ABB、ProRail社から周波数変換器の大規模供給を受注

ABBはオランダの鉄道事業者であるProRail社の既存の静止型周波数変換器を、将来を見据えた設計のUPSシステム300基に置き換えます。このUPSシステムは長期的なエネルギーコストと環境への影響を低減するための高効率、低所有コスト、ダウンタイムの最小化を実現できるように設計されています。

今回のアップグレードプロジェクトでは信号、電気柵、制御キャビネットなどの線路脇の主要機器への電源供給ポイントの改善に重点が置かれます。このアップグレードにより、列車の走行と乗客の安全を維持するための安全で継続的な電力が保証されます。GPSを介して同期されるUPSシステムはProRail社のネットワークに接続され、オンラインでの遠隔監視および事前に軌道整備を行うことで費用のかかるダウンタイムを最小限に抑えられます。UPSは2022年末から2023年初頭まで段階的に納入される予定です。

周波数変換器を含むUPSシステムはスイスのクアルティーノにあるABBのR&D部門でProRail社のために特別に開発されています。システムはABBの分散並列構成(DPA™)に基づいており、既存のシステムを置き換えることになります。

このプロジェクト実施は電力供給システムのアップグレードがProRail社の性能レベルに影響を与えたり、列車の安全システムを含む既存の鉄道インフラと競合したりしないことが重要です。このDPA™により、すべてのUPSモジュールは事実上独立した個別のUPSであり、独立したUPSとしての動作に必要なすべての必須機能ユニットを備えています。これにより、すべての機能レベルでUPSモジュール間に固有の冗長性があるため、システムの信頼性および可用性が向上します。

選定されたモジュラーシステムはシステムのダウンタイムなしに部品を交換でき、常に継続性が保証されるように開発されました。

ProRail社の入札マネージャーであるBart-Jan de Beer氏は次のように述べています。「このプロジェクトでは多くの定性的基準が考慮されました。ソリューションがエネルギー損失を低減し、システム同期の安定性を確保し、ノイズレベルを最小限に抑えることが重要でした。ABBが提供するソリューションは最高品質で最も費用効果の高いものとしてトップになりました」

ABBのシニアアカウントマネージャーであるArie Arendonkはこのプロジェクトについて次のように述べています。「ABBの技術が採用されたのは最も経済的に実行可能なソリューションを提案したことも理由のひとつです。ABBは鉄道アプリケーションの分野でも長年の知識と経験を有しています。そして将来を見据えた設計の線路脇電源の継続性、ダウンタイムの低減による総所有コストの改善、ノイズ低減による持続可能性のメリットを提供する当社の市場をリードするソリューションと組み合わせることで、ProRail社はこれらのメリットを最適に活用できるようになりました」

3レベルトポロジー、トランスレス構成、IGBTなどの高度な機能により、DPA 250 S4 UPSは非常に高いエネルギー効率を実現しています。この高効率により、運用コストを低減し、環境への影響を最小限に抑えることができます。DPA 250 S4は鉄道信号アプリケーションのような高コンピュータ密度の重要な環境向けに特別に設計されます。

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp