ABBのエネルギー管理ソリューションがアジア最大の廃水処理プラントをサポート

ABBのエネルギー管理ソリューションがアジア最大の廃水処理プラントをサポート

ABBは、中国の上海白龍港汚水処理場の拡張に向けた高圧および低圧デジタルソリューションの納入を成功裏に完了し、継続的で信頼性の高い電力供給を保証します。

より高度な廃水処理プロセスの導入も含む施設の拡張には、効率と信頼性を強化するために、ABBの高信頼性と高精度の電力管理ソリューションが必要でした。プロジェクトの一環として、ABBはまた、施設のアップグレード中のダウンタイムを防止し、継続的な運用を確保するためのカスタム電力管理スキームを開発しました。

上海白龍港汚水処理場は、アジア最大規模、世界最大級の下水処理場です。1日あたりの処理能力は280万立方メートルで、上海都市圏で発生する都市排水の約3分の1を処理し、700万人以上の住民にサービスを提供しています。

施設のアップグレードにより、長江への排水品質が改善され、大気質を改善し、地域の持続可能性目標を達成するための重要な要素である上海の化学的酸素要求量を最小限に抑える政府の戦略をさらにサポートします。

ABBの高圧、および低圧ソリューションは、高度なリン除去などのプロセスに継続的で正確かつ弾力性のある電源を確保し、排水の塩素処理と紫外線消毒を行い、水質を保証し、汚染物質を削減します。

ABB中国のエレクトリフィケーションビジネスエリアのリードビジネスマネージャーであるジェームズ・ザオは、次のように述べています。「上海の持続可能な開発を支援するという使命のもと、上海白龍港汚水処理場と協力できることを大変光栄に思います。ABBは、安全で信頼性の高い配電システムと効率的なエネルギー管理により、水処理プラントの厳しいエネルギー要件をサポートできるユニークな立場にあります。当社のデジタル電気ソリューションは、中国全土の産業に力を与え、持続可能な開発を促進し、スマートシティの建設を推進しています」

ABBの高圧、および低圧配電ソリューションは、データに基づいたエネルギー管理と予知保全機能を提供します。この処理プラントは、開閉装置、空気遮断器、コンタクタなどさまざまなABB製品の恩恵を受けます。電力消費量の遠隔監視と安全リスクの早期発見は、ABBのインテリジェントな高圧配電ソリューションによって可能になり、プラント管理者は情報に基づいた意思決定を早期に行うことで、生産性を最大化し、プラントの混乱を最小限に抑えることができます。

ABB(ABBN: SIX Swiss Ex)は、より生産的で持続可能な未来の実現に向けて社会と産業の変革に活力を与える、世界をリードするテクノロジー企業です。ソフトウェアをエレクトリフィケーション、ロボット、オートメーション、モーションのポートフォリオに結びつけることで、ABBはテクノロジーの限界を押し広げ、パフォーマンスを新たなレベルに引き上げます。130年以上にわたる卓越した歴史を持つABBの成功は、100カ国以上、110,000人の才気あふれる従業員によって支えられています。 www.abb.com

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp