PONANT社の極地探検隊がABBの技術で北極点に到達し、クルーズの新たな基準となる

PONANT社の極地探検隊がABBの技術で北極点に到達し、クルーズの新たな基準となる

  •  Le Commandant CharcotはABBのAzipod®推進装置を搭載した探検クルーズ船として初めて北極点に到達し、歴史に名を刻みました
  •  環境に配慮して建造されたこの船には、クルーズ船としては最大規模の蓄電システムが搭載されており、最大限のサステナビリティを実現しています

ハイブリッド電気探査クルーズ船Le Commandant Charcotは、今年後半の処女航海のゲストを迎える準備として海上公試を完了し、2021年9月6日に地理的な北極に到達した最初の船になりました。

Azipod®推進技術を搭載したこの豪華客船は、騒音や振動を最小限に抑え、快適な船旅を提供します。さらに、ABBが供給・統合した蓄電システムは、この種の船舶に搭載されたものとしては最大規模の約5MW/時を誇り、エンジンを停止して静かなエミッションフリーの航海を可能にしています。

氷の中を進む極地探検隊の Le Commandant Charcot(画像 ©PONANT-Nicolas Dubreuil)
氷の中を進む極地探検隊の Le Commandant Charcot(画像 ©PONANT-Nicolas Dubreuil)

また、Le Commandant Charcot は、極地と海洋の研究と保全に向けた世界的な取組みに貢献する科学界にても利用可能となります。船内には計測機器が設置され、科学実験室やサンプル採取用のムーンプールなど、学術研究に必要な設備が整えられています。これにより、Le Commandant Charcotは、世界中の科学者に観測、研究、分析のためのプラットフォームを提供し、これらの地域で定期的にデータ収集することで、遠隔地研究を可能としています。

PONANT社の新造船および研究開発担当ディレクターのMathieu Petiteau氏は、「ABBは、Le Commandant Charcotの厳格な運用要件を満たすために、Azipod®推進ユニットと蓄電システムの両方を設計しました。この船は、高水準の乗客の快適性を確保するだけでなく、遠隔地を探索しながらゼロエミッションモードで巡航することができます。また、Azipod®システムの操縦性により、氷海域をスムーズかつ安全に航行することができます」

「Azipod®推進装置は、非常に繊細で厳しい海洋環境で運航される探査クルーズ船に適したソリューションとなっています。PONANT社に採用されたことを誇りに思うとともに、Le Commandant Charcot が今後何年にもわたって活躍することを楽しみにしています」と、ABB Marine & Portsのクルーズ部門グローバルセグメントマネージャー、Dick Björkqvistは述べています。

Azipod®システムは、電気駆動モータを船体外に格納したポッド内で360度回転させることができ、従来のシャフトラインシステムと比較して、操船性と運航効率を大幅に向上させ、燃料消費量を最大20%削減することができます。30年前に発売されて以来、Azipod®推進システムは、客船部門だけでも合計100万トン以上の燃料を節約してきました。Azipod®推進システムは1〜22メガワットという幅広ラインナップを揃えており、その技術は、環境に優しい電気推進に対するABB地位を確固にする上で重要な役割を果たしています

このハイスペックなクルーズ船には、乗客と船舶の安全性を高めるために、遠隔での機器の監視と診断が行われますが、これは地球の最果てで運航する船舶にとっては特に重要なサービスです(画像 ©PONANT-Nicolas Dubreuil)
このハイスペックなクルーズ船には、乗客と船舶の安全性を高めるために、遠隔での機器の監視と診断が行われますが、これは地球の最果てで運航する船舶にとっては特に重要なサービスです(画像 ©PONANT-Nicolas Dubreuil)

Le Commandant Charcotは、氷の状態によって船尾を先に航行して、安全性を高め、タイムリーかつ効率的な方法でクルーズを完了することができる「ダブルアクティングモード」で航行できる最初のクルーズ船です。 さらに、Azipod®システムでは、従来のシャフトライン設定を採用した船に比べて、50%も短い時間で船を完全停止させることができます。

本船の安全性の重視は、ABB Ability™ Collaborative Operationsインフラへの接続にも反映されています。Le Commandant Charcotは、ABBエキスパートの世界的なネットワークに24時間体制でアクセスできるため、乗客や船舶の安全性を高めるための遠隔機器のモニタリングや診断を受けることができます。これは、世界の最果てで活動する船舶にとって特に重要なサービスです。

この先駆的な船のためのABBの供給範囲には、発電および配電技術、推進制御および遠隔制御システム、電力・エネルギー管理システム  (PEMS™: Power and Energy Management System)も含まれています。PEMS™により、主電源である液化天然ガス(LNG)と蓄電システムからなるハイブリッド電源を最適化し、エンジンの負荷を最適化することで、燃料消費量と排出量を削減することができます。また、この船にはABBのPower2 2段式ターボチャージャソリューションが採用されており、さらに最大5%の燃料節約効果があります。

ABB Marine & PortsのディビジョンプレジデントであるJuha Koskelaは、「ABBの電力と推進技術を統合したハイスペックな旅客船がまた1隻、オーナーに引き渡されたことで、私たちはこの分野でのポートフォリオを急速に拡大しています。Le Commandant Charcotは、この種の船に対する当社の電気、デジタル、コネクテッドソリューションの利点を完璧に実証し、他の遠征船が追従すべき青写真を提供します」と述べています。

ABB(ABBN: SIX Swiss Ex)  は、より生産的で持続可能な未来の実現に向けて社会と産業の変革に活力を与える、世界をリードするテクノロジー企業です。ソフトウェアをエレクトリフィケーション、ロボット、オートメーション、モーションのポートフォリオに結びつけることで、ABBはテクノロジーの限界を押し広げ、パフォーマンスを新たなレベルに引き上げます。130年以上にわたる卓越した歴史を持つABBの成功は、100カ国以上、105,000人の才気あふれる従業員によって支えられています。 www.abb.com

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp