ABB、ロボットによるピッキングとパッキングのポートフォリオを強化、オムニチャネルの受注処理と小売業の物流変革を実現

ABB、ロボットによるピッキングとパッキングのポートフォリオを強化、オムニチャネルの受注処理と小売業の物流変革を実現

より速く、より高い可搬重量と柔軟性を備えたパラレルリンクロボット、新IRB 390 FlexPacker™は、カスタマイズされた包装、縦入れ包装、高速で高変動の仕分け、物流センターやeフルフィルメントでのオンデマンドオーダーピッキングをサポートします。

オムニチャネル小売の拡大に伴い、流通センターや物流倉庫では、店頭に並ぶパレットとパッキングの両方を扱うだけでなく、個人消費者に直接発送するための多種多様な商品をピッキングしてパッキングするシステムの変革が求められています。

変化の大きな原動力となっているのは、消費者への直接配送(D2C)と店舗への直接配送(D2S)の成長であり、消費者の商品の注文方法や受取方法が劇的に変化しています。これらの新たなモデルにより、消費者が注文したものを受け取る方法の選択肢は宅配に加え広がっており、遠隔で買い物をする人が増えることで、環境的にも経済的にも持続不可能な状況になりつつあります。これらの方法には、クリック&コレクト、店頭受け取り、最近では、購入者が希望する製品の支払いと受け取りをするロボット化されたキオスクなどがあります。

オペレータは、多種多様な商品を幅広い組み合わせで、可能な限り短時間でピッキングして取り扱うことができる、柔軟性を最大限に高めるための適切なインフラを必要としています。

今年のInterpackの展示会の代わりに行われたウェビナーで、ABBのコンシューマーセグメント&サービスロボティクス担当マネージングディレクターであるマーク・セグラは次のように述べています。

「小売業者がオムニチャネル戦略を採用し、より多様な選択肢を求める消費者の需要に応えるのを支援しています。消費者への直接販売チャネルの継続的な発展と、小売業者としての電子小売業との融合、およびその動きは、より高速でより多くの種類のアイテムを処理するために、従来の注文処理システムにプレッシャーを与えています」

ロボットの速度や可搬重量、ビジョンシステムによって実現されたAIなどの技術の進歩により、お客さまはより多くの製品を認識し、より俊敏で柔軟な方法で取り扱うことができるようになり、これまでにない能力を得ることができるようになるでしょう。

最近リリースされたPickMaster® Twinを含むFlexPicker®ロボットとPickMaster®ソフトウェアにより、ABBはすでに世界中の物流、eフルフィルメント、小売業者が消費者の需要革命に対応するための支援を行っています。

この機能は、2020年末にIRB 390 FlexPackerが発売されることで強化されます。IRB 390 FlexPackerロボットは、4軸と5軸を持つ、これまでと異なる方式のパラレルリンクロボットとして提供されます。これはIRB360-8/1130FlexPicker(8kg可搬)よりも35%速く、最大15kgの可搬重量でリーチを45%増加させています。

食品・飲料、物流、製薬、日用品業界のお客さま向けに設計されたIRB 390は、シェルフレディパッケージング(SRP)とリテールレディパッケージング (RRP)をサポートするスピードと柔軟性を備えた二次包装と高可搬重量アプリケーションに最適です。考えられる用途には、食品(ドライおよびウェット)、飲料、医薬品、医療、パーソナルケア、ペットケア(食品およびその他)、CPG(日用品)および物流における二次包装が含まれます。IRB 390にはNSF H1食品等級の潤滑剤が使われ、衛生的な環境での使用に適したFDA準拠の材料で作られています。FGOおよびFGG(H1)は、すべての露出ギアボックスおよびベアリングに使用されます。

「新IRB 390 FlexPackerの発売により、ABBはお客さまが最新のピックアンドプレースの課題に対応できるように、自動化製品の強化されたポートフォリオを提供できるようになります」とマーク・セグラは続けます。「私たちは、FlexPackerのスピード、可搬重量、器用さとFlexPickerの実証済みの高速ピッキングとパッキング能力、PickMaster Twinの先進的なビジョンとデジタルツイン能力を組み合わせることで、お客さまのラインをこれまで以上に柔軟にして、少量、多品種、高積載生産の増加に対応できるようにします 」

IRB 390 FlexPackerと、過去15年にわたり最先端の高速ピッキングパッキングのリーダーであるIRB 360 FlexPickerを組み合わせることで、製造業者は事前仕分けとグループパッキングのための完全なソリューションを構築できるようになります。

FlexPackerはまた、ABBの市場をリードするビジョンソフトウェアによるランダムフローピッキングおよびパッキングアプリケーション向けロボットソフトウェア、PickMaster Twinと連携するように設計されています。PickMaster Twinはデジタルツイン技術を採用しており、ピッキングプロセスを最適化するためのシミュレーションパッキングステーションを構築することができます。このソフトウェアは、ライン全体の効率を最大化しながら、試運転時間を数日から数時間に、段替え時間を数時間から数分に劇的に短縮することで、生産性を向上させます。また、最大10台のカメラに対応する強力なカラービジョン用システムを搭載しており、正確な位置ガイドや特徴検査を行うことができます。

ABB (ABBN: SIX Swiss Ex) は、産業のデジタル変革を推進する技術的リーダーです。130 年以上にわたり、技術革新の歴史を重ね、ABB は今日、全ての産業を網羅するABB Ability™デジタルプラットフォームを基盤とした、エレクトリフィケーション、インダストリアル・オートメーション、モーションおよびロボティクス&ディスクリート・オートメーションのお客さま本位で世界をリードする4つの事業を展開しています。ABB のパワーグリッド事業は、2020 年に日立製作所に事業譲渡します。ABB は世界100か国以上に約144,000 人の従業員を擁しています。www.abb.com

 ABB ロボティクス&ディスクリート・オートメーションは、ロボティクス、マシンオートメーション、デジタルサービスのパイオニアであり、自動車からエレクトロニクス、物流まで、多様な産業に革新的なソリューションを提供しています。 世界有数のロボットおよびマシンオートメーションサプライヤとして、これまでに40万台以上のロボットソリューションを出荷してきました。私たちは、あらゆる規模のお客さまの生産性、柔軟性の向上とシンプル化によって、生産物の品質改善を支援しています。私たちは、コネクテッドかつ協働的な未来の工場への移行をサポートします。ABB ロボティクス&ディスクリート・オートメーションは、53カ国以上の100以上の拠点にて10,000人以上の従業員を擁しています。 www.abb.com/robotics

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp