ABBがFTSE4Good Index Seriesに再度認定されました

ABBがFTSE4Good Index Seriesに再度認定されました

21年連続でサステナビリティインデックスに選定されました。

ABBは、FTSE4Good Index Seriesに再び選出されました。 ABBの総合評価は、0から5の間の4.2点(5点が最高点)で、特にコーポレートガバナンスと透明性の向上により、前年の評価を上回りました。当社は全世界のインデックスの中で最も優れたパフォーマンスを示し、セクター平均を上回っています。

FTSE4Goodは、国際的な基準に照らし合わせて、優れた環境、社会、ガバナンス(ESG)慣行を実践する企業を特定するために設計された、グローバルなサステナブル投資指数シリーズです。このシリーズは、幅広い市場参加者にとって、持続可能な投資商品を作成したり評価したりする際の重要なツールです。

「ABBは、FTSE4Good Index Seriesのメンバーとして認められ、私たちの取組みが評価されたことを誇りに思います。野心的な目標を設定した私たちの新しいサステナビリティ戦略は、サステナビリティに対する私たちのコミットメントをさらに証明するものです」と、チーフ・コミュニケーション&サステナビリティオフィサーのTheodor Swedjemarkは述べています。「私たちは、グローバルなテクノロジー企業として、テクノロジーが持続可能な未来と気候変動への取り組みの鍵を握っていると信じています。来るCOP26の気候変動会議では、政府、企業、市民社会が協力して、企業と市民に力を与え、野心的な目標に沿ってこれらのテクノロジーの導入を加速させる必要があります」

2021年10月31日から11月12日までグラスゴーで開催される第26回国連気候変動会議(COP26)は、パリ協定と国連気候変動枠組条約の目標に向けた行動を加速させるため、締約国が一堂に会します。パリ協定で定められた1.5℃の気候目標を達成するために、地球社会がCO2排出量を半減させるまでの期間が10年を切った今、排出量を削減し、低炭素経済に移行するための新たな野心的な政策が導入されています。

ABBは、お客さま、政府、ビジネスパートナー、多国間機関、NGOと協力して、パリの気候目標の達成に向けて取組んでいます。100カ国以上で事業を展開するグローバルテクノロジーカンパニーとして、ABBは、世界のエネルギー問題に対処し、社会、環境、経済に貢献するために産業を変革するための地域、地域、グローバルな対話に積極的に参加しています。

ABBのサステナビリティ戦略についての詳細はこちらをご覧ください。

ABB (ABBN: SIX Swiss Ex)  は、より生産的で持続可能な未来の実現に向けて社会と産業の変革に活力を与える、世界をリードするテクノロジー企業です。ソフトウェアをエレクトリフィケーション、ロボット、オートメーション、モーションのポートフォリオに結びつけることで、ABBはテクノロジーの限界を押し広げ、パフォーマンスを新たなレベルに引き上げます。130年以上にわたる卓越した歴史を持つABBの成功は、100カ国以上、105,000人の才気あふれる従業員によって支えられています。 www.abb.com

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp