがあります。SKFは130カ国以上に代理店を持ち、世界中に約17,000の販売代理店があります。2021年の年間売上高はSEK81,732百万円、従業員数は42,602名です。 http://www.skf.com/

® SKFは、SKFグループの登録商標です。

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp