ABBがSevensense社を買収、次世代AI対応モバイルロボットのリーダーシップを拡大

ABBがSevensense社を買収、次世代AI対応モバイルロボットのリーダーシップを拡大

  •  スイスの新興企業Sevensense社は、AIベースのナビゲーションにおけるリーダー企業であり、ロボット市場の急成長要因の1つであるモバイルロボットの最高レベルのスピード、精度、自律性を可能に
  •  ABBは、ロジスティクスや製造業などの業界を変革する革新的なAIソリューションへの戦略的投資に注力
  •  ABBは次世代AMRのリーダーとなり、Visual SLAM技術を主要なハードウェアおよびソフトウェアポートフォリオに統合

ABBは本日、自律移動ロボット(AMR)向けのAI対応3Dビジョンナビゲーション技術のリーディングプロバイダであるスイスの新興企業、Sevensense社を買収したことを発表ました。Sevensense社は、スイス工科大学チューリッヒ校からのスピンオフ企業として2018年に設立された企業です。

ABB ロボティクス&ディスクリート・オートメーションのプレジデントであるサミ・アティヤは、「これは、AI対応ロボットが人を支援する職場という我々のビジョンに向けた重要な一歩であり、熟練労働者不足が深刻化する中、より高い柔軟性とインテリジェンスを求めるお客さまのニーズに応えるものです。ビジョンとAIを搭載した各モバイルロボットは、建物のそれぞれの部分をスキャンします。これらのロボットが集合して完全なマップを形成するために、互いのビューを補完し、急速に変化する環境で自律的に作業することを可能にします」

今回の買収は、ABBがASTI Mobile Robotics社を買収したのと同じ2021年にSevensense社が同社のイノベーションエコシステムに参加し、少数株主として投資したことに続くものです。この取引の財務的な詳細は明らかにされていません。ABBは、自動車業界やロジスティクス業界における試験的なお客さまプロジェクトに続き、Sevensens社の技術を同社のAMRポートフォリオに統合し、スピード、精度、可搬重量のこれまでにない組み合わせを提供します。

モバイルロボットの市場は2026年までCAGR20%で成長し、55億ドルから95億ドルになると予想されており、ABBのAI搭載3Dビジョン技術はこの成長の最前線にあります。

Sevensens社の先駆的なナビゲーション技術は、AIと3Dビジョンを組み合わせたもので、AMRがインテリジェントな判断を下し、ダイナミックな環境で固定物と移動物を区別することを可能にします。視覚的位置決めとマッピング(Visual SLAM)技術を搭載したモバイルロボットは、一度手動で誘導されると、独立して動作するために使用されるマップを作成し、試運転時間を数週間から数日に短縮し、AMRは非常に複雑で動的な環境で人と一緒にナビゲートすることができます。マップは常に更新され、フリート全体で共有されるため、オペレーションを中断することなく即座に拡張でき、他のナビゲーション技術に比べて柔軟性が高まります。

center

今日、このAI対応ナビゲーションテクノロジーは、自動車製造やロジスティクスの分野にすでに変革をもたらし、より迅速で効率的なオペレーションを通じて価値を提供しています。自動車メーカーのフォード社では、SLAMに対応したABB AMRが米国の生産拠点で効率化を実現し、ミシュラン社はスペインの工場でイントラロジスティクスにこの技術を使用しています。その他の自動車メーカーは、英国、フィンランド、ドイツでこの技術を展開する予定です。

「より高い自律性と認知的インテリジェンスを提供するABB独自の市場実証済みテクノロジーは、直線的な生産ラインからダイナミックなネットワークへのシフトに道を開きます。インテリジェントAMRは自律的に生産セルまで移動し、在庫を追跡しながら移動し、その情報を他のロボットと共有しながら、人間と並んで安全に共同作業を行います」と、ABBロボティクスディビジョンのプレジデント、マーク・セグーラは述べています。「Sevensens社の買収により、ABBは次世代AMRのリーダーとなり、自律移動ロボットのビジュアルSLAMを提供するとともに、ロボットとマシンオートメーションソリューションを網羅する統合ポートフォリオを提供し、そのすべてを当社の価値創造ソフトウェアで管理します」

Sevensens社CEOであるグレゴリー・ヒッツ氏は次のように述べています:「今回の提携は、Sevensens社が培ってきた技術をより広範な市場や分野に紹介するという、私たちの共に歩む旅の中で重要な意味を持つものです。ABBは、当社の3Dビジュアルオートノミーの汎用プラットフォームを拡大し続け、自動マテリアルハンドリングおよびサービスロボット業界全体のOEMにサービスを提供するための理想的な拠点です。私たちは共に、AIを活用したロボティクスの可能性を再定義していきます」

この革命的な技術は、AMRをはるかに超えるロボティクスに影響を与える可能性を秘めており、生産およびイントラロジスティクス全体の効率性、柔軟性、精度の向上につながります。また、このテクノロジーは、マテリアルハンドリング、クリーニング、その他のサービスロボット分野を含むセグメントにおいて、Sevensens社の製品名で引き続き販売されます。

Sevensens社とのパートナーシップは、次世代のイノベーションを育成するというABBのコミットメントの成功を浮き彫りにしています。ABBは、パートナーエコシステムと新興企業や大学とのコラボレーションを通じて、グローバルビジネスに役立つ先端技術を開発しています。Sevensens社の約35名の従業員は、引き続きチューリッヒのスイス支社を拠点とします。

ABB は、エレクトリフィケーションとオートメーションのテクノロジーリーダーであり、より持続可能で資源効率の高い未来の実現を目指しています。ABBのソリューションは、エンジニアリングのノウハウとソフトウェアを結び付け、製造、移動、電力供給、それらの運用の方法を最適化します。140年以上にわたる卓越性を基盤に、ABBの約105,000人の従業員は、産業変革を加速するイノベーションの推進に取り組んでいます。  www.abb.com

Endnotes

  1. ABBによる分析

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp