イノベーションのリーダーシップで認められたABBロボティクスのグローバルR&Dセンター

イノベーションのリーダーシップで認められたABBロボティクスのグローバルR&Dセンター

ABBは、上海の技術革新とR&Dセンターで中国の上海政府に認められた最初の多国籍企業の1社です。
イノベーションを加速させる研究開発は、2022年に上海に開設されるABBの新しいロボット工場の重要な要素です。

ABB ロボティクスの中国における研究開発センターは、その技術革新とR&D能力が上海政府に認められました。そのためには、グローバルな投資家が上海に設立し、世界レベルで運営され、グローバルなR&Dプロジェクトで重要な役割を果たし、独自の技術革新を生み出すR&Dセンターであることが必要です。

2021年5月24日に行われた認証式では、ABBロボティクス中国の責任者であるRui Liangが、上海市長のGong Zheng氏から栄誉を受けました。これは、国際的な投資家が上海に研究開発センターを設立することを奨励し、世界的な科学技術革新の中心地としての上海の位置づけを高めるために、政府がグローバル企業の研究開発を上海で認定する初めての試みです。

  「中国での研究開発は、当社のイノベーションエコシステムの礎となっています。これは、ロボティクスの未来を促進し、お客さまのためにオートメーションを実現するという当社の取り組みを支えています」とABBロボティクス&ディスクリート・オートメーションのプレジデントであるサミ・アティヤは述べています。「世界最大のロボット市場における当社の技術的なリーダーシップが評価されたことを嬉しく思います。来年、上海に新工場とR&Dセンターが開設されるのを機に、さらに力をつけてまいります。当社の投資は、中国のロボット産業の発展を後押しし、お客さまのスマートな製造をサポートします」

ABBの中国における事業展開の次のステージは、世界最先端のロボット工場の設立です。総額1億5,000万ドルを投じて上海に建設されるこの工場は、2022年の開設を予定しています。機械学習、デジタル、協働ソリューションを含む最新の製造プロセスを展開し、ABB ロボティクスの製造技術の次のレベルを示しています。この工場は、世界のロボット産業の中で最も先進的で、自動化され、柔軟性のある工場であり、ロボットがロボットを製造する拠点となるでしょう。

認証式に出席したGong Zheng上海市長(左)とABB ロボティクス中国の責任者Rui Liang。
認証式に出席したGong Zheng上海市長(左)とABB ロボティクス中国の責任者Rui Liang。

新しい工場は、人工知能の革新を加速するのに役立つオンサイトの研究開発センターが併設されています。このセンターは、ABBがお客さまと協力して自動化ソリューションを共同開発するオープンイノベーションハブとして機能し、ABBのイノベーション能力を大幅に強化し、製品開発を加速させます。  

ABBロボティクスは1994年に中国に進出し、2005年には上海にR&Dセンターを開設しました。ABBは、R&D、製造、販売、エンジニアリング、システムインテグレーション、サービスに至るまで、バリューチェーン全体をローカライズした中国初の多国籍ロボットサプライヤです。

16年間、上海にあるABBロボティクスの研究開発チームは、継続的なイノベーションに取組んできました。2009年の初の現地開発ロボットIRB 120を皮切りに、2011年の世界最速の4軸パレタイジングロボットIRB 460、2015年の世界初の真の協働型双腕ロボットYuMi®、そして今年2月24日に発売された次世代協働ロボット(コボット)GoFa™とSWIFTI™まで、世界をリードする様々な製品の開発に貢献してきました。

  ABB(ABBN: SIX Swiss Ex)は、より生産的で持続可能な未来の実現に向けて社会と産業の変革に活力を与える、世界をリードするテクノロジー企業です。ソフトウェアをエレクトリフィケーション、ロボット、オートメーション、モーションのポートフォリオに結びつけることで、ABBはテクノロジーの限界を押し広げ、パフォーマンスを新たなレベルに引き上げます。130年以上にわたる卓越した歴史を持つABBの成功は、100カ国以上、105,000人の才気あふれる従業員によって支えられています。 www.abb.com

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp