ABB、スカンジナビアのeモビリティ新時代に向けてハイパワー充電器を供給

ABB、スカンジナビアのeモビリティ新時代に向けてハイパワー充電器を供給

デンマーク、ノルウェー、スウェーデンに新しい電気自動車(EV)充電ステーションが設置され、ABBはスカンジナビアにおけるエミッションフリー輸送を促進します。デンマーク、フレゼレシアには初のフラッグシップステーションが開設されました。

デンマークのフレゼレシアに新コンセプトのEV充電ステーションが本日開設され、これはABBのモビリティの未来を描くコミットメントの新たな例となります。

充電ステーションは、合弁会社Powered by E.ON Drive & Cleverにより建設され、ドライブ中の心地良いeモビリティ体験を提供するためにデンマーク、ノルウェー、スウェーデンの高速道路に48台のハイパワー充電スタンドを展開する計画の一部です。

2020年末までにデンマークで開設される8つのステーションうちの1つのパイロットステーションには、ABB Ability™対応のハイパワー充電器が設置され、8分で最大200km走行分の充電が可能です。

Powered by E.ON Drive & CleverのマネージングディレクターであるMathias Wiecher氏は、次のようにコメントしました。「スカンジナビア全土に開設する新しい充電サイトは、ABBの有機的で革新的なアーキテクチャと最先端の充電技術を結集し、EVのドライバーに短くかつ有意義なドライブ休憩を提供するものです。ABBとPowered by E.ON Drive & Cleverの密接な協力は、スカンジナビアとヨーロッパのEVドライバーにとって、今後も画期的躍進をもたらします。これは、持続可能なeモビリティを加速させるというより大きな目標を達成するために緊密に連携している政府、競合企業、および産業と協働するeモビリティエコシステムが機能している証です」

このイニシアチブは、スカンジナビア全域における野心的なeモビリティ目標を支援します。ノルウェーで2019年に販売された新車の57%がEVであり、eモビリティへの移行を世界的にリードしています。デンマーク政府は2030年までに無公害車への完全な移行を提案し、スウェーデン政府は2030年までに国内の温室効果ガス排出量を輸送部門から70%削減するという目標を掲げました。

「ABBは、合弁会社Powered by E.ON Drive & Cleverが推進するこの素晴らしい充電ステーションコンセプトにハイパワー充電器を供給することを大変誇りに思います」と、ABBのEV充電事業のグローバルヘッドであるフランク・ミューロンは述べています。「容易で標準化されたグリッド接続を備えたハイパワー充電技術は、今日と未来のEVドライバーにEVの長距離走行を可能にします。この魅力的な環境の中でこの新しい技術が活用されていることは、スカンジナビア全域へ、そしてより広い世界でのEV普及の明るい未来へとまさに向かっているということです」

ABBのTerra HP充電器は、ますます持続可能な社会の要求に応えるように設計され、現行および次世代のEVに対応する能力を備えています。375A出力のパワーキャビネット1台で400Vの車を最大150kWで連続充電することができます。ダイナミックDCパワーシェアリング技術により、2台のパワーキャビネット充電システムで最大350kW/500Aで、2台のEVを同時に充電することを可能にし、一方で、利用可能なグリッド接続および車両への給電を同時に最適化します。

ABBの充電ソリューションは、eモビリティ充電ネットワークオペレータが、ドライバーへサービス提供するための充電ポイントの遠隔監視および設定を含む複数の機能実行を可能にするウェブ対応接続ができる、ABBの統一された業界横断的なデジタルオファリングであるABB Ability™の一部です。

フレデリシアはデンマークの中央に位置しています。充電場所は、デンマークを横断して旅行する民間のEV所有者とビジネスフリート所有者の両者をサポートするように慎重に選定されました。車を充電している間、ドライバーは、近くのカフェでコーヒーを飲んだり、充電ステーションの中央にあるオアシスのベンチでリラックスしたりすることができます。

eモビリティの未来を描きます

ABBは、2010年にDC充電器、2012年に全国的なDC充電ネットワーク、2016年にヨーロッパにおいて電気バス充電器を発売し、10年以上にわたってEV技術の最前線に立ってきました。現在、世界73か国で10,500台のABBのDC高速充電器が設置されています。

ABBのeモビリティにおけるリーダーシップは、世界初のフルEVによるFIAモータースポーツシリーズFormula Eとのパートナーシップによっても実証されています。ABB FIA Formula E Championshipシリーズは、レースにおけるeモビリティのエレクトリフィケーションおよびデジタライゼーション技術をテストするためのプラットフォームを提供します。ABBおよびフォーミュラEは、共に、eモビリティの限界を押し広げる理想的な立場にいます。

フォーチュン誌は昨年、eモビリティとEV充電の発展を評価し、ABBを「世界を変える」企業ランキングで8位にランク付けしました。

  • Photos by COBE and Rasmus Hjortshøj - COAST
  • Photos by COBE and Rasmus Hjortshøj - COAST

ABBについて

ABB (ABBN: SIX Swiss Ex)は、デジタル産業に包括的なオファリングを提供する先駆的技術のリーダーです。130年以上にわたり、技術革新の歴史を重ね、ABBは今日、全ての産業を網羅するABB Ability™デジタルプラットフォームを基盤として、エレクトリフィケーション、インダストリアル・オートメーション、モーションおよびロボティクス&ディスクリート・オートメーションのお客さま本位の4事業で、世界的にデジタル産業をリードしています。市場を牽引してきたABBのパワーグリッド事業は、2020年に日立製作所に事業譲渡します。ABBは世界100か国以上に約147,000人の従業員を擁しています。 www.abb.com

Powered by E.ON Drive & Cleverについて

デンマークの Eモビリティサービスプロバイダ Cleverとドイツの E.ON Driveは、合弁会社Powered by E.ON Drive & Cleverを設立し、スカンジナビア全域の高速道路に超高速充電器を設置・運用しています。Powered by E.ON Drive & Cleverは、デンマーク、ノルウェー、スウェーデンの都市を合計48台の超高速充電サイトに接続することを目指しています。合弁会社は、欧州委員会の欧州接続施設(CEF)プログラムに対して、デンマークとスウェーデンに28の共同出資サイトを建設するという約束を果たしています。加えて、合弁会社はノルウェーに当資金調達範囲外で20拠点を展開します。

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp