ABBとNASCAR、EVプロトタイプを公開、電動化イノベーションパートナーシップを開始

ABBとNASCAR、EVプロトタイプを公開、電動化イノベーションパートナーシップを開始

  • ABB NASCAR 電動化イノベーションパートナーシップは、優れたパフォーマンスの電動レースを探求し、レース車両、電動化インフラ、エネルギー教育など、スポーツにおける電動化の戦略的機会を創出
  •  ABB は、シリーズ全体におけるサステナビリティの取り組みを推進するプラットフォームである NASCAR IMPACT の創設パートナーとなり、NASCARの2035年までにカーボンフットプリントをゼロにする計画をサポート
  •  ABB は、NASCAR がオフィス、トラック、レース、長距離輸送事業を進化させる上で、重要な戦略的テクノロジーおよびサステナビリティパートナーとしての役割を担う

米国ABBとNASCAR(全米自動車競走協会)は、ABB NASCAR電動化イノベーションパートナーシップを発表し、2024年のNASCARシカゴ・ストリートレースで新しいEVプロトタイプを公開しました。このパートナーシップにより、EV テクノロジーと自動車レースの世界的リーダーが結集し、NASCAR の電動化に関する戦略的取り組みを前進させます。

「ABBはエレクトリフィケーションとオートメーションのテクノロジーリーダーであり、世界中のお客さまの事業の最適化、電化、脱炭素化を支援しています」とABBのエゼクティブバイスプレジデントのラルフ・ドナティは述べています。「NASCAR、米国ABB、NASCAR業界の協業の目的は、EVレースから長距離輸送、施設運営まで、電動化技術の限界を押し広げることです」

このパートナーシップの一環として、米国ABBは、NASCARが電動化と電気自動車の充電に関する公共のサステナビリティ目標を達成できるよう支援します。

NASCAR は、レースにおける内燃機関の歴史的な役割に尽力する一方で、電動化と革新的なソリューションを通じて、2035 年までに事業の脱炭素化を図り、中核事業全体でカーボンフットプリントをゼロにすることにも取り組んでいます。

「シカゴ・ストリートレースで電気自動車プロトタイプのデビューに合わせて、最初のIMPACTパートナーを発表するのにこれ以上最適なタイミングはありません」とNASCARのシニアバイスプレジデント兼チーフIMPACTオフィサーのエリック・ナイキスト氏は述べています。「ABBは産業リーダーであり、私たちが今後10年間で事業からの排出量ネットゼロ達成するために、当社の事業の脱炭素化の取り組みを支援してくれるでしょう」

ABB NASCAR EV プロトタイプ

ABB NASCAR EV プロトタイプは、NASCAR の 75 年の歴史の中で NASCAR カップ・シリーズ カーの最大規模のオーバーホールを最近完了した NASCAR 研究・開発センターチームによる最新のイノベーションです。 2022年にデビューしたNext Genモデルは、ストックカー(市販車)としての要素を取り戻し、車両のほとんどの部品を現代化しました。また、このマシンは、NASCAR がレースカーを可能な限り市販車に近づけるために製品の関連性を再確認したことを示しています。

このEVプロトタイプは、NASCARのOEMパートナーであるシボレー、フォード、トヨタと共同で開発され、Next Genマシンとル・マン24時間レースに参戦するガレージ56を担当したNASCARのエンジニアによって開発されました。

サーキットテスト済みの電動ストックカーには、3 台の STARD UHP 6 相モータ (フロント 1 台、リア 2 台) が搭載されており、特別に設計されたGoodyear Racing Eagle タイヤ4本すべてに直接電力を供給します。78kWh の水冷バッテリが搭載され、制御可能なパワートレインは、ピーク電力で 1,000kW を生成できます。 回生ブレーキは運動エネルギーを動力に変換し、ロードコースや短いオーバルトラックに最適です。

この全輪駆動車には、持続可能なフラックスベースの複合材で作られた一般的なクロスオーバー ユーティリティビークル (CUV) のボディが採用されています。Next Gen とガレージ56 の両方と多くの類似点があり、車体は Next Gen シャーシを改造し、ステアリング、サスペンション、ブレーキ、ホイールはすべて NASCAR カップ・シリーズのマシンから派生したものです。

NASCAR IMPACT

ABB は、サステナビリティ、コミュニティエンゲージメント、その他の社会的取り組みを推進するために立ち上げられた包括的なプラットフォームである NASCAR IMPACT の創設パートナーです。NASCAR IMPACT の中核となるのは、2035 年までに NASCAR の主要事業全体でカーボンフットプリントをゼロにする計画です。

NASCAR は、事業全体にわたって持続可能な運営に真剣に取り組んでいます。事業をスコープ 1 (燃料の燃焼) からスコープ 2 (電気) に移行することは、NASCAR のサステナビリティ戦略の重要な要素です。

NASCAR の年間カーボン指標は、長期的な運営上の排出目標に加えて、2028 年までに所有するレーストラックと施設で 100% 再生可能電力を調達すること、廃棄物転用の取り組みの拡大、敷地内の EV 充電ステーションの設置など、短期的なサステナビリティ優先事項を示しています。 ABB は、運用業務の重要な要素の電動化に関して貴重なガイダンス、機器、サポートを提供し、NASCAR を支援する上で重要な役割を果たします。

NASCAR とのこのパートナーシップは、モータースポーツの魅力によって増幅されたクリーン モビリティの進歩を促進するという ABB の取り組みを継続するものです。 ABB は、世界レベルでは、2018 年から ABB FIA フォーミュラ E 世界選手権のタイトル パートナーを務めています。世界初の完全電動シングルシーターレースシリーズは、エネルギー転換に向けたレースをサポートし、最終的にはより持続可能な未来の実現に貢献する革新的なテクノロジーのテストベッドです。

ABB  は、エレクトリフィケーションとオートメーションのテクノロジーリーダーであり、より持続可能で資源効率の高い未来の実現を目指しています。ABBのソリューションは、エンジニアリングのノウハウとソフトウェアを結び付け、製造、移動、電力供給、それらの運用の方法を最適化します。140年以上にわたる卓越性を基盤に、ABBの約105,000人の従業員は、産業変革を加速するイノベーションの推進に取り組んでいます。 www.abb.com 

NASCAR について
全米自動車競走協会 (NASCAR) は、米国における No.1 モータースポーツ統括団体であり、米国内の主要なモータースポーツ エンターテイメント施設 14 カ所を所有しています。 NASCAR は、3 つの国内シリーズ (NASCAR Cup Series™、NASCAR Xfinity Series™、NASCAR CRAFTSMAN Truck Series™)、4 つの国際シリーズ (NASCAR Brasil Sprint Race、NASCAR Canada Series、NASCAR Mexico Series、NASCAR Whelen Euro Series)、4 つの地域シリーズ (ARCA Menards Series、ARCA Menards Series East & West、NASCAR Whelen Modified Tour)、および 1 つのローカルシリーズ (NASCAR Advance Auto Parts Weekly Series) でレースを統括しています。 国際モータースポーツ協会TM (IMSA®) は、米国の最高峰スポーツカー シリーズである IMSA WeatherTech SportsCar ChampionshipTM を統括しています。 NASCAR は、Motor Racing Network、Racing Electronics、ONE DAYTONA も所有しています。 NASCAR はフロリダ州デイトナビーチに本部を置き、北米の 5 都市にオフィスを構え、毎年 11 カ国と米国の 30 以上の州で 1,200 以上のレースを開催しています。

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp