協働新発想:GoFa + ダイナミック・セーフティ

協働新発想:GoFa + ダイナミック・セーフティ

月例ウェビナー2022|6月の回|ABBロボティクス ジャパン

Robot Technology Japan 2022 出展予告編

2022.6.24 金  11:00- / 16:00-   40分

参加登録ページへGO!!

安全を“動的”に捉える新しい発想によって、性能の上がる協働ロボットの潜在能力を解放でき、 安全性と生産性の向上を両立できる新しい方策となるのではないでしょうか。

AGVとの組み合わせにおける安全など、未来のロボット活用への大切な一歩かもしれません。

月例ウェビナー2022 6月の回、Robot Technology Japan 2022展の出展予告として、 「GoFa + ダイナミック・セーフティ」と題し、展示テーマである協働ロボ活用と安全設計の新発想についてご紹介します。

「ダイナミック・セーフティ」とは、ロボットや人などに関する条件変化を前提として安全設計を行うという手法です。多様化する協働ロボットを今後も安全に、効率的に活用するための新しいリスクコントロールと生産性改善の考え方です。

人が近づくと減速し、さらに近づくと止まる。そうした概念はこれまでもありましたが、例えばGoFaは以下の機能を有しています。 それにより複雑で“動的”な安全設定を施し、確実に安全を担保しながらロボット能力を最大限に発揮させることが狙いです。

-  PL=d, Cat 3を満たす二重化安全回路を備え、複数の安全機器を増設できること
-  ロボットの自己位置を監視し、安全機器とのコミュニケーションを可能とするソフトウェア&システムを有すること
-  画面上でプレ・アセスメントを実施可能な水準の仮想空間技術を持ち、条件変化に応じた複雑な安全設定をPC上で作り込めること
-  目の前の実際のロボットと仮想空間をリアルタイム同期し、設定状況や信号のやりとりを“動的に”確認できること
- 設定内容の一覧を一括で吐き出せること ...


ロボットと人との日内の干渉のレベルや頻度に応じて「ダイナミック・セーフティ」の有効性は変わるでしょう。

一方、協働ロボットの活用が進む中で「協働ロボはタクトが上がらない」「安全対策にグレーな部分がある」といった声や実情があり、 「ダイナミック・セーフティ」がその常識を壊し、安全性と生産性の両立を果たす余地、可能性があることは明らかです。

ぜひこの発想を共有させていただき、その可能性について一緒に考えていただければと思います。ぜひウェビナーにご参加ください。

予定の合わない皆さまも、ご登録いただきましたら後日録画データへの案内をお送りいたしますのでぜひお気軽にご登録ください。 今月も皆さまとお会いできますこと、楽しみにしております。 



                                                         
日時:2022年6月24日 金曜日

11:00-11:40 / 16:00-16:40
各40分 全2回(いずれの回も内容は共通です)

プログラム:
■ ダイナミック・セーフティ、という考え方
■ Robot Technology Japan 2022での実機展示内容  ほか

* 一部内容を変更する場合がございます。ご了承ください。

プレゼンター:
中島 秀一郎
ABB株式会社 
代表取締役社長 兼 ロボティクス&ディスクリート・オートメーション事業本部 事業本部長   

登録について:

参加登録ページへGO!!!

■ 上のリンク、または以下のURLをブラウザにコピー&ペーストし、参加登録ページにアクセスしてください。
https://abbconferencing.webex.com/abbconferencing-jp/onstage/g.php?PRID=d8b6976d2d7b9a4491c81d8d15a2e179
■ ご希望の回について情報をご登録いただき、参加登録をお願いいたします。
■ ご同僚、ご友人の皆様にもメールをご展開いただけます。ぜひお誘い合わせの上、ご参加ください。
■ 参加登録ページは日本語に対応しています。ページ内に言語設定できる箇所がございます。 ■ 同様に、参加登録ページに表示されている開催時間がずれている場合は、時間帯が日本となっていることをご確認ください。
■ 登録イベント名左側のチェックボックスの両方をご選択いただくことで、両方のイベントに一度にご登録いただけます。
■ その他、ご不明な点につきましては、jp-abbrobotics@abb.comまでご連絡ください。
■ 競合企業に属する皆さまのご参加は基本的にお断りしています。
■ yahoo、gmailなどのフリーメールでのご登録はお断りする場合がございます。  

Q&Aについて:
■ 当日はチャット機能でも質問をお寄せいただけますが、質疑応答時間が限られているため、後日の回答となる場合がございます。
jp-abbrobotics@abb.comにメールをいただく形で、事前に質問を受け付けいたします。公開可能な質問については回答を準備し、できる限り当日にお答えいたします。非公開の質問については個別に対応いたします。

 ウェビナーに使用するサービス:
本ウェビナーではWEBEXを使用します。お客さまの環境により、事前にプラグインなどの設定が必要になる場合がございます。 以下のリンクにて事前に接続テストが可能です。なお、当日は10分前より接続可能です。 https://www.webex.com/ja/test-meeting.html

                                                                                                                                                                                                                         ご不明な点につきましては、弊社担当営業、または以下の問い合わせ先までご連絡ください。
ウェビナーにて皆さまとお会いできますこと、心より楽しみにしております!  

お問い合わせ:            
ABB株式会社 
ロボティクス&ディスクリート・オートメーション事業本部 
東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower 22F 
E-mail: jp-abbrobotics@abb.com

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp