FAQ スマートセンサ

導入
使用方法、サポートとセキュリティ
ユーザー管理
ゲートウェイ
専門用語
インストールドキュメント(EN): 

User guide for Smart Sensor Platform app and web portal 
Smart Sensor for Motors Installation Manual ENG 
Smart Sensor for Motors Installation Manual GER
Smart Sensor for Motors Installation Manual ENG (Clamp Bracket) 
Smart Sensor for Pumps Installation Manual ENG 
Smart Sensor for Pumps Installation Manual ENG (Threaded Housing Hole) 

スマートセンサの設置と使用に必要な技術的要件は何ですか?

スマートセンサはBluetooth® 4.0以上で動作します。アプリケーションストアにスマートセンサ用のアプリが表示されていない場合は、スマートフォンのバージョンを満たしていない可能性があります。
スマートフォンの位置情報サービスを有効にしていることを確認してください。お使いのデバイスとスマートセンサ間の接続を確立するために必要です。

サポート対応バージョン(2020 1月時点)

Android:5.1.1
iOS:10.3.3

※振動を利用したセンサのアクティベーションには不向き

ブラウザの推奨OSバージョン:

Chrome 78 
Firefox 70
Internet Explorer 11
Edge 18 
  

myABBとは?

myABBは、サービスに使用されるABBのチャネルで、機器の可用性を最大化、ライフサイクルの最適化、操業効率とパフォーマンスを向上するために使用されます。

スマートセンサを使用するにはサブスクリプションが必要ですか?

はい。すべてのスマートセンサに、60日間の無料試用期間が付いています。試用期間は、センサが機器に設置された後に開始されます。試用期間終了後、スマートセンサに収集されたデータにアクセスするには、サブスクリプションが必要です。現在、1年、2年のサブスクリプションが用意されています。

スマートセンサのパッケージに部品が欠品していたり、一部の部品に不具合がある場合はどうすればいいですか?

スマートセンサやその他の部品に不具合がある場合は、スマートセンサのサプライヤにお問い合わせください。

スマートセンサを起動中、機器のベアリングがアプリ内の候補から見つからない場合はどうすればよいですか?

アプリ上で類似のベアリングを選択し、サポートセンターにベアリングが見つからない旨とその詳細をお知らせください。

機器の銘板に必要な情報がありません。いくつか記入欄を空欄にすることはできますか?

銘板に記載されている機器情報が不足している場合は、機器メーカーにお問い合わせください。データは、入力された初期データに依存しているため、すべての必須フィールドに正確な情報が記入されていることが重要です。

’サブスクリプションコードの有効期限が切れています’、’既に使用されています’とシステムに表示された場合はどうすればよいですか?

サブスクリプションコードの有効期限は、サブスクリプションコードシートに表示されます。サブスクリプションコードは、未使用であっても購入後3年で有効期限が切れます。その他ご不明な点がございましたら、ABBジャパンのコンタクトセンターcontact.center@jp.abb.com までお問い合わせください。



スマートセンサを機器から取り外すことはできますか?

スマートセンサは、ブラケットから取り外して、2本のネジで再装着することができます。センサの土台は取り外しが難しいため、取り外しは推奨しておりません。
センサの土台を取り外すと、モータのフレームが損傷し、腐食する可能性がありますのでご注意ください。取り外しの際には十分にご注意ください。

スマートセンサを他の機器に移すことはできますか?

はい、スマートセンサは他の機器に移すことができます。そのためには、まずスマートセンサアプリを使用して古い組織からスマートセンサを削除する必要があります。その際に、スマートセンサの内部メモリ(蓄積データ)をリセットするか選択できます。取り付けていた機器を削除した後、通常はスマートセンサを新しい機器に再設定することができます。

スマートセンサの接続に問題があります!

Bluetooth接続は、デバイスとスマートセンサの間に障害物がある場合、接続不良の可能性が起こります。設置環境以外に、接続範囲はセンサとデバイス間のBluetooth機能にも依存します。
接続やデータ転送を再試行しても問題が解決しない場合は、ABBジャパンのコンタクトセンター contact.center@jp.abb.comまでお問い合わせください。 

利用、サポート及びセキュリティ文書: 
End User License Agreement 
Smart Sensor for Motors Datasheet 
Smart Sensor for Pumps Datasheet 
User guide for Smart Sensor Platform app and web portal


スマートセンサはインターネット接続が必要ですか?インターネットの接続範囲外でも使用できますか?

スマートセンサから携帯端末に直接データを転送する場合、インターネット接続は必要ありません。クラウドサーバーからデータを受信する場合は接続が必要となります。接続の問題により、スマートセンサのアプリがデータ読み込みができない場合、携帯端末をオフライン/機内モードにして再接続を行ってください。

バッテリーは何を使用していますか?バッテリーの交換は可能ですか?
 

スマートセンサには4つのリチウムバッテリーが搭載されています。バッテリー交換はできません。スマートセンサ本体の開封、分解を行った場合は保証対象外になりますのでご注意ください。
センサのバッテリー寿命は使用環境にもよりますが、最大5年になります。

どのモータにスマートセンサは対応していますか?

スマートセンサはフィンがあるモータであればメーカ問わず使用可能です。フレームサイズがIEC:25-500、NEMA:42-449(IEC500と同じ非標準モータ)に対応しております。DOL(商用電源直起動)や10-74Hzの周波数帯のVFD(インバーター、可変速ドライブ)駆動のモータに対応しております。



スマートセンサがデータの収集を行う頻度は?収集頻度を変えることは可能ですか?


デフォルト状態で1時間に1回収集を行います。データの収集頻度は15分から12時間まで変更が可能です。収集頻度を高くした場合、バッテリーの寿命は短くなります。

スマートセンサのお問い合わせ先はどこですか?

スマートセンサについてご不明な点はこちらからお問い合わせください
contact.center@jp.abb.com


スマートセンサの規格や技適認証はどこにありますか?

こちらのリンクを参照ください Smart Sensor for Motors または Smart Sensor for Pumps.



スマートセンサのソフトウェアアップデート後に問題が起こった場合どうすればいいですか? 

スマートセンサを利用するためにはソフトウェアのアップデートは重要です。アップデート中はセンサのBluetooth範囲内に携帯端末があるようにしてください。アップデート中に問題が生じた場合は、他のスマートセンサで再度アップデートを行うかスマートセンサAPPのメインメニューにある’構成のリフレッシュ’を選択してください。アップデート処理が失敗しても繰り返し行えます。

センサから不正確なデータを受け取った場合、何をすればよろしいですか?


スマートセンサの取り付けが正しいことを確認してください。APP内の機器の詳細が正しいこと、正しい機器に登録されているかご確認ください。 データは正しい初期データとして判別しているため、すべての項目が正しい情報で埋められていることが重要です。機器の情報が失われている場合、機器の製造担当者にお問い合わせください。それでも解決しない場合はABBジャパンにお問い合わせください。

データの保存と処理はどこで行われてなわれていますか
データはスマートセンサやユーザのスマートデバイス、サーバーに保存されて処理されます。スマートセンサに保存されたアルゴリズムが一次分析を行い、さらにABBのクラウドサーバーに保存されたアルゴリズムが分析と処理を行います。

測定値は、新開発の運転パラメータ評価用アルゴリズムで解析され、特定のモータの不具合を特定します。
例:このソリューションでは、時間領域と周波数領域の測定値の組み合わせを分析して、ベアリングに不具合があるかどうかを判断します。

この例では、モータのベアリングメーカーとタイプがユーザから提供されているため、不具合に関連した測定値がモータベアリングからかどうか明確に判断することができます。

ABBのサーバに転送されるデータは暗号化されていますか?

ABBクラウドへのデータ転送は、業界標準の暗号化プロトコルを使用して安全に行われています。クラウドサーバー全体の実装は、ABBのサイバーセキュリティガイドラインに準拠しています。

データは暗号化された形でABBクラウドに保存されます。ABBポータルでは、ロールベースのアクセスを使用して、正しい権限を持つユーザのみがデータを利用できます。ABBポータルへの接続は、標準的な暗号化プロトコルで保護されています。



スマートセンサから収集されたデータはABBがどのように利用しますか?

ユーザが同意したライセンスEnd User License Agreement に従って、スマートセンサから収集されたデータはABBが解析精度の発展や解析目的のビッグデータに使用します。

スマートセンサのクラウドインターフェースにアクセスするにはどのサブスクリプションが必要ですか?

ユーザは、有効かつサブスクリプションが使用中であるスマートセンサ用のクラウドインターフェースを利用することができます。 


スマートセンサークラウドインターフェースの統合を行うには、どのような手順で始めればよいのでしょうか?

クラウドインターフェースの実装は、ユーザ自身で行っていただきます。ユーザ自身で実装が難しい場合は、システムインテグレータのサポートが必要です。

  1. ユーザガイドについて学ぶ: https://search.abb.com/library/Download.aspx?DocumentID=9AKK107728&LanguageCode=en&DocumentPartId=&Action=Launch
  2. 統合範囲、検証、データの可視化など除いたアプリケーションの設計要件を定義します。ユーザは、提供された例に基づいて独自の仕様を作成することができます。
  3. ユーザのアプリケーションに関連するABB Ability™スマートセンサクラウドインターフェースのサービス仕様の詳細を学ぶ: https://api.smartsensor.abb.com/swagger
  4. より詳細が必要な場合、ユーザはこちらのサポートへご連絡ください。contact.center@jp.abb.comサポートチームが外部向け統合ガイドラインの詳細を提供します。


スマートセンサクラウドインターフェースにアクセスするためのオープンコードサンプルはございますか?

はい。サンプルコードはGitHubにて掲載しております。 (https://github.com/abb-motors-and-generators/smart-sensor-api-client). これらは、ソフトウェア開発者のためのコンセプト証明として使用することができます。

必要な機能コード(スマートセンサクラウドインターフェースで必要なコマンド)はどこにありますか?

セクション6.4をご確認ください。: https://search.abb.com/library/Download.aspx?DocumentID=9AKK107728&LanguageCode=en&DocumentPartId=&Action=Launch

 

 

ユーザ管理文書: 

User guide for Smart Sensor Platform app and web portal
  

機器のトレンドデータはどこで確認できますか?

スマートセンサのポータル上で以下の手順に従ってください:
→ "アセット詳細" (トップページのメニュ)
→ "アセット詳細l" 
→ 組織の選択, アセットグループとアセットを選択 
→ 必要なデータとパラメータを選択するとグラフに表示されます 

 

アプリとポータルの違いはなんですか?

スマートセンサのアプリはセンサのアクティベート(起動)、コミッショニング(設定)、アセット(機器)の削除を行う時に必要です。組織に未所属のユーザを選択する際、アセットの使用権限を与えられます。また、最新のアセットデータの監視もアプリで可能です。

ポータルは組織へのアクセスとさらなるデータ分析が行えます。組織の権限を有するユーザはポータル上でアセットとユーザグループの管理が出来ます。  
ポータルとアプリは共通の機能もございます。

 

組織には参加しないといけませんか?


その必要はありません。組織に所属することなくスマートセンサを使用できます。しかしながら、組織に参加することで同一の組織に所属しているユーザとデータの共有が行えます。



所属組織を変更できますか? 

はい出来ます。ユーザの組織はスマートセンサのアプリとポータルで変更可能です。新しい組織の作成はアプリでしか行えないのでご注意ください。
複数の組織に所属している場合、現在設定している組織のデータをAppまたはポータルでご確認いただけます。

組織のアセットを削除するにはどうすればいいですか?

スマートセンサのアプリでアセットの削除が行えます。

アセットとユーザーグループとはなんですか?

アセットグループはアセットの分類、収集とアクセス権の管理に使用されます。アセットグループは常に組織に所属しており、マスターアセットグループ(組織名がマスター)は新しい組織が作成されるときに自動的にアセットグループが作られます。
ユーザグループはアセットグループにアクセスが与えられた同じ組織内のユーザのセットです。

アセットグループを変更するにはどうすればいいでしょうか?

アセットグループはスマートセンサアプリで変更が出来ます。
アセットドロップダウンのメニューの’アセットの移行’またはポータル上の組織の管理からアセットグループの変更が出来ます。

ポータルからアセットを見つけるにはどうすればいいですか?

以下の手順をポータル上で行ってください:
→ "アセットの詳細" (トップページメニュー)
→ "アセットの詳細" 
→ 組織の選択と"その他のアセット"

ゲートウェイ文書: 
Gateway installation manual 
Gateway installation manual (Huawei E8372)
Gateway User Guide (Cassia)
USB Dongle - Buying & Usage

自動でセンサの読み取りを行ってくれるゲートウェイソリューションはありますか?  

はい。ゲートウェイの注文は可能で、様々なスマートセンサに使用できます。詳細はABBジャパンにお問い合わせください。

ゲートウェイの範囲内にあるセンサはどのように確認できますか? 

こちらのGateway Installation Manual.を参照ください。 ゲートウェイ導入後、最初の読み込みには最大3時間かかります。また、新しいセンサを追加した場合、反映されるまで最大24時間かかります。

 

ゲートウェイのBLE範囲はどの程度ですか? 

Bluetooth Low Energy(BLE)はゲートウェイ環境や障害物によって異なります。工場使用の場合、25-65mが目安となります。

ゲートウェイを使用するにあたって他に必要なものはありますか?

インターネット接続: 

VPN接続なしで接続可能なインターネット環境が必要です。接続オプションはPoE、イーサネットケーブル、Wifiです。

電源: 

PoE 接続が行えない場合、ゲートウェイ用の電源が必要です。

イーサネットケーブル: 

PoEまたはWifi接続オプションに使用する場合はイーサネットケーブルが1本必要です 
イーサネットケーブル接続を行う場合、2本必要です。 

パソコン: 

ユーザのネットワークにゲートウェイの構成を行うにはWifiアダプタのついているPCが必要です。

ゲートウェイとABBクラウド間でデータ転送を行うに必要な帯幅域はなんですか?

最も多いデータ要求の見積もりは、250MB+50MB/センサ/月です。

 

ゲートウェイがオンラインかどうかどのように確認できますか?

ゲートウェイのオンライン時間は、設定ページから確認できます。また、ゲートウェイのインストールから24時間以内にスマートセンサのデータがポータルに転送されたかどうかを確認することもできます。

 

ゲートウェイの測定値が安定した間隔で読み取らないのはどうしてですか?

ゲートウェイは、1時間に1回すべてのスマートセンサに接続するように設定されています。しかし、測定値をポータルにアップロードするのは、1日に1回です。これは、ゲートウェイの環境、インターネット接続の安定性、およびその他の要素によるものです。スマートセンサ自体は、ユーザが設定した測定間隔で測定値をセンサ内部に保存しているため、ゲートウェイが1時間に1回ポータルにアップロードしなくても、測定値が失われることはありません。

スマートセンサはリアルタイムの測定装置としては設計されておらず、長期的な状態監視装置としての動作原理により、安定した長期的な機器の動作監視からスマートセンサの価値が生み出されます。そのため、ゲートウェイの測定アップロード間隔が不規則になっても、スマートセンサーの測定と分析には影響を与えません。


専門用語

スマートセンサが監視するパラメータは、ポータルのアセット詳細ページ(Asset Details )に記載されています。各パラメータには小さな「i」ボタンがあり、ボタンをクリックすると詳細説明が表示されます。


アセットグループ:

アセットグループは、アセット(機器)を収集して分類し、そのアクセス権を管理するために使用されます。アセットグループは常に組織に属しています。マスタアセットグループ(*組織名*マスタ)は、新しい組織が作成されたときに自動的に生成されるアセットグループです。

KPI:

キーパフォーマンス指標

寸法係数:

各ベアリングボールの中心からベアリング円の中心までの距離を示す情報です。寸法係数は、外側と内側のベアリングの半径を足して2で割ることによって簡単に計算することができます。

健康トレンド:

お客様がアクセスできる機器の中で不調な機器の割合を表示します。

測定電流の設定:

公称条件下での機器の電流を手動で測定することができます。銘板に記載されている公称電流ではなく、手動で測定した電流を使用することで、スマートセンサのエネルギー消費量の計算をより正確に行うことができます。

サブスクリプションコード:

ポータルの全機能を使用するには、サブスクリプションが必要です。サブスクリプションの購入は、ABBジャパンにお問い合わせください。

ユーザグループ:

ユーザグループとは、同じ組織内で特定のアセットグループへのアクセスを許可されたグループです。


アイコンとシンボル

画像をクリックすると拡大します
ご不明なアイコンがございましたらお問い合わせください

  • お問い合わせ

    ご質問内容などをご入力の上、お送りください。 担当者より折り返しご連絡いたします。

    お問い合わせ
Select region / language

人気の高いリンク