Volvo Carsの持続可能性目標をサポートするABBのロボット自動化ソリューション

Volvo Carsの持続可能性目標をサポートするABBのロボット自動化ソリューション

  •  ABB、次世代電気自動車向け機能パッケージを含む1,300台以上のロボットをVolvo Carsに供給
  • ABBの新しいエネルギー効率の高い大型ロボットファミリーとOmniCore™コントローラにより、Volvo Carsは最大20%の省エネを実現し、同社の野心的な持続可能性目標の達成を支援
  •  Volvo Carsの生産拠点であるトルスランダ(スウェーデン)と大慶(中国)で2024年に導入が開始

ABBは本日、Volvo Cars との長年にわたるパートナーシップを強化し、次世代の電気自動車を製造するために1,300台以上のロボットと機能パッケージを供給することを発表しました。これは、このスウェーデンの自動車メーカーが野心的な持続可能性目標を達成するための支援となります。

ABBロボティクスのプレジデント、マーク・セグーラは、次のように述べています。「電気自動車に対する消費者の需要の高まりと、より持続可能な事業運営を求める声に後押しされた自動車業界の歴史的な変革は、世界のメーカーに新たな機会と課題をもたらしています。パートナーであるVolvo Carsからのこの最新のコミットメントは、より持続可能な製造業を実現するという私たちの共通の目標を示すものです。私たちは、エネルギー効率に優れた新しい大型ロボットファミリーとOmniCore™コントローラを通じて、世界中の現場で最大20%の省エネを実現するお手伝いをします」

この契約には、スポット溶接、リベット接合、ディスペンシングからフロードリル加工、超音波溶接検査まで、さまざまな生産作業をカバーする機能パッケージが含まれています。各パッケージは、ハードウェア、ソフトウェア、サービスからなる、すぐに使用でき、お客さまによって実証された組み合わせであり、スウェーデンのトルスランダと中国の大慶にあるVolvo Carsの施設に導入される予定です。ハードウェアと機能パッケージとともに、ABBのOmniCoreロボットコントローラの最新シリーズは、高効率のパワーエレクトロニクスとロボット内の回生ブレーキの使用により、現場で最大20%のエネルギー節約を実現するのに役立ちます。

開発段階で、ABBはRobotStudio®プランニングおよびプログラミングソフトウェアプラットフォームを使用して、ロボットが設置される前に計画を視覚化し、最適化することで、生産が中断されないようにします。Volvo CarsとABBは、仮想空間で必要な自動化システムを開発、検証することで、一度設計すれば何度でも導入できるソリューションを構築します。

Volvo CarsとABBは、仮想空間で必要な自動化システムを開発、検証することで、一度設計すれば何度でも導入できるソリューションを構築します。Volvo Cars とABBは、自動車生産をより効率的にし、この分野における産業用ロボットの能力を継続的に向上させるための共同開発の長い伝統を共有しています。この最新のプロジェクトでは、両社が今後数年間にわたって協力関係を継続し、2024年初頭に最初の導入が予定されている。 これは、世界の自動車産業が野心的な持続可能性目標を達成し、電気自動車に移行するのを支援することを目的としたABBの一連のソリューションの最新作です。自動車産業におけるABBロボティクスの詳細はこちら: www.abb.com/automotive

 ABBは、より生産的で持続可能な未来を実現するために、社会と産業の変革に活力を与える世界有数のテクノロジー企業です。ソフトウェアをエレクトリフィケーション、ロボット、オートメーション、モーションのポートフォリオに結びつけることで、ABBはテクノロジーの限界を押し広げ、パフォーマンスを新たなレベルに引き上げます。130年以上にわたる卓越した歴史を持つABBの成功は、100カ国以上、105,000人の才気あふれる従業員によって支えられています。 www.abb.com  

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp