ABB、SEAMグループを買収、エレクトリフィケーションサービスを拡大へ

  •  米国における産業資産管理およびアドバイザリーサービスによりABBエレクトリフィケーションサービス ポートフォリオが拡大され、3,000の顧客サイトが追加
  • 資産の近代化および最適化に対する需要の増加に対応し、より安全、スマートかつ持続可能なオペレーションを実現

ABBは本日、産業用および商業用ビル市場の顧客向けにエネルギー資産管理およびアドバイザリーサービスを提供する大手プロバイダSEAMグループを買収する契約を締結したことを発表しました。

この買収により、ABBのエレクトリフィケーションサービスが補完され、予知保全、予防保全、是正保全、電気安全、再生可能エネルギー、資産管理アドバイザリーサービスの分野で、お客さまにさらなる重要な専門知識がもたらされます。この取引は規制当局の承認を経て、2024年第3四半期に完了する予定です。財務条件は開示されていません。

SEAMグループは、戦略的アドバイザリー、カスタムトレーニング、先進技術、データ管理ソリューションなどの一連のサービスを提供し、資産の稼働時間を確保し、生産性を向上させることで、お客さまの安全性とオペレーション効率の向上を支援します。

同社は約250人の従業員を擁し、米国の50州を含む南北アメリカ、EMEA、アジアで事業を展開する顧客800以上のために100万以上のエネルギー資産をサポートしています。顧客サイト約3,000でサービスを提供し、商業ビル、データセンタ、ヘルスケア、製造、EV充電インフラを含む再生可能エネルギーなどの急成長セグメントで強固な基盤を築いているSEAMグループは、信頼性と可用性の高い電力が重要なABBの低圧・高圧サービスを拡大していきます。

「産業企業にとって、生産時間は1分1秒を争います。プロアクティブな資産管理は、電気システムの最高のパフォーマンスと全体的なオペレーション効率、安全性、持続可能性を保証するために、産業企業にとって今や優先事項となっています」と、ABBエレクトリフィケーションサービスのディビジョンプレジデントであるスチュアート・トンプソンは述べています。

「この買収は、エレクトリフィケーションサービスにおける新たな力を創出し、米国でのサービスとフットプリントを拡大するという当社の継続的な戦略の一環です。当社の主要市場の1つでアプローチを強化することで、お客さまに完全な資産ライフサイクル管理サービスを提供するとともに、北米全域でフィールドサービスの範囲を拡大することができます」

SEAMグループの最高経営責任者(CEO)であるコリン・ダンカンは次のように述べています。「SEAMグループとABBの相乗効果は明らかです。顧客重視、コラボレーション、より持続可能な未来の実現という共通の価値観から、補完的なポートフォリオまで、私たちは共に、企業のエネルギー転換をサポートしながら、新しいレベルのオペレーション効率を実現します。ABBの一員となり、SEAMグループとABBの最高のものをお客さま様に提供できる機会を楽しみにしています」

ABBは、エレクトリフィケーションとオートメーションのテクノロジーリーダーであり、より持続可能で資源効率の高い未来の実現を目指しています。ABBのソリューションは、エンジニアリングのノウハウとソフトウェアを結び付け、製造、移動、電力供給、それらの運用オペレーションの方法を最適化します。140年以上にわたる卓越性を基盤に、ABBの105,000人以上の従業員が、産業の変化を加速させるイノベーションの推進に尽力しています。 www.abb.com

SEAMグループは、世界の大手企業に安全性、信頼性、メンテナンスソリューションを提供することに重点を置いた、エネルギー資産パフォーマンスのグローバルリーダーです。年間100万件以上の資産を検査するSEAMグループは、戦略的アドバイザリー、カスタムトレーニング、先進技術、実用的なデータ管理を組み合わせた実績のあるプラットフォームを提供し、お客さまを成功に導きます。 seamgroup.com

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp