ABBは、「未来の病院」のためのモバイルラボラトリロボットの概念を実証します

ABBは、「未来の病院」のためのモバイルラボラトリロボットの概念を実証します

  •  モバイルで自律的なYuMi®ラボラトリーロボットは、医療スタッフやラボワーカーと協働するように設計されます
  • ヒューストンのテキサスメディカルセンター(TMC)イノベーションインスティテュート内のABB初の医療ハブで、新しいロボット技術が開発される予定です
  • 非外科医療用ロボットの世界市場は2025年までに約6万台に達し、2018年以降約4倍に到達すると推計されています

本日、ABBは、テキサス州ヒューストンのテキサスメディカルセンター(TMC)キャンパス内に世界で初めて新医療ハブを開設しました。この拠点には、医療スタッフやラボスタッフの病院での臨床研究や物流業務を支援するために設計されたモバイルYuMi®ロボットなど、さまざまなコンセプト技術が展示されています。 

デュアルアームモバイルYuMi®は、ある場所から別の場所への異なるルートを見つけることを学習しながら、自律的に人間の同僚の周りの動線を見つけ、ナビゲートすることができます。これは、医薬品の調製、遠心分離機への装填および取り出し、液体のピペッティングおよび取り扱い、ならびに試験管のピックアップおよび選別を含む、広範囲の反復的かつ時間のかかる活動を行う可能性を有します。

モバイルYuMi®はまた、病院において、多種多様なロジスティクスの役割で使用され得ます。

TMCイノベーション インスティテュートでは、ABBは、繰り返し、繊細で日常的なプロセスを実行することができるロボットを開発し、高度に熟練した医療スタッフおよびラボスタッフがより貴重な役割を担い、最終的にはより多くの患者を治療することができるようにします。ABBの分析では、反復タスクが、現在の手動プロセスと比較して、自動化を用いて最大50%速く完了することができ、ロボットが1日24時間働くことができるという追加の利点を有することを示しています。                         

「医療部門は、高齢化、高コスト化、世界的な医療スタッフ不足の拡大に対応しつつ、疾病の診断・治療が高度化するにつれ、大きな変革を遂げています。TMCの新医療ハブで、学術、科学、医学の最高の頭脳とともに、これらの課題に対する答えを発見することを目指しています」とABBのロボティクス&ディスクリート・オートメ―ションビジネスのプレジデント、サミ・アティヤは述べました。「産業用および協働ロボティクスにおける我々の経験は、医療分野に柔軟な自動化を適応させることができる強力な基盤を我々に与えるでしょう。TMCのパートナーとともに、最先端のロボティクスソリューションを開発します。医療従事者の手作業の削減、臨床検査の精度向上、患者満足度の向上、ひいては患者の安全性の向上に取り組んでいます」  

ABBが新医療ハブに提示した他の技術には、遠心分離機の角度調整および試験管の取扱いシステムをサポートすることができるYuMi®ロボット、およびピペット操作用途で液体移送を実行することができるIRB 1200ロボットが含まれます。それらの全ては、ラボでの臨床検査の一般的なタスクであり、柔軟性および連続動作のレベルと一貫した性能を組み合わせることによってコストを最小限に抑えながら処理能力および品質を向上させることでロボットによる自動化によってサポートできるであろうものです。  

TMCは、世界有数の企業や病院など、世界トップクラスの共同研究資源を有する世界最大の医療施設です。先端医療技術の開発・試作を加速させるため、医学と先端技術の連携、大学の先駆者や先端技術企業との連携を促進する最先端ハブ「TMCイノベーションインスティテュート」に、当社の新しい5,300平方フィート(500m2)の新医療ハブが新設されます。

「テキサスメディカルセンター、TMC イノベーション、およびTMCネットワーク加盟機関すべては、この素晴らしい、かつてない新しいロボティクス施設が、この医療スペースへ初めて進出するというこの機会に、ABBを迎えることができることを嬉しく思います」と、テキサスメディカルセンターの社長兼CEOであるBill McKeon氏は強調しました。同氏は「世界最大の医療都市であるTMC全体に共通する優先順位の高い目標は、治療を切に必要とする患者のために、より迅速で費用対効果の高いソリューションを創出するために、臨床検査をより迅速に行うと同時にコストを削減することです。ABBがテキサスメディカルセンターのキャンパスの中心に医療ハブを構え、医療におけるロボティクスソリューションを創出するためのこの種では初の研究開発施設が、医療の進歩のための新たな道筋を確立し、臨床医、研究者、および患者のための医療の未来を同様に形成する新たな種類の相乗的パートナーシップのための中核としてTMCを確立するでしょう」と付け加えました。

  医療分野におけるロボット自動化は、将来の成長のための重要な機会を提供します。ABB社内調査によると、世界市場は2025年までに6万台近くの非外科医療用ロボットを利用するようになると予測されており、2018年と比較すると4倍に増加します。  

                                    ##

本プレスリリースは、ABBが10月9日に発表した英語版の翻訳版です。オリジナル版はwww.abb.comよりアクセスいただけます。若し内容に齟齬があった場合は英語版の内容を優先します。  

ABB (ABBN: SIX Swiss Ex) は、産業のデジタル変革を推進する技術的リーダーです。130 年以上にわたり、技術革新の歴史を重ね、ABB は今日、全ての産業を網羅するABB Ability™デジタルプラットフォームを基盤とした、エレクトリフィケーション、インダストリアル・オートメーション、モーションおよびロボティクス&ディスクリート・オートメーションのお客さま本位で世界をリードする4つの事業を展開しています。ABB のパワーグリッド事業は、2020 年に日立製作所に事業譲渡します。ABB は世界100か国以上に約147,000 人の従業員を擁しています。 www.abb.com

ABB ロボティクスは、産業用ロボット、協働ロボット、高度なデジタルサービスの先駆者です。世界有数のロボティクスサプライヤーとして、53か国、100か所以上で活動しており、さまざまな産業・用途向けに40万以上のロボットソリューションを出荷しています。ABBは、お客さまの柔軟性、効率性、安全性、信頼性の向上に貢献するとともに、未来のコネクティブ・コラボレーション・ファクトリー実現に向けて取り組んでいます。 www.abb.com/robotics

TMC イノべーションについて: テキサスメディカルセンター(TMC :Texas Medical Center)は、世界最大の医療都市であり、ライフサイエンス進歩の最前線に位置しています。医療における最も聡明で有能な‘TMCは、106,000人以上の従業員の間で、施設間のコラボレーション、クリエイティビティ、イノベーションを育成しています。5,000万平方フィートを超えるキャンパスで、TMCは毎年1,000万人の患者を受け入れ、180,000以上の手術を行い、750,000以上のER訪問を行い、約14,000回の心臓手術を行い、25,000人を超える新生児を分娩させています。TMCは、患者のケア以外にも、日常的に幅広いパートナー機関のネットワークを通じて臨床研究の限界を押し広げ、今日の複雑な医療問題に対処するための効果的な医療政策ソリューションを開拓し、最先端のデジタルヘルスアプリケーションや医療機器の開発を進めています。 www.tmc.edu.

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp