ABBは、何千台もの古いロボットの再生や再利用によって、より持続可能なものづくりを実現します

ABBは、何千台もの古いロボットの再生や再利用によって、より持続可能なものづくりを実現します

サステナビリティの重要性は世界的に高まり続けており、ABBは世界中でより環境に優しい製造施設の構築に貢献することを約束しています。再生を行うことは、既存のロボットユーザが、現在使用していないロボットや年代物のロボットをスクラップにしたり、放置したりするのではなく、魅力的な買取サービスを利用してABBに売却することを可能にします。

過去25年以上にわたり、何千台ものロボットがABBのリマニュファクチャリングロボットチームによって改修、アップグレードされ、第二の命を与えられてきました。以前に所有していたロボットと同様に、コントローラやマニピュレータなどの周辺機器は、ABBのグローバルリマニュファクチャリング&ワークショップ・リペアセンターの1つで「新品同様」な状態に改修されます。

「環境への責任は、私たちのお客さまとパートナーのために、そして私たち自身にとっても非常に重要です。私たちは、品質向上やプロセスにおける廃棄物削減のためのデジタルツールから、再生やアップグレードによる古いロボットの寿命延長まで、ロボットのライフサイクル全体でサステナビリティソリューションをサポートしています」ABBのロボティクス&ディスクリート・オートメーションビジネスエリアのプレジデントであるサミ・アティヤは述べています。「弊社のグローバルなリマニュファクチャリングセンターのネットワークは、世界中でより持続可能な製造業を創出するという長期的な取組みの一環として、古いロボットをアップグレードし、廃棄せずに済むようにしています」

ABB認定の再生ロボットとしてラベル付けされる前に、すべての中古ユニットは、詳細な検査と最低16時間の機能テストを含む厳密なチェックを受けます。各再生ロボットには2年間の保証が付いています。再生機器の購入者は、新しいABBロボットを購入する場合と同じように、設置やトレーニングなど、ローカルのサービスチームから同じレベルのサポートを受けられます。

「不具合のある部品を修理するだけではなく、ABBのオリジナルの設計計画、仕様、寸法データを使用してロボットを完全に再生しています。これにより、ロボットは新品のABBロボットと同じレベルの品質、性能、耐久性、安全性を提供することが保証されます」と、ABBのグローバルリマニュファクチャリング&ワークショップ・リペアセンターのセールスマネージャーであるJan Borskyは述べています。「世界最大級の中古ロボット、修理済みロボットの在庫を有し、400種類のロボットを販売用にストックしています。現在、セカンドライフロボットの需要は非常に高いため、1日1台以上のロボットがオストラバ(チェコ共和国)の施設から出荷されています」

再生された各ロボットは、最新のコントローラにアップグレードすることもできます。これにより、ABB Ability コネクテッドサービスや、ABBのオフラインプログラミング&シミュレーションソフトウェアであるRobotStudio®の最新バージョンなどの新機能が利用できるようになります。また、アップグレードによりABBのSafeMoveソフトウェアが事業者に、大きな安全柵を必要とせずにロボットがオペレータと一緒に働くことを可能にする機会を提供することで、従来ロボットをより協働的に利用する可能性を引き出せます。これは、設置コストとともに、スペースが限られている場所において理想的に設置面積を削減することに役立ちます。

Jan Borskyは、「世界中のお客さまが、古いロボットに新しい命を与えることで恩恵を受けています。最新の技術でロボットを更新することで、柔軟性と生産性が向上し、ロボットの寿命を延ばすことで、投資収益率を最大化できました」と付け加えました。「既存の生産ラインにロボットを追加したい既存のお客さまも支援してきました。彼らの必要とする特定のモデルの生産が中止されていることがわかり、再生モデルを調達して設置したため、お客さまは保守、予備部品、スタッフの訓練といった長期的な運用に関する効率性の恩恵を受け続けることができました」

ABBのグローバルな再生施設のネットワークには、チェコ共和国のオストラバ、ミシガンのオーバーンヒルズ、中国では上海のセンター、ブラジル、メキシコ、ドイツ、ベトナムの現地リリマニュファクチャリングサービスセンターなどがあります。

  •  ABBは、ロボット、コントローラ、マニピュレータを再生産し、寿命を延ばすため、それらを改修します。
  • 再生ロボットは、メンテナンスコストを削減し、投資収益率を最大化しながら、お客さまが新しい機能や高度なサービスを利用できるように支援します。
  • 未使用のロボットや生産中止になったロボットを再生のために調達することで、古いロボットが時期尚早に廃棄されるのを防ぎます。

ABBの再生サービスの詳細については、こちらの(Link)をご参照いただくかGRRC.Sales@abb.com へお問い合わせください。

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp