「デジタル化は気候変動に取組む新しいツール」 - ABBのピーター・ターウィッシュがポッドキャストで語る

「デジタル化は気候変動に取組む新しいツール」 - ABBのピーター・ターウィッシュがポッドキャストで語る

  • ABB Decodedポッドキャストの最新エピソードでは、ABBのプロセスオートメーションビジネスエリアプレジデントのピーター・ターウィッシュが、持続可能性とデジタル化の本質的な関連性について語ります
  • サステナビリティの目標達成に向けた産業用IoTソリューションの役割に関するABBのグローバル調査の結果について、ターウィッシュの見解を紹介します
  • ポッドキャストでは、データから洞察を得てより良い意思決定を行うために役立つABBのイノベーションを紹介しています

気候変動への対応の必要性が高まる中、産業界では持続可能性の目標に焦点を当てた取組みが進んでいます。ABB Decodedの最新ポッドキャストでは、ABBのプロセスオートメーションビジネスエリアプレジデントであるピーター・ターウィッシュが、企業が収益目標だけでなく持続可能性目標を達成する上で、産業用モノのインターネット(IoT)がいかに重要な役割を果たすかを解説しています。

このポッドキャストは、産業用IoTの普及と、幅広い業界におけるエネルギー効率の改善、温室効果ガス排出量の削減、持続可能な変化の促進に対するその可能性を検証したABBの最近の調査から得られた主要な知見を探るものです。

ターウィッシュは、産業用IoTでシステムを接続することで、より高いレベルの自動化が実現するだけでなく、個人や企業がより多くの洞察を得ることができ、その結果、持続可能性の目標に沿ったより良い運用上の意思決定を行うことができるようになると説明しています。

デジタル化を実践する

ABBが産業界の変革に関する国際的なビジネスおよびテクノロジーリーダーを対象に行った調査によると、意思決定者の約96%が、デジタル化は持続可能性にとって不可欠であると考えていることがわかりました。しかし、調査対象企業のうち産業用IoTソリューションを大規模に導入しているのはわずか35%であることも明らかになり、デジタル化の進展により産業が持続可能性の目標に向けて前進する可能性が浮き彫りになりました。

「デジタル化は新しい道具箱の中の新しいツールだ」と、ターウィッシュは多くの産業が直面するサステナビリティ関連の課題に言及しました。さらに、環境コンプライアンスやお客さまの期待に応えることを迫られている企業にとって、サステナビリティの要請はますます「営業許可証」のような存在になってきていると述べました。

また、ターウィッシュは、産業用IoTによる持続可能性の向上におけるサイバーセキュリティの役割について言及し、ビジネスを運営するための基盤として、データを信頼できることが重要であると強調しました。「サイバーセキュリティは、設置する必要のあるベースレイヤーであり、インダストリアルIoTが提供できる利点を促進するために、進化する脅威の状況とともに進化する必要があります」

外部からのアクセスからデータを保護し、データ操作によってシステムが惑わされないようにすることが重要です。「デジタルでより多くの意思決定を行い、より自律的なオペレーションに向かうためには、データを信頼できるようにする必要があります」と、ターウィッシュは付け加えました。

産業用IoTでより良い意思決定を

サステナビリティの目標を達成するために産業用IoTへの投資を拡大する企業が増える中、産業界は運用データを最大限に活用する必要があります。ターウィッシュは、多くの産業界のお客さまと協力しながら、ABBが見てきたのは、彼らが生成したデータのうち、通常20%以下しか利用していないことだと強調しています。その理由としてターウィッシュは、多くの場合、生データへのアクセスやコンテキストの把握が困難であることが挙げられると主張しました。

この課題を解決するためには、ドメインコンピタンスと人工知能を含む高度なデータ分析が鍵となります。運用技術(OT)、情報技術(IT)、エンジニアリング技術(ET)からリアルタイムの運用データを収集することも同様に重要です。

「データをコンテキスト化することで、より良い洞察、より良い意思決定、そしてそれを通じてより良い結果を得ることができます」とターウィッシュは述べています。

サステナビリティのためのイノベーション

ABBは、デジタル化とサステナビリティを組み合わせたソリューションで、エネルギー効率の最大化、資源利用の最適化、排出量の削減を実現し、お客さなの収益性を向上させます。

「エンジニアは常に効率を高めることを考えますが、もしデータという未使用のリソースがあれば、より良い結果を得るためにこのデータをどう使えばいいのか、自然に考えたくなるものです。そこで、産業用 IoT とABBが開発したソリューションが、お客さまのデータ活用をサポートします。私たちの観察によれば、データをもっと活用するのはお客さまであり、より良い結果を得るのはお客さまなのです」

ABB (ABBN: SIX SwisABB (ABBN: SIX Swiss Ex)は、より生産的で持続可能な未来の実現に向けて社会と産業の変革に活力を与える、世界をリードするテクノロジー企業です。ソフトウェアをエレクトリフィケーション、ロボット、オートメーション、モーションのポートフォリオに結びつけることで、ABBはテクノロジーの限界を押し広げ、パフォーマンスを新たなレベルに引き上げます。130年以上にわたる卓越した歴史を持つABBの成功は、100カ国以上、105,000人の才気あふれる従業員によって支えられています。 www.abb.com

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp