ABB ロボティクスがXtalPi社と提携し、インテリジェントな自動化ラボを構築

ABB ロボティクスがXtalPi社と提携し、インテリジェントな自動化ラボを構築

  •  100台以上のABB GoFa™協働ロボットが労働ワークステーションを自動化し、化学、ライフサイエンス分野の研究開発を加速
  •  上海の湛江ロボットバレーにライフサイエンスとヘルスケアのためのABB ロボティクスオープンイノベーションラボを開設したことに続くパートナーシップ
  •  サンプル搬送、検査、品質管理などの用途でABBの協働ロボットが使用されている

ABBロボティクスとXtalPi社は戦略的パートナーシップを結び、中国で一連の自動化ラボ用ワークステーションを構築することになりました。自動化された新しいラボは、バイオ医薬品、化学工学、化学、新エネルギー素材の研究開発プロセスの生産性を高めます。

「XtalPi社との提携は、ライフサイエンス分野におけるABBの協働ロボットの新たなマイルストーンとなります」と、ABBロボティクスサービスロボティクスプロダクトラインのマネージャーであるJose-Manuel Colladosは述べました。「ABBロボティクスとXtalPi社は、人と隣り合って作業する自動化によって、研究所の研究開発を根本的に前進させるでしょう。製薬会社やバイオテクノロジー企業が新薬をより早く、より低コストで開発できるようにすることで、ABBは疾病予防の研究を促進し、より健康な社会の実現に貢献します。上海の張江に開設したライフサイエンスとヘルスケアのためのオープンイノベーションラボは、ヒューストンのテキサスメディカルセンターキャンパスにあるライフサイエンスとヘルスケアのラボでの活動を補完するものです」

XtalPi社は、化学産業におけるライフサイエンスと新素材のインテリジェント化とデジタル変革を推進することに専念しています。2022年、当AI技術企業は100台以上のGoFa協働ロボットを購入し、中国、上海の試験施設に自動化された実験ワークステーションを設置しました。XtalPi社は今年、自動化機器を通じて研究者を支援することを目的に、自動化中心のブランドXtalPi Intelligent Automationを正式に立ち上げました。ABB ロボティクスとともに、XtalPi Intelligent AutomationはGoFa™協働ロボットを使用して、ターゲット産業向けの新薬や新素材の開発に関わる合成・結晶化プロセスを自動化しています。

自動化された実験ワークステーションは、さまざまな実験ステップを完了するために異なるモジュールを使用し、特定の要件に合わせてカスタマイズすることができます。ABBのGoFa協働ロボットは、反復的な手作業を引き受けると同時に、ノンストップで作業し、実験のペースを加速させます。大量に生成される高品質なデータは、設計、製造、試験、分析の研究サイクルの効率を高め、科学のためのAIを推進するための強固な基盤となります。

GoFa協働ロボットは、XtalPi Intelligent Automationにおいて、ラボの研究開発をより迅速かつ効率的にするために、調製ワークステーション、希釈・ろ過ワークステーション、反応ワークステーション、UPLC検査ワークステーション、グローブボックスワークステーション、サンプル倉庫、無人搬送車(AGV)の開発に使用されています。

ABBのGoFa協働ロボットは、湿度や酸素のないグローブボックスなど、さまざまな厳しい環境で動作しながら、蓋の開閉や実験装置の配置、液体の取り扱い、サンプルの添加、ろ過、希釈、磁気攪拌、迅速サンプリング、UPLC検査などの複雑な作業を、必要最小限の監視で実行します。GoFa協働ロボットを搭載したAMRは、ワークステーション間でサンプルを自動的に移送し、効率を高めると同時に、コストをさらに削減します。

GoFa協働ロボットと4本の回転カラムを装備した自動サンプル倉庫は、ラボ試薬のコンパクトで効率的な保管と検索を可能にし、プロセスの効率化と完全なトレーサビリティを実現します。

XtalPi社のオートメーション製品管理ディレクター、Chenxi Zhang氏は「ABBとの提携により、人間とロボットの統合モデルを導入することで、研究室の効率を高めることができます。XtalPiのインテリジェントなソフトウェアシステムと業界での経験をABBのロボティクスの専門知識と組み合わせることで、より革新的なソリューションを製薬業界に提供し、ひいては研究開発プロセスにおける自動化とロボットの利用を拡大し、研究所の自動化に貢献したいと考えています」

これはABBロボティクスのラボオートメーション市場における最新のプロジェクトであり、2022年の当市場の売上高は51億米ドルで、2028年には71億米ドルに増加すると予想されています。1 

1Lab automation market 

XtalPi社について
XtalPi社は、人工知能(AI)とロボティクスを活用した革新的なテクノロジー企業です。2014年にマサチューセッツ工科大学(MIT)キャンパス内に設立されたXtalPi社は、ライフサイエンスおよび新素材産業におけるインテリジェントかつデジタルな変革を推進することに専念しています。量子物理学、AI、クラウドコンピューティング、ロボットワークステーションの大規模クラスタを緊密に織り交ぜながら、XtalPi社は、世界中のバイオ医薬品および新素材企業のイノベーションを加速し、強化するためのさまざまなテクノロジーソリューション、サービス、製品を提供しています。

ABBロボティクス&ディスクリート・オートメーションは、世界有数のロボティクスおよびマシンオートメーションサプライヤとして、価値創造型ソフトウェアによって設計、構築されたロボット、AMR、マシンオートメーションソリューションを網羅した包括的かつ統合的なポートフォリオを有する唯一の企業です。私たちは、自動車からエレクトロニクス、ロジスティクスまで、あらゆる規模、あらゆる分野の企業が、より弾力的で柔軟、かつ効率的になるための支援を行っています。ABBロボティクス&ディスクリート・オートメーションは、未来のコネクテッド&コラボレーティブな工場への移行を目指すお客さまをサポートします。このビジネスエリアでは、約53カ国、100以上の拠点で約11,000人の従業員が働いています。go.abb/robotics

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp