ABBは、世界で最も魅力的な雇用主2021の中で「グランドブレーカー」と呼ばれる学生の最も高い割合を惹きつけています

ABBは、世界で最も魅力的な雇用主2021の中で「グランドブレーカー」と呼ばれる学生の最も高い割合を惹きつけています

  •  イノベーション、コラボレーション、アントレプレナーシップを支援する雇用主を探している工学部の学生の選択比率が最も高いABB
  •  工学系学生にとって「世界で最も魅力的な雇用主」の1社に再び認定され、2020年と比較して改善し、現在36位にランクイン
  •  ABBは、将来の労働力となる次世代の才能を支援し、支持することを約束しています

Universum社が毎年行っているグローバル学生調査は、世界中の数十万人の学生を対象としています。今年、理想的な雇用主の中にABBを挙げた工学生の中で、我々は「グランドブレーカー」の最大の割合を惹きつけたことが分かりました。.

Universum社のデータで新たに確認されたこのカテゴリの学生は、イノベーション、コラボレーション、アントレプレナーシップに重点を置いたダイナミックなチームで働くことを最も強く希望しています。また、これらの若手人材は、最新の技術を取り入れて、新しくて刺激的な製品を作り、選ばれた分野での発展をリードすることにも力を注いでいます。

また、ABBは、工学系学生にとって世界で最も魅力的な雇用主の1つとして再び評価され、2020年と比較して総合ランキングでの年間成績が向上したと考えられる世界の雇用主上位71社の中で36位にランクインしました。

ABBの最高人事責任者であるCarolina Granatは、「ABBがUniversum Talent Studyにおいて、"グランドブレーカー "と呼ばれる工学系学生の割合が最も高い雇用主として評価され、2021年に世界で最も魅力的な雇用主の一つに再び選ばれたことを大変誇りに思います。ABBは、将来の労働力となる次世代の人材を支援し、支持することを約束しているため、選択すべき雇用主としてのABBに対する若い世代の信頼を認めることができ、特に喜ばしく思います」と述べました。

調査結果は、世界10大国(ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、イタリア、ロシア、イギリス、アメリカ)のビジネス、IT、エンジニアリングの学生約22万1,000人の回答に基づいています。この調査は、30年以上の経験を持つ雇用者ブランディングのグローバルリーダーであるUniversum社が実施したもので、学生に40の特性に基づいて雇用者を評価してもらいました。その結果、学生が最も働きたいと思っている企業がランク付けされました。

インターンシップ、研修生プログラム、大学との提携、実習、ユルゲン・ドーマン財団を通じたエンジニアリング奨学金など、ABBの幅広い教育・訓練の取組みを通じて、ABBはひとりひとりの学生に変化をもたらすべく努力しています。

ABBは、大学での採用活動や、初期の人材を集めて保持することに積極的に取り組んでいます。このような交流を促進するために、会社の拠点や対象となるさまざまな大学で学生向けのイベントやアクティビティを開催し、ソーシャルネットワーク上で機会や会社での実際の生活の様子を積極的に共有しています。

あなたのストーリーをABBに届けてみませんか?募集内容を確認して、こちらからご応募ください。

ABB (ABBN: SIX Swiss Ex)は、より生産的で持続可能な未来の実現に向けて社会と産業の変革に活力を与える、世界をリードするテクノロジー企業です。ソフトウェアをエレクトリフィケーション、ロボット、オートメーション、モーションのポートフォリオに結びつけることで、ABBはテクノロジーの限界を押し広げ、パフォーマンスを新たなレベルに引き上げます。130年以上にわたる卓越した歴史を持つABBの成功は、100カ国以上、105,000人の才気あふれる従業員によって支えられています。 www.abb.com

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp