ABBの技術でコペンハーゲン空港がデンマーク最大規模のEV充電サイトに

ABBの技術でコペンハーゲン空港がデンマーク最大規模のEV充電サイトに

  •  ABBはエネルギーグループ企業イービー社(EWII)と提携し、充電器1,350基を供給
  • 空港内のEVと1日80,000人以上の空港利用者のEVの充電が容易に
  •  最近発売された世界最速のEV充電器であるTerra 360を含む幅広いABB充電ソリューションがドライバーに寄与

長期契約の一環として、コペンハーゲン空港(CPH)が2030年までに運営におけるカーボンニュートラルを達成する上で、ABBの充電インフラは重要な役割を果たすことになります。今後10年間にわたり、ABBはエネルギーグループ企業イービー社(EWII)にEV充電器1,350基を提供、スカンジナビアで最も混雑する空港の1つに設置することで、同空港はデンマーク最大の電気自動車(EV)充電サイトになります。最初のAC充電器180基とDC急速充電15基が2022年に設置される予定です。契約の財務詳細は公開されていません。

「高品質で専門的な充電ソリューションの幅広いポートフォリオにより、CPHの持続可能な移行をサポートできることを嬉しく思います」とABB EモビリティのCEOであるフランク・ミューロンは述べています。「デンマークの他の空港だけでなく、他の国の空港にもインスピレーションを与え、クリーンで静かで柔軟なe-モビリティの可能性と利点を再び示すことができると確信しています」

CPHは、1日8万人以上の旅行者と従業員が敷地内に駐車するため、総合的なEV充電ソリューションを探していました。また、旅行者を乗せてくるタクシーや、空港内で輸送、手荷物、ケータリングを扱う企業など、より高速な充電を必要とする車両にも対応する必要がありました。

この需要を満たすため、EWIIはABBをはじめとする多くのパートナーと提携し、充電器1,350基を供給します。充電インフラは、22kWのTerra AC wallboxから、最近発売された世界最速のオールインワン電気自動車用充電器Terra 360まで、ABBのポートフォリオ全体の充電器で構成される予定です。Terra 360は、3分未満に航続距離100km分の充電を実現し、最大4台の同時充電できるように明示的に設計された唯一の充電器です。

「ABBをe-モビリティパートナーに迎えることで、自動車からバス、トラックまで、あらゆる車両を充電できる幅広いソリューションへのアクセスが保証されます。さらに、充電ステーションの高い信頼性と、最高の品質は、私たちと空港にとって極めて重要でした。EV充電インフラの革新を推進する経験豊富なグローバルパートナーとして、ABBはすべてのパラメータにおいて優れています」とEWIIのホールセール責任者であるJesper Nicolaisen氏は述べています。

注釈

ABBはEVインフラのグローバルリーダーであり、電気自動車、電気・ハイブリッドバス、バン、トラック、船舶、鉄道向けのあらゆる充電および電化ソリューションを提供しています。ABBは2010年にe-モビリティ市場に参入し、現在では85以上の市場でDC充電器3万基以上、AC充電器をChargedot経由の販売を含めて65万基以上、計68万基以上の電気自動車用充電器を販売しています。

 2019年、CPHは1日平均83,000人の旅客がターミナルを利用し、その多くは空港内にある14,000台以上の駐車場を利用しています。そのうちの数カ所はすでに充電ステーションが設置されていますが、今後数年間でニーズが高まる傾向にあります。CPHは現在、EWIIと緊密に協力してこのニーズに対応しています。

詳細は、ABB Eモビリティウェブサイト(英語): ABB E-mobility – Leading the future to zero emission mobility またはEV充電ソリューション(日本語)をご参照ください。

ABB (ABBN: SIX Swiss Ex) は、より生産的で持続可能な未来を達成するために、社会と産業の変革を活性化する世界有数のテクノロジー企業です。ソフトウェアを電動化、ロボット工学、オートメーション、モーションのポートフォリオに接続することで、ABBは技術の限界を押し広げ、パフォーマンスを新しいレベルに引き上げます。130年以上にわたる卓越性の歴史を持つABBの成功は、100カ国以上で約105,000人の有能な従業員によって推進されています。www.abb.com

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp