YuMiは、妥協のない品質と安全性を心臓手術機器の世界的リーダーに提供します

YuMiは、妥協のない品質と安全性を心臓手術機器の世界的リーダーに提供します

Sintechは、YuMiを使用して、LivaNova製血液遠心分離機の「ステム」の組み立ておよび試験をするクリーンルーム内のプロセスを自動化しました。

概要

チャレンジ

LivaNovaは、従業員の安全性を向上させるために、半手動プロセスを自動化するソリューションを探していました。

ソリューション

ABBの協働ロボットYuMiにより、生産性を高めながら作業者の安全性を向上させることができました。YuMiを使用したことで、安全柵なしでプロセスの自動化を実現しました。これにより、作業者はロボットの近くで作業を続けることができます。

アプリケーション

血液遠心分離機の構成品組み立ておよび試験

詳細

「ステム」と呼ばれる血液遠心分離機特有の構成品を組み立てるために、LivaNovaは、システムインテグレーターSintechの経験とABB の協働ロボットYuMiの性能を活用しました。「2年前に、プロセスの一部を多関節ロボットで自動化しました」とSintechのセールスマネージャー、Claudio Sinico氏は述べました。「その後、自動化は同期化された手順で動作する組み立て、試験、および溶媒分注ステーションを含むステムにまで拡張されました」

LivaNovaは、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にあるミランドラの生物医学地区にある施設を含む、すべての大陸に工場を有します。ミランドラにある施設は、主に人口肺、フィルター、熱交換器、および血液遠心分離機などの心臓手術機器において世界的に優れた企業です。LivaNovaは日々、欧州および世界中の病院に製品を出荷しています。毎日約2,600台の遠心分離機が出荷され、重大な心臓手術、主に体外循環を要する開心術を行う手術室で直ちに使用されます:機器の品質に妥協は許されません!

双腕型のYuMiは、プロセス効率を高め、半手動プロセスの自動化を支援し、溶剤を分注する必要がなくなった作業者の安全性を向上させました。LivaNovaのエンジニア(産業エンジニアリングチームのGiulia Sarti氏、Davide Di Mari氏、Franko Masllavika氏、Daniele Roveri氏)によると、クリーンルームでの運用認定を受けたこのロボットは、より簡単なインターフェイスと専門的な技能を必要としないポイントピッキングのおかげで、従来の多関節ロボットと比較してプログラムが非常に簡単です。お客さまは、ほとんどの場合、ピッキング、配置、位置決めポイントへのアクセスと修正の容易なプロセス、および他のロボットが提供できない軽量さと簡単な操作を高く価しています。最後に、RobotStudioを使用して、Sintechのエンジニアはロボット支援アイランドの作業サイクル全体を仮想的にプログラムできます。すべての動作をシミュレートし、各アプリケーションの実行可能性とサイクルタイムを確認することができます。

LivaNovaについて

LivaNovaは、2015年にミラノ証券取引所に上場したSorin Groupと米国に拠点を置くサイベロニクスとの合併により設立されたグローバル医療技術企業です。今日、グループは、すべての大陸の工場で約10億ドルの収益を生み出しています。中でも、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にあるミランドラの生物医学地区にある施設は、心臓手術の手術室で使用される主に人工肺、フィルター、熱交換器および血液遠心分離機などの心臓手術機器において世界的に優れています。

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp