ポルシェジャパンとABBが日本のeモビリティの未来を示します

ポルシェジャパンとABBが日本のeモビリティの未来を示します

ABBは、ポルシェの最新フル電動スポーツカー向け専用高出力実証用充電器で、東京・渋谷でのポルシェ「タイカン」上市イベントを支援

ABBは、ポルシェの最新フル電動スポーツカー向け専用高出力実証用充電器で、東京・渋谷でのポルシェ「タイカン」上市イベントを支援 11月20日から12月7日まで、ポルシェジャパンは東京都渋谷区で「タイカン」のローンチイベントを開催します。全国のポルシェセンターや公共施設で電気自動車の充電インフラを供給するというABBとポルシェジャパンとの合意の一環として、デジタル産業のリーダーは、発売のための次世代デモ用充電器を供給しました。ABBとポルシェジャパンは、2020年半ばまでに150kWを超える急速充電を可能とする次世代のCHAdeMOを展開させるために積極的に協力して取り組んでいきます。

「ABBの電気自動車充電に関する深いノウハウと、ポルシェの高性能というレガシーの組み合わせは、持続可能なモビリティに革命をもたらす勝利の方程式であり、日本が野心的なゼロエミッションコミットメントを達成する道を開くでしょう」と、ABBのEV充電インフラ事業のグローバルヘッドであるフランク・ミューロンは述べました。「今回のマイルストーンとなる日本でのローンチでポルシェジャパンを支援し、今後数カ月間にわたって高性能急速充電ネットワークを設置することを楽しみにしています」

ABB (ABBN: SIX Swiss Ex) は、産業のデジタル変革を推進する技術的リーダーです。130 年以上にわたり、技術革新の歴史を重ね、ABB は今日、全ての産業を網羅するABB Ability™デジタルプラットフォームを基盤とした、エレクトリフィケーション、インダストリアル・オートメーション、モーションおよびロボティクス&ディスクリート・オートメーションのお客さま本位で世界をリードする4つの事業を展開しています。ABB のパワーグリッド事業は、2020 年に日立製作所に事業譲渡します。ABB は世界100か国以上に約147,000 人の従業員を擁しています。www.abb.com

ポルシェジャパンについて

ポルシェジャパンは、ポルシェ本社100%出資の正規インポーターとして1998年に設立し、モデルレンジを拡充しながら着実に伸長してきました。2015年にはプラグイン ハイブリッド(PHEV)モデル、カイエンS Eハイブリッドを導入し、2020年にはポルシェ初のフル電動スポーツカー、タイカンが日本国内でデビューする予定です。2018年のポルシェ国内新車販売台数は過去最高の7,166台を記録し、現在全国のポルシェ正規販売店は、46店舗となります。

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp