ABBのソフトウェアは、船舶の効率を向上させ、燃料消費量を削減するのに役立ちます

ABBのソフトウェアは、船舶の効率を向上させ、燃料消費量を削減するのに役立ちます

人工知能(AI)によって増幅された船舶の運航データへの洞察は、燃料を最大10%節約し、コストを削減するのに役立ちます。高度な分析の価値を解き放つことで、船舶の稼働率を向上させ、必要不可欠なサービス訪問を最大30%削減することができます。

AI、データ統合、分析ソリューションなどのデジタルテクノロジーは、船主が運用効率と持続可能性を高め、環境規制への準拠を支援するソリューションを求めているため、今後数十年で国際海運を変革すると予想されます。永続的な課題は、相互に依存する操作を分析するのではなく、システムごとにデータを収集して処理する傾向にありました。データセットを切断された「サイロ」にフィードすると、意味のある分析機能が制限され、潜在的な効率の向上が大量のデータに埋もれてしまうのです。

ABB Ability™ Genix Industrial Analytics and AI Suiteは、現在、海運会社向けに提供されており、高度な分析と人工知能の力を解き放ち、より良い意思決定と大幅な効率化を推進します。ABBは、AIによって増幅された船舶の運航データへのより深い洞察とABB Ability™ Genixによって可能になった分析により、最大10%の燃料削減につながり、結果としてコストと排出量の削減につながると推定しています。さらに、状態ベースの監視と潜在的な誤動作の早期特定を利用したメンテナンスの節約によって、船舶の稼働時間を向上させ、船舶への必要不可欠なサービス訪問を30%も削減します。

船舶を含む持続可能な輸送は、低炭素の未来を切り開く上で重要な役割を果たしています。海運は世界の温室効果ガス総排出量の3%を占めており、海運業界は2050年までに二酸化炭素排出量を半減させなければならないという規制圧力にさらされています

「ABBは、今日のニーズをコスト効率よく満たすのに十分な柔軟性を持ち、明日の野望をサポートするのに十分な堅牢性を備えたスケーラブルなプラットフォームを海運業界に提供しています」とABBマリン&ポートのグローバルサービス責任者であるJyri Jusslinは述べています。「目標が燃料の節約や排出量の削減、船舶の稼働率の向上、企業の財務パフォーマンスの向上などのいずれであっても、すべてのデジタル化プロジェクトは、最も広範な監視と測定から利益を得ています。デジタル分析を最大限に活用するには、包括的なデータが必要です」

ABB Ability™ Genixを使用すると、船舶のお客さまは要求に応じて様々な分析をサブスクライブすることができます。これにより、このソリューションは、デジタル化の第一歩を踏み出す船主だけでなく、すでにデジタル化が進んでいて、船舶管理へのより包括的なアプローチを開発したいと考えている船主にも適しています。

ABB(ABBN: SIX Swiss Ex)は、より生産的で持続可能な未来の実現に向けて社会と産業の変革に活力を与える、世界をリードするテクノロジー企業です。ソフトウェアをエレクトリフィケーション、ロボット、オートメーション、モーションのポートフォリオに結びつけることで、ABBはテクノロジーの限界を押し広げ、パフォーマンスを新たなレベルに引き上げます。130年以上にわたる卓越した歴史を持つABBの成功は、100カ国以上、105,000人の才気あふれる従業員によって支えられています。 www.abb.com

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp