ABB、世界最先端レベルのロボット工場を上海に建設

この記念すべき投資で、最先端のコネクテッドデジタル技術、協働ロボット工学、人工知能(AI)研究を組み合わせて、最も洗練され、自動化され、柔軟性のある「未来の工場」を創造します。

ABBは本日、世界最先端レベルの自動化された柔軟なロボット工場の建設に1億5,000万ドルを投資することを発表しました。中国・上海の新生産拠点に、同社のコネクテッドデジタル技術(ABB AbilityTMソリューションを含む)、最先端の協働ロボット工学、人工知能(AI)研究を組み合わせ、最も高度な「未来の工場」を創造します。本工場は、2020年末までに操業を開始する予定です。

この投資は、ABBにとって中国でナンバーワンのロボットメーカーとして、また世界最大のロボット市場での重要なパートナーとして、大きな節目となるものです。2017年には、世界で販売されているロボット3台のうち1台が中国向けでした。ABBは1992年以降、中国に24億ドルを投資し、100年以上にわたり中国国内で活動を続けています。

未来のデジタル工場をリードします

上海の新工場は、機械学習、デジタル、協働ソリューションを多数活用し、ロボット産業の最先端工場を目指します。さらに、オンサイトR&DセンターがABBの人工知能(AI)における技術革新の加速に役立ちます。

ABBが今年初めに発表したロボットソリューションの新しいグローバルデザインアプローチにより、現場で作れるロボットの種類やバリエーションを大幅に拡大し、お客さまのニーズに合わせたカスタマイズをより迅速に行うことができます。ABBは、ロボットのポートフォリオをさらに拡げ、それを組み合わせることによって、お客さまの多様なニーズにお応えします。

リアルタイムで業務を監視・評価するべく、上海工場全体をデジタルツインとしてモデル化し、マネージャー、エンジニア、オペレータ、メンテナンスエキスパートに最先端のツールを提供します。これは、ABB AbilityTMコネクテッド・サービスを通じて、工場内のABBロボットの状態および性能に関する情報を収集および分析し、確実に潜在的な異常の早期識別を行い、コストのかかるダウンタイムを回避することで、性能、信頼性を高め、エネルギー使用を最適化することも含まれています。

モノづくりの場を最大活用

スペースを最大限に活用するために、新工場は、固定の組み立てラインではなく、相互に連結されたアイランドで自動化を行う柔軟なフロアプランを採用します。これにより、生産能力の増強なしに、中国のロボット市場の変化に効率的に適応できるようになるでしょう。

マスカスタマイゼ―ションへの対応と高度な柔軟性を確保するため、上海新工場では、ABBのSafeMove2ソフトウェアを幅広く活用し、人とロボットが近くで安全に作業できるようにします。さらに、ABBの協働型双腕ロボットYuMiは、ABBロボットの製造に必要な多くの小型部品組立作業における人とロボットの緊密な協働を可能にします。

上海新工場は、最近アップグレードされたスウェーデンのヴェステロース工場と米国ミシガン州オーバーンヒルズ工場の工場と共に、ABBのグローバルなロボット供給体制の重要な一部となる予定です。ABBは、米国の製造拠点を有する唯一のグローバルロボット供給者であり続けています。同時に、このフットプリントは、製造拠点をローカルのお客さまのより近くに置くことで、優れた顧客体験をサポートします。

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp