「野心的な気候変動目標を達成するためには、輸送を見直さなければならない」 - ABBのStephanie Medeirosが語るフリート電動化

  • 世界EVデーに向けて、ABB Decodedの最新エピソードでは、大型車を中心としたフリート電動化の重要性について議論しています
  • これらの自動車を充電する際の課題と、それに対応するためのインフラ整備をABBがどのように支援しているかを解説します
  • EV100の一環として、ABBは2030年までに10,000台以上の社用車を電動化することを約束しました

本日は、ABBがヘッドラインパートナーを務める第2回目の「世界EVデー」です。この世界的なイベントは、e-モビリティを祝賀すると同時に、持続可能な輸送への移行を促すものです。CO2排出量が過去最高となり、さらに増加し続けている現在、排出量を削減することは非常に重要であり、この電気自動車への移行はそのための重要な手段となります。E-モビリティ グローバルアカウントマネージャーのStephanie Medeirosは、電気技師としての訓練を受けており、世界中のフリート電動化プロジェクトに携わっています。このポッドキャストでは、低炭素社会を実現するための重要な要素である、この課題と解決策について、彼女の知識と洞察を紹介します。

フリート電動化の重要性について

排出量の25%が輸送によるものであり、フリートがその大きな要素であることを考えると、フリートの電動化は非常に重要です。フリートの中では、Stephanieが説明するように、大型車に注目することも重要です:

  「大型車は、車両全体の約1%を占めているにもかかわらず、実際には世界の道路交通における排出量の25%以上を占めています。つまり、従来型の内燃機関のトラックを1台置き換えると、年間で約22トンのCO2や500リットルのディーゼル燃料を節約できることになります。これは大きな数字であり、これらをすべて合計すると、世界中で削減できる排出量は膨大なものになります」

「フリートの電動化については、すでに世界中で素晴らしいプロジェクトが進行しています。例えば、アマゾンは、米国および世界中でラストワンマイル用に10万台の電気配送バンを運用する計画で、今後10年間で実現する予定です」

  充電インフラ整備の推進

より大型の車両の充電インフラでは、バッテリーの大きさや充電窓の小ささから、より高い充電電力が求められます。これは、フリートオペレータが次のような場合に大きな考慮事項となります。 電気自動車の導入には導入コストと運用コストがかなりかかりますし、すべての車が同時に充電してくることも望まれません。しかし、これらの課題を克服する方法もあります。

「ABB Decoded」の最新エピソードでは、フリート電動化の重要性を論じています。
「ABB Decoded」の最新エピソードでは、フリート電動化の重要性を論じています。

「そのため、まずはスマートな充電を行い、充電可能な時間帯を分散させ、資産を最大限に活用することが大切です」これを容易にし、必要なときに車両が充電されるようにするために利用できるソフトウェアソリューションとツールが存在しています。さらに、バッテリによるエネルギー貯蔵や、ピーク時の需要を補うための太陽光や再生可能エネルギーの統合など、他のソリューションもあります」

「充電側では、25キロワットまたは50キロワットから大型トラックを充電できます。アンペア数に応じて、これらの車両を350キロワットまで充電するCCS(複合充電システム)規格があります。興味深いのは、業界が一丸となって、1メガワット以上のメガワット充電を検討していることです。ABBはその実現に貢献しています」

ABBのフリート電動化プロジェクト

ABBは、世界中のお客さまの電気自動車への移行を支援するだけでなく、我々のサステナビリティ戦略2030に沿って、低炭素社会の実現に向けて、自らもこの変化に取組んでいます。

「EV100の一環として、ABBは2030年までに10,000台以上の車両を電動化することを約束しました」さらに、ABBが約700台の社用車のフリートを電気に変換し始めたスウェーデンなど、ABBが世界中で行っているプロジェクトがすでにあります。 また、英国のABBは、2025年までに500台の社用車を電気自動車に移行することを発表しました。

「大型車の電動化の優れた例としては、ABB社がスイスで実施しているe-truckのパイロットプロジェクトが挙げられます。その結果、充電がシームレスで運転への影響が少ない電気自動車が実現可能であることがわかりました。また、ドライバーからは、運転するのが楽しい、反応が良い、騒音が少ないのでストレスが軽減され、ドライバーの周りが落ち着いた雰囲気になるなど、素晴らしいフィードバックをいただきました」と述べています。

ABB(ABBN: SIX Swiss Ex)は、より生産的で持続可能な未来の実現に向けて社会と産業の変革に活力を与える、世界をリードするテクノロジー企業です。ソフトウェアをエレクトリフィケーション、ロボット、オートメーション、モーションのポートフォリオに結びつけることで、ABBはテクノロジーの限界を押し広げ、パフォーマンスを新たなレベルに引き上げます。130年以上にわたる卓越した歴史を持つABBの成功は、100カ国以上、105,000人の才気あふれる従業員によって支えられています。 www.abb.com

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp