2023年第4四半期決算

2023年第4四半期決算

記録的な1年を堅調に終える

スイス証券取引所上場規則第53条に基づく臨時報告書

2023年4四半期

  • 受注高76億ドル、0%、比較可能ベース1 0%
  • 売上高82億ドル、+5%増、比較可能ベース+6%
  • 営業利益11億1,600万ドル、利益率13.5%
  • 営業EBITA1 13億3300万ドル、利益率1 16.3%
  • 基本的EPS 0.50ドル、-18%2
  • 営業活動によるキャッシュフロー 18億9700万ドル、+176%

2023年通期

  • 受注高 338億ドル、1%減、比較可能ベース1 +3%
  • 売上高 322億ドル、9%増、比較可能ベース+14%
  • 営業利益 48億7,100万ドル、利益率15.1
  • 営業EBITA1 54億2700万ドル、利益率1 16.9%
  • 基本的EPS 2.02ドル、+55%2
  • 営業活動によるキャッシュフロー 42億9,000万ドル、+233%
  • 1株当たり0.87スイスフランの配当案
継続事業からの利益(税引後)
主要財務数値
(単位:百万ドル、特記しない限り)

CHANGE

CHANGE
Q4 2023 Q4 2022 US$ Comparable1 FY 2023 FY 2022 US$ Comparable1
受注 7,649 7,620 0% 0% 33,818 33,988 -1% 3%
収益 8,245 7,824 5% 6% 32,235 29,446 9% 14%
売上総利益 2,848 2,658 7%
11,214 9,710 15%
    収益に占める割合(%) 34.5% 34.0% +0.5 pts
34.8% 33.0% +1.8 pts
営業利益 1,116 1,185 -6%
4,871 3,337 46%
オペレーショナル EBITA1 1,333 1,146 16% 13%3 5,427 4,510 20% 20%3
  営業利益に占める割合1 16.3% 14.8% +1.5 pts
16.9% 15.3% +1.6 pts
継続事業からの利益(税引後) 946 1,168 -19%
3,848 2,637 46%
ABBに帰属する当期純利益 921 1,132 -19%
3,745 2,475 51%
基本EPS ($) 0.50 0.61 -18%2
2.02 1.30 55%2
営業活動によるキャッシュフロー4 1,897 687 176%
4,290 1,287 233%

1非GAAP指標の調整については、添付の2022年第2四半期財務情報の「補足的調整と定義」をご参照ください
2 EPS成長率は、四捨五入されていない金額を用いて計算されています。
3恒常為替レート(ポートフォリオの変更に合わせて調整されていません)。
4金額は継続事業と非継続事業の両方の合計です。

「2023年の業績が好調に推移したのは、エレクトリフィケーションとオートメーションにおける市場での優位性と、ABBがより俊敏で効率的な企業として業務を遂行した結果です。財務目標と持続可能性目標をアップグレードしたことで、私たちは自信を持って将来に臨むことができます」

ビョルン・ローゼングレン、CEO

CEO サマリ

2023年第4四半期は、素晴らしい年の堅実な締めくくりとなりました。営業成績は改善し、キャッシュフローは前年同期比で非常に好調でした。年間使用資本利益率(ROCE)は460bps1増加し21.1%となりました。最近7件の小規模なボルトオン買収を締結し、強力なバランスシートを活かしました。ガイダンスに沿った業績を達成することができました。

比較可能な受注高は前年同期比で安定しており、4 事業分野のうち 3 事業分野で増加しました。ほとんどのお客さまのセグメントにおいて改善または横ばいとなったが、主に住宅建設とディスクリート・オートメーションにおいて需要の軟化が認められました。 第4四半期の過去のなパターンと同様に、受注高比率は0.93と1の下回り、収益は年末のシステム納入に支えられる傾向にあります。

売上高は82億4,500万ドルで、販売量の増加と先に実施した値上げの貢献により5%増加しました(比較可能ベースでは6%)。引き続き収益の質の向上に注力した結果、売上総利益率は 50bp 改善して 34.5%となり、オペレーショナル EBITA 利益率は 150bp 改善して 16.3%となりました。主に価格と数量増によるレバレッジの寄与により、主に人件費上昇による影響は明確に相殺さ れました。これは第4四半期の利益率としては過去最高となった。予想通り、第4四半期の利益率は前四半期比で軟化するという過去のパターンが繰り返されました。

当四半期の営業活動によるキャッシュ・フローは 19 億ドルで した。この結果、通期のフリー・キャッシュ・フローは37億ドルとなり、当初の予想よりもさらに増加しました。

2023年度の業績が好調であることは、ABBがより効率的で機敏な企業であることの証左であると同時に、エレクトリフィケーションやオートメーション・デジタル化の進展に向けたエネルギー転換を加速させる市場において、ABBが主導的な地位を占めていることから、ABBの製品に対する需要がいかに恩恵を受けるかを示すものであると私は考えています。11月のキャピタルマーケッツデーでは、財務目標とサステナビリティ目標を引き上げました。つまり、ネット・ゼロの世界を実現しながら、より高い成長とリターンを目指しているのです。

2024年に向けては、地政学的情勢が不透明感を増していますが、現時点では今年も好業績を見込んでいます。216億ドルの受注残の一部が実行されることにより、受注高と売上高がプラスになると予想しています。プロジェクトおよびシステム事業では、大型受注が高水準で推移した昨年との比較は難しいものの、引き続き高いお客さまのアクティビティが見込まれます。トータルでは、比較対象が緩和される年後半に、前年比受注増の勢いが強まるものと見込まれます。比較可能な売上高およびオペレーショナルEBITAマージンは改善する見込みであり、キャッシュフローは、引き続き好調な営業実績と運転資本の効率化に引き続き注力していることから恩恵を受けるはずです。

業績の改善、堅調なキャッシュフロー、堅固なバランスシートを考慮し、取締役会は1株当たり普通配当を前年の0.84スイスフランから0.87スイスフランに増額することを提案します。また、2024年中にも、余剰資金を株主に還元する手段として自社株買いを継続する予定です。

<b>Björn Rosengren</b>, CEO
Björn Rosengren, CEO
center

概要

2024年第1四半期は、既存事業売上高が1桁台前半から半ばの伸びとなり、オペレーショナルEBITAマージンは前年同期比で横ばいか若干の改善を見込んでいます。

2024年度通期では、売上高、営業利益率はプラスとなり、既存事業売上高の伸びは約5%、営業EBITA利益率は2023年度の16.9%から若干改善すると予想しています。

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp