ABBは革新的でシンプルな新しいオールインワン保護リレーを提供します

電力系統が進化を遂げる中、REX610は汎用的な配電アプリケーションの保護と制御を簡素化するように設計されています。

2050年には世界のエネルギー使用量が約2倍になると予測されており、配電網は大規模化と複雑化がますます進行しています。これを受けて、ABBは、安全でスマート、かつ持続可能なエレクトリフィケーションをサポートするために設計されたRelion®製品群に新たな製品を追加します。革新的でシンプルさが満載のREX610は電力系統や産業プロセス、そして人々を容易に保護します。[1] 

REX610はABBの強みである自由に構成可能な多機能リレーと実績のある保護アルゴリズムを用いて、すべての汎用的な配電アプリケーションに最適な保護を提供するシンプルで革新的なソリューションを実現します。

ABBの配電ソリューションディビジョンの責任者であるAlessandro Palinは次のように述べています。「エネルギー需要はエネルギー供給により高い信頼性と可用性の必要性とともに高まっています。これには革新的で将来性のある技術と変化する市場や電力系統の要件に対応するための適応性と即応性が必要です。REX610は進化する電力系統と明日の社会のニーズに適応するように設計されており、これらの要件をすべて満たし、柔軟で持続可能な選択肢となります」

REX610は革新的なシンプルさを追求しました。ハードウェアモジュールを実装することで、すべての機能が使えるようになる、純粋なプラグアンドプレイのソリューションです。REX610は、わずか6種類のバリエーションで汎用的な配電アプリケーションをすべて網羅する初のオールインワン型保護リレーで注文、セットアップ、使用、サービスが容易です。さらに時間とコストを節約するために、バリエーションの数が少ないため、モジュールやスペアユニットを保管しておくことで、迅速な交換やプロジェクトの要件変更に対応することができます。

モジュール式で拡張可能な設計により、独自の保護ソリューションを簡単に構築することができます。また、通信オプションを含む広範なデフォルト機能により、追加コストやハードウェアの変更なしに簡単に変更することができます。

REX610は進化する電力系統に対応した将来性のある製品です。市場の変化や要件の変化に応じて、モジュールを簡単に追加、削除、交換することができ、リレー全体を変更する必要はありません。モジュール式のハードウェアを採用しているため、設置後数年経っても、ライフサイクルを通じていつでも変更が可能です。コストのかかるダウンタイムを最小限に抑えるために、革新的な引き出し式のプラグインユニットは、設置、メンテナンス、テストを迅速かつ容易に行い、また手早い交換と速やかな修理を可能にします。

グリッド要件の変更をさらにサポートするために、ファームウェアを介して最新版バージョンにアップデートできます。ABBの保護アルゴリズムの最新バージョンへのアクセスは、最適な保護および制御ソリューションを保証しますが、新規の保護機能は新しいアプリケーションの可能性を開きます。広範囲なデフォルト機能により、ユーザは変化する保護、通信、ネットワークの要件に対応することができ、ABBのリレー設定および構成ツールであるPCM600からアクセス可能です。

REX610はIEC 61850に完全に準拠しており、変電所の機器間の通信化と相互運用を可能にし、ABB Ability™プラットフォームなどの様々なスマートサービスへの接続を現在および将来にわたって実現します。

REX610は将来の使用性を最適化し、スイッチギアの寿命を延ばすために、幅広いライフサイクルサービスを提供します。これにより、安全で信頼性が高く、費用対効果の高い保護ソリューションと、予測可能なメンテナンスコストを実現します。このサービスには、ウェブベースのデータ共有およびバックアップサービスABB Ability™ Backup Management for Electrical Systems - Data Careが含まれます。これにより、保護リレーの技術情報を安全にオンラインで保存し、簡単に共有することができます。Data Careは、すべてのファームウェアアップデートにアクセスできる場所でもあります。

また、レトロフィット市場向けに、ABBのSPACOMリレーをREX610リレーと迅速かつ容易に交換できるオーダーメイドのアダプタを開発しました。1980年代にさかのぼり、全世界でABBのSPACOMリレー700,000台以上が設置されていることから、このレトロフィットアダプタは、将来の電力需要の変化する要件に合わせて保護・制御システムを簡単に近代化する方法を提供します。

ABBは2021年5月18日にバーチャルイベントでREX610を発表し、その際にABB エレクトリフィケーションの最高技術責任者であるAmina Hamidiが「Innovation for greener, smarter electrification of the future」と題して基調講演を行います。

REX610は2021年後半に発売予定です。

ABB (ABBN: SIX Swiss Ex) は、より生産的で持続可能な未来の実現に向けて社会と産業の変革に活力を与える、世界をリードするテクノロジー企業です。ソフトウェアをエレクトリフィケーション、ロボット、オートメーション、モーションのポートフォリオに結びつけることで、ABBはテクノロジーの限界を押し広げ、パフォーマンスを新たなレベルに引き上げます。130年以上にわたる卓越した歴史を持つABBの成功は、100カ国以上、105,000人の才気あふれる従業員によって支えられています。  www.abb.com

ABB エレクトリフィケーションは、エレクトリフィケーション製品とソリューションのグローバルリーダーであり、世界100 カ国以上で事業を展開し、200 以上の製造拠点を有しています。50,000人以上の従業員が、安全でスマートかつ持続可能なエレクトリフィケーションソリューションを提供することで、人々の生活、つながり、仕事のあり方を変革するために尽力しています。私たちは、エレクトリフィケーションの未来のトレンドを形成し、技術とデジタルの革新によって差別化を図るとともに、ユーティリティ、産業、建築、インフラ、モビリティの各分野のお客さまに卓越したオペレーションによる体験を提供しています。go.abb/electrification

[1]EIAは、アジアでの成長に牽引されて2050年までに世界中のエネルギー使用量が50%近く増加すると予測しています。Today in Energy - U.S. Energy Information Administration (EIA)より

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp