世界のEV用バッテリ生産は、需要を満たすために大幅な増強が必要

世界のEV用バッテリ生産は、需要を満たすために大幅な増強が必要

2036年に電気自動車がICE車を追い抜くと予測される中、ABBが後援するレポートでは、80の電気自動車用バッテリギガファクトリーの新設計画が不十分であると予測し、需要を満たすための自動化の役割を強調しています

 ABB ロボティクスが後援し、Ultima Media社のAutomotive Intelligence Unitが作成した「Electric Vehicle Battery Supply Chain Analysis」によると、2036年にはすべての電気自動車(EV)がICE搭載車の販売台数を上回る転換年と予測されていますが、需要の増加に対応するためのEV用バッテリの供給が懸念されており、世界で80のバッテリギガファクトリーの新設が計画されているにもかかわらず、クリーンな推進燃料としての電力の成長に重大なリスクがあるとしています。 

報告書によると、EV用バッテリの生産量は、アジアがリードしているものの、今後数年間で欧州が追い上げてくることが予想され、米国のメーカーも生産能力の増強を計画しているとのことです。

ABB ロボティクス オート Tier1 ビジネスラインのマネージングディレクターであるTanja Vainioは、「自動化は、組立ての安全性、品質、トレーサビリティを向上させ、バッテリ技術をコスト効率よく提供するための鍵となります。これは電気自動車の拡大に極めて重要です。EV用バッテリ業界のスケールアップを成功させるためには、生産スピードと柔軟性が不可欠です。当社のセル生産アーキテクチャにより、メーカーはセル設計を迅速に検証し、品質、安全性、生産性の基準を統一した生産セルをグローバルに展開することができます。また、需要に応じて生産量をリアルタイムに調整できる柔軟性も備えています」と述べています。

  報告書の研究者たちは、バッテリパックの組立てを自動車組立て施設の近く、またはその中に設置することの重要性を指摘しています。

報告書の研究者たちは、バッテリパックの組立てを自動車組立て施設の近く、またはその中に設置することの重要性を指摘しています。  

「バッテリパックの組立てを同一の場所に配置すると、輸送量を減らして持続可能性を高めるだけでなく、柔軟性を高めることにもつながります。 セル方式の生産は、既存のラインに簡単に統合できます。需要曲線が変化しても、セルの追加や削除を素早く行い、正確な生産規模を維持することができます。当社のロボットは、必要に応じてすぐに再利用できるように設計されており、柔軟性を高めるとともに、製造したロボットの寿命を最大限に延ばすことで、持続可能なアプローチを実現しています」と、Vainioは付け加えます。

「堅牢なバッテリサプライチェーンを構築することは、OEMメーカーにとって明確な競争優位性を生み出し、バッテリパックの生産を内製化するか外製化するかにかかわらず、生産の柔軟性を最大限に高めることで、さらなるコスト削減と生産性の向上につながると考えています」とVainioは付け加えます。

  EVの高価格は、市場への浸透を妨げる要因となっているため、車両コストの削減は業界全体の課題となっています。バッテリは車両コストの最大3分の1を占めることから、ABBはバッテリ製造の生産性を向上させるソリューションに注力しています。  

「バッテリセルを直接パックに組み立てることで、より高い生産性と低コストを実現することができるようになってきています。ABBは、多くのメーカーとパートナーシップを組み、ABBのシステムと知識を活用して、生産性、品質、安す全レベルを向上させるとともに、自動組立てによる完成品のコスト削減に取り組んでいます」とVanioは結論付けます。

「Electric Vehicle Battery Supply Chain Analysis」では、EV用バッテリの供給の現状と将来について、材料の供給源、利用可能な技術、需要分析、潜在的なリスクなどを検証しています。

このレポート(英語)はこちらからダウンロードできます。

  ABB(ABBN: SIX Swiss Ex)は、より生産的で持続可能な未来の実現に向けて社会と産業の変革に活力を与える、世界をリードするテクノロジー企業です。ソフトウェアをエレクトリフィケーション、ロボット、オートメーション、モーションのポートフォリオに結びつけることで、ABBはテクノロジーの限界を押し広げ、パフォーマンスを新たなレベルに引き上げます。130年以上にわたる卓越した歴史を持つABBの成功は、100カ国以上、105,000人の才気あふれる従業員によって支えられています。 www.abb.com

ABB ロボティクス&ディスクリート・オートメーションは、ロボティクス、マシンオートメーション、デジタルサービスの先駆者であり、自動車からエレクトロニクス、物流まで、さまざまな産業に革新的なソリューションを提供しています。世界有数のロボットおよびマシンオートメーションサプライヤーとして、これまでに50万を超えるロボットソリューションを出荷しました。私たちは、あらゆる規模のお客さまの生産性や柔軟性を高めながらシンプル化を推進し、生産品質の向上を支援します。私たちは、コネクテッドかつ協働的な未来の工場への移行を支援します。ABB ロボティクス&ディスクリート・オートメーションは、53カ国以上、100カ所以上の拠点において、11,000人以上の従業員を擁しています。ww.abb.com/robotics

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp