オランダのeモビリティ普及を促進するABBとQbuzz

オランダのeモビリティ普及を促進するABBとQbuzz

オランダが2050年までに排出量95%削減を目指す中、ABBは、Qbuzz社の99台の完全電気バスフリート向けに、100台超のコネクテッドハイパワー急速充電器のプロバイダに指名されました。

急速充電技術の技術リーダー、ABBが、オランダ最大の公共交通機関の一社であるQbuzz社と協力して100台超の充電器を供給し、同社のバスフリートに電力を供給する発表を受けて、2025年までにすべての新型バスをエミッションフリーにするというオランダのコミットメントは、達成に一歩近づきます。

ABBのハイパワー急速充電ソリューションは、夜間および路線上で電気バスの大型フリートを充電し、昼間のゼロエミッション輸送を確実にするインテリジェントで費用対効果の高い手段を提供します。

オランダの北部にあるフローニンゲン/ドレンテのコンセッション内で、ABBはEmmen、Appingendam、Stadskanaal、Oude Pekela、Zoutkamp、Surhuisterveen、AssenのQbuzzの車庫に62台の100kWハイパワー充電ステーションを設置しました。150~850VDCの電圧範囲で、充電器はフリートを夜間充電するために使用されます。

一方、南西部のDMG ドルドレヒトのコンセッション内で、ABBは、150~920Vの電圧範囲のTerra54 50kWの急速充電器を38台、車庫に設置しました。

ABBはまた、必要に応じて路線上で充電するために6台のHVC-300Pantograph Down(PD)スマート充電ソリューションを提供しました。これらの充電器は、Drechtsteden、Alblasserwaard、およびVijfheerenlandenを含む、ドルドレヒト周辺の地域ネットワーク全体に設置されています。

これらのハイパワー300PDバス充電器は、300kWの充電電力を供給し、バスが路線の運行を完了するのに必要な電力に応じて、3~6分間バスを充電します。インフラに搭載されたパンタグラフを用いて直流で充電を行う電気バスのコンセプトであるOpportunity Chargingに基づいています。これにより、路線の通常の運行に影響を与えることなく、路線の終点でバスを充電することができます。

ABBのEモビリティインフラソリューションのグローバルビジネス責任者、フランク・ミューロンによると、ABBが選ばれた理由を、ソリューションの品質、信頼性、および接続性と挙げ、次のように述べました。「ABBは、eモビリティソリューションのグローバルリーダーとして認められており、独自の「Mission to Zero」をもって、産業界と住宅コミュニティの両方のために、より持続可能な未来を描くことにコミットメントを示しています」

「これらの画期的なプロジェクトにおいてQbuzz社とパートナーシップを締結したことを喜ばしく思います。ハイパワー急速充電器の導入により、効率的かつ迅速な夜間充電が可能となり、オランダが公共交通網のゼロエミッションビジョンを実現し、ヨーロッパ各地の他の市場に素晴らしい事例を提示することができます」

充電インフラの24時間の可用性を保証するために、ABBソリューションは、ABB Ability™コネクテッドサービスの恩恵を受けています。これにより、eモビリティ充電ネットワークオペレータは、高レベルの安全性および充電サービスの可用性を確保しながら、診断、アップグレードの監視、オンライン支払い、およびエネルギー管理などのタスクを遠隔で実行することができます。これにより、24時間体制でダウンタイムが最小限に抑えられ、低ランニングコストが維持されます。

Qbuzz社のプログラムマネージャーEVであるTim van Twuijver氏は、次のように述べました。「オランダの地域モビリティ市場における野心的で革新的なプレーヤーとして、オランダの持続可能な輸送の未来への野望を実現するために、志をともにする組織とパートナーシップ提携を求めていました。ABBとの提携は自然な流れでした」と述べました。

将来的には、オランダで電気自動車(EV)の需要が増加するにつれて、ABBの50kW充電ソリューションは、Qbuzz社に、通常のオペレーションに加えて自家用車の充電を供給する柔軟性を提供することになります。「これは、ソリューションに対する将来の拡張を視野に入れたアプローチの一部です。これにより、事業者は、適切なタイミングでサービス提供を拡張できます。このようにして、我々は公共輸送と自家輸送の両方のためのモビリティの未来を描きます」とミューロンは付け加えました。

ABBは、eモビリティソリューションの世界的リーダーで、電気自動車、電気バス、ハイブリッドバス、船舶および鉄道向けのあらゆる充電および電化ソリューションを提供しています。ABBは2010年にEモビリティ市場に参入し、現在80カ国以上で13,000台以上のABB DC急速充電器が設置されています。ABBは、最近、持続可能な輸送ソリューションの国際的な採用を支援する役割が評価され、グローバルEモビリティリーダー2019を受賞しました。

ABB (ABBN: SIX Swiss Ex)は、産業のデジタル変革を推進する技術的リーダーです。130 年以上にわたり、技術革新の歴史を重ね、ABB は今日、全ての産業を網羅するABB Ability™デジタルプラットフォームを基盤とした、エレクトリフィケーション、インダストリアル・オートメーション、モーションおよびロボティクス&ディスクリート・オートメーションのお客さま本位で世界をリードする4つの事業を展開しています。ABB のパワーグリッド事業は、2020 年に日立製作所に事業譲渡します。ABB は世界100か国以上に約147,000 人の従業員を擁しています。 www.abb.com

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp