ABB キャピタルマーケットディ 2021:パフォーマンス文化を定着させる

ABB キャピタルマーケットディ 2021:パフォーマンス文化を定着させる

  • 景気循環に応じた収益成長目標を4-7%に引き上げ
  • グループオペレーショナルEBITAマージンの目標を2023年までに15%以上に先鋭化
  • 中期的な成長ストーリーを支える持続可能な輸送
  • CEO: 「これまでのところ需要は堅調に推移しており、2022年には市場の勢いが増すと予想しているが、依然としてサプライチェーンの混乱に対処しなければならない」
  • 2022年上半期に予定されているスイス市場でのE-モビリティ事業のIPO
  • CFO:「オーガニックな成長とM&Aを支える強力なキャッシュフローの創出を継続」
  • 2030年サステナビリティ戦略の一環としてABB循環型フレームワークを導入

ABBは、本日12月7日12時(CET)より、キャピタルマーケットディを開催します。このイベントでは、CEOのビョルン・ローゼングレン、CFOのティモ・イハムオティラをはじめとするエグゼクティブ・コミッティーのメンバーが、成長率を高め、より収益性の高いグループへと変革を進めているABBの最新情報、最新の財務目標、ポートフォリオ管理の取り組みについて説明します。さらに、持続可能な輸送を促進するための技術や製品についても説明します。

「過去24か月間、ABBは分散型組織の実装と収益の質の向上において着実な進歩を遂げてきました。 しかし、私たちはまだ私たちが望んでいる場所に到達していません」とCEOのローゼングレンは述べています。 「持続可能性と世界的なメガトレンドに沿った、電動化と自動化における当社のテクノロジーリーダーシップは、ABBの目的の中核であり、競争力をもたらします。 それでも、私たちが行うすべてのことにおいて、高いパフォーマンスと誠実な文化を固める必要があります。 したがって、2022年に説明責任、透明性、スピードに重点を置くことで、成長を促進し、収益性を高め、株主にとってのさらなる価値を生み出すことができます」

パフォーマンスの改善

2020年に入ってから、ABBはビジネス上の意思決定をより顧客に近づけるために組織を分散させ、スコアカードを用いた業績管理システムの導入など、ABB Wayと呼ばれる新しいオペレーティングモデルの展開に成功しました。さらに、高成長セグメント(データセンター、食品・飲料、EV充電など)のターゲット化、ソフトウェアポートフォリオの拡大、代理店を通じた収益の増加、短サイクル製品へのエクスポージャーの拡大など、収益の質の向上に注力してきました。 

ABBは、3~5%の有機的成長と1~2%の買収による成長の合計である、経済サイクルを通しての収益成長目標を、恒常通貨ベースで4~7%に引き上げました。これは、3~5%のオーガニックな成長と1~2%の買収による成長の合計です。また、2023年以降のオペレーション上のEBITAマージンの目標を15%以上とすることに変更しました。この変更は、ダッジ(MPT)部門とターボチャージング部門からの撤退によるマージンへの直接的な悪影響を考慮したものです。ABBグループはこれまで、2023年までの収益成長率を3~5%、営業EBITA利益率を13~16%の範囲の上半分にすることを目標としていました。 

ローゼングレンCEOは次のように述べています。「受注活動はこれまでのところ堅調に推移しており、2022年の事業年度では市場に前向きな勢いがあると予想しています。とはいえ、サプライチェーンの混乱にはまだ対処しなければならず、第4四半期および少なくとも来年の初めにはお客さまへの納品に影響が出る可能性が高いです」と述べています。

ABBは、グローバルな主要ビジネスと分散型の運用モデルだけでなく、重要な長期的トレンドの恩恵を受けるため、収益成長の見通しについてより楽観的です。 たとえば、エネルギー効率は、産業部門を含む経済を脱炭素化するための重要な推進力ですが、労働年齢人口の減少と人件費の上昇は、産業およびその他の部門の自動化に対する需要を推進しています。

現在、グループの約60%の部門が成長モードにあり、有機的な成長に加えて、技術的なギャップを埋めたり、高成長分野に焦点を当てたり、新しい地理的な市場を開拓できるようなM&Aの機会にも焦点を当てています。

ABBは、中小規模の買収を年に5件以上行うことを想定しています。この資金は、「引き続き強力なキャッシュフローを生み出すことで賄う」とCFOのティモ・イアムオティラは述べています。彼はまた、有機的成長に資金を提供し、1株あたりの持続可能な配当を増やし、価値を創造する買収を行い、株式買戻しプログラムを通じて株主に追加の現金を還元するというABBの資本配分の優先事項を繰り返しました。

ポートフォリオ管理の進捗状況

昨年、ABBは3つの部門の撤退を発表しましたが、そのうちドッジ(MPT)事業はすでに11月に売却に成功しています。本日のイベントでは、ローゼングレンCEOが、グループの継続的なポートフォリオ管理の取り組みについて最新情報を発表します。この中には、ターボチャージャー部門(PA)の既存株主へのスピンオフまたは売却による撤退も含まれており、2022年夏を目標にしています。最終的な決定は、どのルートが最も価値を生み出すかを純粋に考慮して行われます。また、ABBは、事業のパフォーマンスを継続的に向上させるために、2022年後半にパワーコンバージョン(EL)部門を売却する予定です。

さらに、ABBはE-モビリティ部門(EL)の新規株式公開に向けて引き続き取り組んでいます。法的分離は2022年第1四半期中に完了する予定で、市場の状況が良好であれば、スイスでの上場は2022年前半を目標としています。ABBは、将来の上場企業の過半数の株式を保有することになります。

持続可能な輸送

本日のイベントでは、4つの事業分野のプレジデントが、グループ全体の受注量の約10%を占める、持続可能な輸送を可能にする製品ポートフォリオを紹介します。ABBは過去5年間、この市場セグメントで年率17%の成長を遂げており、中期的には2桁成長が見込まれるこの市場を、今後も凌駕していくことが期待されます。主な製品の牽引役となるのは、自動車やバスのEV充電、鉄道、トラック、鉱山のトラクションシステム、海洋分野のグリーン水素技術です。

特に注目すべきは、世界的な電動化、脱炭素化、デジタル化の流れを受けて、2035年*には販売台数が非EVの販売台数を上回ると予想される電気自動車(EV)の需要拡大です。例えば、ロボット部門では、パワートレインやバッテリーの組み立て、車体の組み立て、さらにはEVの塗装やシーリングなどの技術を提供しており、2番目に大きなプロバイダとなっています。さらに、ABBは、乗用のe-car、e-bus、e-trucks、さらには鉄道インフラへの充電ソリューション(AC & DC)のリーディングカンパニーです。

サステナビリティ戦略:循環型フレームワークの展開

昨年のCMDで、ABBは、低炭素社会の実現、資源の保護、社会的進歩の促進という3つの柱に基づいた、意欲的なグループ2030サステナビリティ戦略を発表しました。とりわけ、ABBの技術がお客さまの年間CO2排出量を100メガトン以上削減することをサポートしていることから、すでに大きな一歩を踏み出していますが、これは自動車3000万台分に相当します。

2022年、ABBは資源保護のために、製品のライフサイクルの各段階をカバーする循環型フレームワークを導入します。このフレームワークには、設計と調達、生産とパッケージング、使用段階(効率と寿命)の最適化、使用後の段階(引き取りとリサイクル)の段階が含まれます。目標は、2030年までにABBの製品、ソリューション、サービスの80%をこの循環型フレームワークでカバーすることであり、その進捗状況は一連のKPIで評価されます。すでに現在、いくつかの取組みが行われています。例えば、ABBの世界中の400の拠点のうち40%近くが、埋立地への廃棄物ゼロを達成しています。

*出典 Long-term Electric Vehicle Outlook 2021, BloombergNEF

編集者への注記 :キャピタルマーケットデイの模様は、ABBインベスタ・リレーションズのウェブサイトで、正午から午後5時までご覧いただけます(CET)。

ABB (ABBN: SIX Swiss Ex) は、より生産的で持続可能な未来の実現に向けて社会と産業の変革に活力を与える、世界をリードするテクノロジー企業です。ソフトウェアをエレクトリフィケーション、ロボット、オートメーション、モーションのポートフォリオに結びつけることで、ABBはテクノロジーの限界を押し広げ、パフォーマンスを新たなレベルに引き上げます。130年以上にわたる卓越した歴史を持つABBの成功は、100カ国以上、105,000人の才気あふれる従業員によって支えられています。www.abb.com

将来予測情報に関する重要なお知らせ

本プレスリリースには、ABBの主要市場である地域や産業の経済状況など、当社の将来の業績に影響を与える可能性のある要因についての現在の期待、推定、予測に基づく、将来の見通しに関する情報や記述が含まれています。これらの期待、見積りおよび予測は、一般に、「予想する」、「期待する」、「信じる」、「見積もる」、「計画する」、「目標とする」、「目指す」などの言葉を含む記述によって識別することができます。しかしながら、多くのリスクおよび不確実性があり、その多くは当社が制御できないものであるため、当社の実際の業績が本プレスリリースに記載されている将来見通しに関する情報および記述と大きく異なる可能性があり、当社が表明した目標または予想される取引の一部または全部を達成する能力に影響を与える可能性があります。このような差異を生じさせる可能性のある重要な要因としては、COVID-19パンデミックに関連するビジネスリスク、不安定な世界経済環境および政治情勢、コンプライアンス活動に関連するコスト、新製品およびサービスの市場への受け入れ、政府規制および為替レートの変化、ならびにフォーム20-Fによる年次報告書を含むABB Ltdの米国証券取引委員会への提出物に適宜記載されているその他の要因などがあります。ABBは、このような将来の見通しに関する記述に反映された期待が合理的な仮定に基づいていると考えていますが、これらの期待が達成されることを保証するものではありません。前述の要因のリストは排他的なものではなく、作成日現在のものである予測を含む将来の見通しに関する記述に過度の信頼を置くべきではありません。 

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp