ABB フォーミュラE今シーズンのフィナーレを飾るベルリン

ドイツの首都において、ABBは欧州最大のe-モビリティ市場における持続可能な開発の進歩を推進しています

ABB FIA フォーミュラE世界選手権は、ロンドンでのアクション満載の2戦を経てベルリンのテンペルホーフ空港サーキットに舞台を戻し、2020/21シーズンのダブルヘッダーフィナーレを開催、シリーズ初の世界チャンピオンが誕生します。

テンペルホーフ空港は、COVID-19パンデミックが続く中、昨シーズンは6レースが実施され、過去6シーズンのうち5シーズンの開催地でもあるため、ドライバーが熟知している会場です。

チャレンジングな全長2.355kmのサーキットは、ベルリンの元主要空港の巨大エプロン内に10のコーナーが設置され、グリップ力の高いコンクリートの路面は、エネルギーレベルとレース戦略の両方に影響をおよぼし、シーズンの予測不可能な結末をもたらす可能性を示唆しています。

ベルリンE-Prixはまた、8歳から18歳までの若い女性を対象にモータースポーツ界でのキャリアの追求を奨励するFIAガールズ・オン・トラックプログラムも開催します。ABBは、グローバルパートナーとして、STEMを中心としたセッションを主催します。

テンペルホーフ空港はドライバーが熟知している会場です。
テンペルホーフ空港はドライバーが熟知している会場です。

ABBのチーフコミュニケーション&サステナビリティオフィサーであるTheodor Swedjemarkは次のように述べています。「フォーミュラEとのパートナーシップは、社会的進歩、平等、多様性の推進、安全で公正かつインクルーシブな職場環境の創出に関して、持続可能な開発に注力する理想的なプラットフォームを提供します。FIAガールズ・オン・トラックプログラムを支援することは、モータースポーツの注目を集めるプラットフォームを通じて、STEMの女性を奨励する絶好の機会を提供します」

欧州をリードするドイツ
ABBのe-モビリティディビジョンのプレジデントであるフランク・ミューロンは次のように述べています。「ドイツはグループ全体の収益において3番目に大きな市場であり、欧州最大のe-Mobility市場規模です。チャンピオンシップの今シーズンを締めくくるのに相応しい開催地であり、当社の技術が幅広いアプリケーションで進歩をもたらしている場所です」

ドイツでは現在、電気自動車の国内保有台数が100万台を超え、そのうち20万台以上が純粋なバッテリ式電気自動車です。ABBは、住宅用、商用から高出力の高速道路充電、商用の大型車およびフリートの充電まで、あらゆる市場分野向けの最先端充電技術でこの成長を支えています。

ABBは透明性とデータセキュリティの基準を設定し、そのTerra53/54およびハイパワーDC充電器がドイツの「Eichrecht」システムに準拠した最初の主要な充電サプライヤの1社となっています。透明性のある測定と請求プロセスを保証するように設計し、ABBは、既存の充電器もこれに準拠させられるように、後付けソリューションとフィールドバリデーションテストも開発しました。

ABBは、ドイツのミュンヘンにある欧州のハイパワー充電ネットワークプロバイダであるIONITYの技術パートナーとして、2018年以来、わずか8分間で200kmの充電を可能にする350kWのハイパワー充電器数百基を提供しています。また、ABBはドイツのガソリンスタンドネットワークへのTerraハイパワー充電器の設置を目標に、2020年にシェル・ドイツの導入パートナーに選出されました。

ABBは、2018年以来、欧州のハイパワー充電ネットワークプロバイダであるIONITYの技術パートナーです。
ABBは、2018年以来、欧州のハイパワー充電ネットワークプロバイダであるIONITYの技術パートナーです。

さらに、ABBとアマゾン ウェブ サービス(AWS)は、EVのリアルタイムフリート管理のためのクラウドベースのデジタルソリューションを共同開発するために協力しています。このソリューションは、EVの効率的な使用を最適化し、輸送フリートの電動化を促進することで、世界中のオペレータが完全電動化へ移行する際の100%の事業継続性を維持するのを助けます。EVフリートのこの進歩を推進するために、ABBはベルリンに、すべての車両OEMが使用できるフリートオペレータ向けの、カスタマイズされたスケーラブルかつ費用効果の高い技術を開発するピュアプレイベンチャーを設立しました。

ドイツにおける持続可能な進歩を推進するABBのもう1つの例は、従来型から再生可能エネルギー源への転換です。今年初めに、ABBは全国のすべてのABB施設における電力の100%が水力発電によるものであることを保証する新しい契約に署名しました。電力は欧州から、主に流れ込み式または河川に設置された水力発電所から供給されます。再生可能エネルギーへの切り替えは、ドイツのABB施設のCO2排出量を大幅に削減し、お客さまやサプライヤと連携しながらバリューチェーン全体で持続可能な慣行を実施し、低炭素社会の実現を目指す2030年サステナビリティ戦略の証拠です。

ABBドイツは35カ所の拠点に8,400人の従業員を擁し、インダストリー4.0/デジタル化、e-モビリティ、スマートホーム、スマートビルなど、ドイツ経済の主要セクターで活躍しています。

ABBとアマゾン ウェブ サービス(AWS)は、EVのリアルタイムフリート管理のためのクラウドベースのデジタルソリューションを共同開発するために協力しています。
ABBとアマゾン ウェブ サービス(AWS)は、EVのリアルタイムフリート管理のためのクラウドベースのデジタルソリューションを共同開発するために協力しています。

ABBは完全電動のシングルシーターレーシングカーによる国際レースシリーズであるABB FIAフォーミュラE世界選手権のタイトルパートナーです。その技術は世界中の市街地サーキットでのイベントを支えています。ABBは2010年にeモビリティ市場に参入し、現在では85以上の市場でDC急速充電器2万基以上、AC充電器をChargedot経由の販売を含めて38万基、計40万基以上の電気自動車用充電器を販売しています。

ABB (ABBN: SIX Swiss Ex) は、より生産的で持続可能な未来の実現に向けて社会と産業の変革に活力を与える、世界をリードするテクノロジー企業です。ソフトウェアをエレクトリフィケーション、ロボット、オートメーション、モーションのポートフォリオに結びつけることで、ABBはテクノロジーの限界を押し広げ、パフォーマンスを新たなレベルに引き上げます。130年以上にわたる卓越した歴史を持つABBの成功は、100カ国以上、105,000人の才気あふれる従業員によって支えられています。www.abb.com

暫定カレンダー 2022

Round

City

Country

Date

1

ディルイーヤ

サウジアラビア

2022年1月28日

2

ディルイーヤ

サウジアラビアa

2022年1月29日

3

メキシコシティ

メキシコ

2022年2月12日

4

ケープタウン

南アフリカ

2022年2月26日

5

TBC

中国

2022年3月19日

6

ローマ

イタリア

2022年4月9日

7

モナコ

モナコ

2022年4月30日

8

ベルリン

ドイツ

2022年5月14日

9

TBC

TBC

2022年6月4日

10

バンクーバー

カナダ

2022年7月2日

11

ニューヨーク

米国

2022年7月16日

12

ニューヨーク

米国

2022年7月17日

13

ロンドン

英国

2022年7月30日

14

ロンドン

英国

2022年7月31日

15

ソウル

韓国

2022年8月13日

16

ソウル

韓国

2022年8月14日

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp