自然の力と先進技術の融合

海抜1,810m、スイスのトゥール湖上でRomande Energieは世界で最も高所にある浮体式太陽光発電(PV)設備のひとつを運営しています。標高が高く、大気質が最適なため、このような高山環境では冬でも太陽光発電が可能です。この太陽光発電設備は、1400枚の太陽光発電パネルを備えた36個のフローティングモジュールで構成され、年間800,000kWh超のクリーンな太陽光発電容量を有し、地域の最大220世帯に電力を供給します。

Located 1,810 m a.s.l, the 36 floating modules create energy for 220 homes.

ABBは、継続的な発電と電力系統への統合を保護するために、事業者固有の要件に合わせて構成されたカスタマイズされたソリューションを開発しました。

太陽光発電設備は、特別なABBの環境に優しいコンパクトな二次変電所「UniPack-G」を経由して、系統に直接統合されています。これは再生可能エネルギー発電に関連した遠隔地や過酷な環境でよく見られる気象条件に耐えるように設計され、しかもヘリコプターでサイトまで空輸するのに十分な軽量性を備えています。

トゥール湖は、地形や周辺の天然資源を利用することで50%以上の発電効率を提供するとともに、陸上で不足する太陽光発電システムの代替地を確保する必要性からも推奨される、浮体式PV構造設置の世界的なトレンドの最新の設備です。

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp