2024年第1四半期 決算

2024年第1四半期 決算

1を超えるBBレシオ、過去最高の利益率、強力なキャッシュフロー

スイス証券取引所上場規則第53条に基づく臨時報告書

  •  受注高 89 億 7,400 万ドル、5%減、比較可能ベース1-4%
  • 売上高 78億7,000万ドル、0%、比較可能ベース1+2%
  • 営業利益 12億1,700万ドル、利益率15.5%
  • オペレーショナルEBITA1 14億1,700万ドル、利益率1 17.9%
  •  基本的EPS 0.49ドル、-12%2
  • 営業活動によるキャッシュフロー 7億2600万ドル、157%増
主要財務数値
(単位:百万ドル、特記しない限り)
CHANGE
Q1 2024 Q1 2023 US$ Comparable1
受注 8,974 9,450 -5% -4%
収益 7,870 7,859 0% 2%
売上総利益 2,935 2,716 8%
   収益に占める割合(%) 37.3% 34.6% +2.7 pts
営業利益 1,217 1,198 2%
オペレーショナルEBITA1 1,417 1,277 11% 11%3
     営業利益に占める割合1 17.9% 16.3% +1.6 pts
継続事業からの利益(税引後) 914 1,065 -14%
ABBに帰属する当期利益 905 1,036 -13%
基本EPS($) 0.49 0.56 -12%2
営業活動によるキャッシュフロー 726 282 157%
フリーキャッシュフロー1 551 162 240%

1非GAAP指標の調整については、添付の2022年第2四半期財務情報の「補足的調整と定義」をご参照ください。2 EPS成長率は、四捨五入されていない金額を用いて計算されています。
3恒常為替レート(ポートフォリオの変更に合わせて調整されていません)。

高水準の比較可能ベースに対し、第1四半期の業績は、予想を上回る受注モメンタム、過去最高の利益率、そして好調なキャッシュデリバリーにより、好調なスタートを切ったことを示しています。この結果、2024年のマージン予想を上方修正する自信があります。

ビョルン・ローゼングレン、CEO

CEO サマリ

2024 年度第 1 四半期の主な収穫は、予想を上回る 90 億ドルの受注高、1.14 のBBレシオ、過去最高のオペレーショナル EBITA マージン、そして第 1 四半期としては好調な業績を示す 5 億 5,100 万ドルのフリーキャッシュフローです。当社はサステナビリティレポートを発表し、そのハイライトとして、当社の中核的なお客さまへの価値提案のひとつである温室効果ガス(GHG)排出量の削減を実証しました。2023年に販売された製品から、そのライフサイクルを通じて、当社はお客さまが74メガトンのGHG排出を回避することを可能にしました。現在の総排出量は139メガトンで、2022年から2030年にかけて販売される製品のライフサイクルを通じて、お客さまが600メガトンのCO₂排出を回避するのを支援するという私たちの目標に向かって順調に進んでいます。

予想通り、受注は比較可能ベースで過去最高であった昨年から減少しましたが、落ち込みは5%(比較可能ベースで4%)と限定的でした。当四半期を総括すると、プロジェクトおよびシステム分野では引き続き高水準のお客さまの活動が見られ、エレクトリフィケーション事業の短期サイクル事業では受注が好調に推移していることに勇気づけられました。そのため、ABBの受注総額は第1四半期に減少しましたが、2024年については、年明けの時点よりもさらに自信を深めています

エレクトリフィケーション事業とモーション事業の両分野で過去最高の受注を記録したことは印象的でした。プロセスオートメーショiaンの受注は、過去最高水準に匹敵するものから減少しましたが、ここ数四半期の好調な水準とほぼ一致しています。今年の初めには、第4四半期をロボティクス&ディスクリート・オートメーションの受注水準の谷と呼んでいました。これが現実となり、予想通り受注量は前四半期比で増加しました。しかし、お客さまが買い控え期間を経て注文パターンを正常化したため、前年同期比では大幅に減少しました。

売上高は安定的に推移し(比較可能ベースで2%増)、比較可能ベースでは価格と数量が同程度の成長を支えました。売上総利益率は、全事業領域でのプラス成長に支えられ、270bp 改善の 37.3%となりました。若干の数量増と価格上昇をより効率的に実施した結果、オペレーショナルEBITAマージンは160bp増の17.9%となり、過去最高を更新しました。これは、ABBにはまだ上向きの可能性があり、11月に発表した新たな利益率の目標範囲内で中期的な改善が可能であることを示す良い兆候であると私は考えています。

年明けの好調なキャッシュフローは、少なくとも昨年と同水準の年間フリーキャッシュフローを実現するための好材料となります。買収を通じてノウハウと事業拠点を拡大するためにキャッシュを活用することは、長期的な株主価値創造への重要な道です。SEAMの買収が発表され、エレクトリフィケーションサービス部門に産業用・商業用ビル市場全体のお客さまに対するエネルギー資産管理とアドバイザリサービスが加わることになったのは喜ばしいことです。最近発表された案件の中ではやや規模の大きいものを含め、良いターゲットパイプラインを有しています。自社株買いプログラムは、余剰資金を分配するための手段ですが、4月1日にも最大10億ドルの年間プログラムを発表しました。プログラムの規模は昨年と同じですが、実施期間は2024年第4四半期決算と2024年配当案の発表に合わせて2025年1月末までと短くなっています。

当四半期中に、私がABBのCEOを退任することを発表しました。私は、モーテン・ヴィーロッドが就任する7月末まで引き続き全力を尽くし、その後は年末まで顧問として移行をサポートする予定です。モーテンがこのような一歩を踏み出したことを嬉しく思いますし、すでに実績のある彼のリーダーシップの下で、ABB Wayのオペレーティングモデルが私たちの仕事のやり方にさらに浸透していくことを確信しています。タラック・メタの退任を残念に思う一方で、彼のABB社外での新たな活躍を祝福したいと思います。タラックは当社の成功に多大な貢献をしており、私は彼の次のステップでの活躍を祈っています。エレクトリフィケーションとモーションの事業分野の新しいリーダーを探すプロセスは進行中であり、モーテンが8月に就任する際には、完全なチームを編成する予定です。

ビョルン・ローゼングレン、CEO
ビョルン・ローゼングレン、CEO
center

概要

2024年度第2四半期は、前年同期比で1桁台半ばの増収を見込んでおり、オペレーショナルEBITAマージンは2024年度第1四半期を若干上回ると予想しています。  

2024年度通期では、BBレシオは1超、既存事業売上高は約5%の成長、EBITAマージンは約18%を見込んでいます。

Links

Contact us

Downloads

Share this article

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp