ドイツ首相立会いのもと、ベルリンのABBで「ラーニングファクトリー インダストリ 4.0」を始動

ドイツ首相立会いのもと、ベルリンのABBで「ラーニングファクトリー インダストリ 4.0」を始動

  • オラフ・ショルツ首相がベルリンのABBトレーニングセンターを訪問し、新トレーニング年度の開始を記念
  •  ドイツ首相、ABB取締役会会長のピーター・ボーザー、ABBロボティクス&ディスクリート・オートメーションビジネスエリアのプレジデント兼エグゼクティブコミッティメンバーのサミ・アティヤ立会いのもと、「ラーニングファクトリー インダストリ4.0」 を備えた新しい増築棟を開所
  •  2022~2023年にドイツのABBで約359人の実習生が研修プログラムを開始予定

ドイツのオラフ・ショルツ首相は本日、ベルリンにあるABBのトレーニングセンターを訪れ、実習生の新しいトレーニング年度の開始を祝うとともに、センターの増築棟を正式に落成させました。ドイツ首相は、この新しい多機能ビルにあるABBの「ラーニングファクトリー インダストリ4.0」が、ABBのみならずパートナー企業にとっても、テクノロジー企業の教育・研修機会をいかに変革していくかを目の当たりにしました。今年、ベルリンのABBトレーニングセンターでは、さらに205人の実習生を迎え、17の異なる実習プログラムを通じて、インダストリ4.0の世界で成功するためのスキルを学びます。

ABBはハイデルベルクとベルリンにある2つのドイツ研修センターを定期的に近代化し、すべての実習生が最新の技術と設備でサポートされるようにするという戦略をとっており、首相はこの訪問でその効果を実感されました。

「ABBトレーニングセンターは、世界的に高く評価されている我が国のデュアル教育の真の旗艦校です。ABBとそのパートナー企業にとって最も重要な将来の投資は、熟練労働者の資格、ひいては企業の将来に対するものです」とオラフ・ショルツ首相は述べています。  

ABBの「ラーニングファクトリー インダストリ4.0」は新棟の目玉で、研修生が製造業のデジタル未来に備えるための最先端の研修施設を備えています。

ABBのピーター・ボーザー会長、ABBロボティクス&ディスクリートオートメーションビジネスエリアプレジデント兼エグゼクティブコミッティメンバーのサミ・アティヤとともに、新しい「ラーニングファクトリー インダストリー4.0」を視察したオラフ・ショルツドイツ首相が、ABBの実習生トレーナーたちと話す様子。
ABBのピーター・ボーザー会長、ABBロボティクス&ディスクリートオートメーションビジネスエリアプレジデント兼エグゼクティブコミッティメンバーのサミ・アティヤとともに、新しい「ラーニングファクトリー インダストリー4.0」を視察したオラフ・ショルツドイツ首相が、ABBの実習生トレーナーたちと話す様子。

「より短く、より強靭なサプライチェーンの必要性と、お客さまのニーズや好み、ライフスタイルに合わせて製品をカスタマイズする、いわゆるマスカスタマイゼーションの需要の急速な高まりという二つの要因によって、欧州の再工業化が起こることに期待しています。これは、次世代の従業員を高度なスペシャリストとして育成することによって初めて実現できることです。このトレーニングへの投資によって、現在も将来もドイツで技術革新と収益性を両立させることができるのです」とABBの取締役会会長であるピーター・ボーザーは述べています。「私たちはここベルリンにトレーニングセンターを設立し、将来の産業界のニーズに対応できるような実習生を育成しています。これは私たちABBだけでなく、パートナー企業にもメリットがあります。 共に協力することで、競争力を維持し、ドイツの労働力の人材プールを広げることに重要な貢献ができるでしょう」

ピーター・ボーザーとABBのロボティクス&ディスクリート・オートメーションビジネスエリアのプレジデント兼エグゼクティブコミッティメンバーであるサミ・アティヤは、オラフ・ショルツ首相に、高度に自動化された工場施設のような設備を備え、デジタルネットワーク化した生産工程を総合的に理解できるラーニングファクトリーを案内しました。講師の指導のもと、実習生は工場でABBフォーミュラEレーシングカーのモデルを作ります。

首相はまた、新世代のこの工場では、ネットワーク化されたシステムを監視し、生産プロセス自体で発生した障害を自ら修正することを学んでいると説明を受けました。 全体として、ラーニングファクトリーは、デジタル化やインダストリ4.0といった重要なテーマを実践的にトレーニングに取り入れることを可能にしています。

多機能ビルへの投資額は約700万ユーロでした。この拡張工事は、ベルリン州が「地域経済構造改善のための共同タスク」(GRW)から約620万ユーロの補助金を拠出して実施されました。

新年度は、359人の人材がABBで実習または二重学習プログラムを開始し、そのうち205人はベルリンで、154人は第2トレーニングセンターであるABBトレーニングセンター・ハイデルベルクで学ぶことになります。他の新入社員はすべて、ドイツの他のABB拠点で研修を終了します。ABBは現在、ベルリンの全トレーニング年度で680人の若者を訓練しています。うちハイデルベルクでは421人を訓練しています。 全国で合計1,153人の若者がABBで研修を受けており、そのうち789人にはABBから約250社のパートナー企業に対して研修を行っています。

ABB (ABBN: SIX Swiss Ex) は、より生産的で持続可能な未来の実現に向けて社会と産業の変革に活力を与える、世界をリードするテクノロジー企業ですソフトウェアをエレクトリフィケーション、ロボット、オートメーション、モーションのポートフォリオに結びつけることで、ABBはテクノロジーの限界を押し広げ、パフォーマンスを新たなレベルに引き上げます。130年以上にわたる卓越した歴史を持つABBの成功は、100カ国以上、105,000人の才気あふれる従業員によって支えられています。 www.abb.com

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp