ABBフォーミュラE:最先端のe-モビリティ技術がメキシコで急成長

ABBフォーミュラE:最先端のe-モビリティ技術がメキシコで急成長

フル電動レースシリーズは、ABBが充電インフラの整備と再生可能エネルギープロジェクトを推進しているメキシコに6回目の持続可能な技術をもたらします。

今週末、ABB FIAフォーミュラE世界選手権がメキシコに戻ってきます。カラフルな街、プエブラの郊外にあるアウトドローモ ミゲル E アベドで初めて開催されます。このイベントは、関係当局の指導のもとに作成されたCOVID-19の厳格なプロトコルに従って、安全かつ責任ある方法で実施されます。

メキシコ有数のレーシングサーキットであるアウトドローモ ミゲル E アベドは、NASCARメキシコシリーズやFIA世界ツーリングカー選手権が開催されたこともあるサーキットで、ポポカテペトル火山の素晴らしい景色を背景にしています。15コーナー、一周2.98kmのコースには、ヘアピン、高速コーナー、長いホームストレートなどがあり、フォーミュラEの特徴であるホイール・トゥ・ホイールの接近戦に適しています

ABB FIAフォーミュラE世界選手権のレースは、カラフルな街、プエブラの郊外にあるアウトドローモ ミゲル E アベドで初めて開催されます。
ABB FIAフォーミュラE世界選手権のレースは、カラフルな街、プエブラの郊外にあるアウトドローモ ミゲル E アベドで初めて開催されます。

ABBのチーフコミュニケーション&サステナビリティオフィサーであるTheodor Swedjemarkは、次のように述べています。「ABBフォーミュラEは、持続可能な開発の新時代のショーケースです。メキシコのような国がe-モビリティと持続可能性の目標を達成するための進歩を促す、コラボラティブイノベーションのための最先端のテストベッドです」

  2020年、メキシコは2030年までに温室効果ガスを22%、ブラックカーボン排出量を51%削減するというコミットメントを再確認しました。ABBテクノロジーは、同国内の大気質の改善を目的とした多くのプロジェクトを可能にしています。

ABBメキシコのカントリーマネージングディレクターであるVicente Magañaは、「ABB FIAフォーミュラE世界選手権が再びメキシコに戻ってきたことで、ABBがメキシコの産業界で推進しているエネルギー管理と効率化の大きな進歩を紹介する機会が得られました」と付け加えました。 「そのような例の1つは、ABBの充電インフラを利用したボルボ電気バスパイロットプロジェクトです。これは、持続可能な公共交通ソリューションを実現するための重要なステップです」  

このプロジェクトは、メトロバス社、ボルボバスメキシコ社、ABBメキシコ、ダウンタウン-エアポートコネクション(Conexión Centro Aeropuerto, CCA)が、メキシコ市当局と協力して実施するもので、メキシコ市の街路でサービスを提供します。ABBのTerra54 HVテクノロジーにより、4時間未満で一晩分の充電を行うことができます。つまり、中断することなく1日中稼働することができるため、ゼロエミッショントリップが実現します。これにより、CO2排出量を92%削減し、現行の車両では総排出量を20.45トン削減することができます。さらに、デジタルプラットフォームを介して24時間365日のサービスで遠隔監視することができ、電力を管理し、フリート運用のための貴重な情報を記録することができます。

ABBメキシコは、メキシコ市の水平テレフェリック(1号線)の開発にも協力しており、低圧、高電圧製品やパネルを提供しています。この完全に電気化された交通手段は、移動時間を50%短縮し、CO2排出量を3,100トンと大幅に削減します。

また、サン・ルイス・ポトシにあるABBのエンジニアリングおよび製造施設は、メキシコ全土で最初に自家発電を行った産業プラントであり、排出量の削減を促進しています。このプロジェクトは、「MIREC 2012」の枠組みにおいて、最も優れた再生可能エネルギープロジェクトとして評価されました。このプラントは、合計で約1.2MWの2つの太陽光発電ブロックで構成されています。 この設備は、キャンパスで消費されるエネルギーの約70%を賄い、大気中へのCO2排出量を年間約1,700トン削減しています。

サン・ルイス・ポトシにあるABBのエンジニアリングと製造の複合施設は、メキシコ全土で自家発電を行う最初の産業プラントです。
サン・ルイス・ポトシにあるABBのエンジニアリングと製造の複合施設は、メキシコ全土で自家発電を行う最初の産業プラントです。

60年前にメキシコで操業を開始したABBは、現在、生産、エンジニアリング、サービス、研究開発の5つのセンターと、サン・ルイス・ポトシからラテンアメリカにサービスを提供するグローバルビジネスセンターで、約4,500人の従業員を擁しています。

ABBは、フル電動のシングルシーターレーシングカーによる国際レースシリーズであるABB FIAフォーミュラE世界選手権のタイトルパートナーです。その技術は、世界各地の市街地サーキットでのイベントを支えています。 ABBは2010年にe-モビリティ市場に参入し、現在では85以上の市場でDC急速充電器2万台以上、AC充電器をChargedot経由の販売を含めて38万台、計40万台以上の電気自動車用充電器を販売しています。

ABB(ABBN: SIX Swiss Ex)は、より生産的で持続可能な未来の実現に向けて社会と産業の変革に活力を与える、世界をリードするテクノロジー企業です。ソフトウェアをエレクトリフィケーション、ロボット、オートメーション、モーションのポートフォリオに結びつけることで、ABBはテクノロジーの限界を押し広げ、パフォーマンスを新たなレベルに引き上げます。130年以上にわたる卓越した歴史を持つABBの成功は、100カ国以上、105,000人の才気あふれる従業員によって支えられています。 www.abb.com

 2021 ABB FIA Formula E Championship-カレンダー(これまでに確認されたレース)

ラウンド

都市

Date

1

ディルイーヤ

サウジアラビア

2021年2月26日

2

ディルイーヤ

サウジアラビア

2021年2月27日

3

ローマ

イタリア

2021年4月10日

4

ローマ

イタリア

2021年4月11日

5

バレンシア

スペイン

2021年4月24日

6

バレンシア

スペイン

2021年4月25日

7

モナコ

モナコ

2021年5月8日

8

プエブラ

メキシコ

2021年6月19日

9

プエブラ

メキシコ

2021年6月20日

10

ニューヨーク

米国

2021年7月10日

11

ニューヨーク

米国

2021年7月11日

12

ロンドン

英国

2021年7月24日

13

ロンドン

英国

2021年7月25日

14

ベルリン

ドイツ

2021年8月14日

15

ベルリン

ドイツ

2021年8月15日

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp