ABBとHydrogen Optimized、戦略的投資を含む水素パートナーシップを拡大

  • 大規模なグリーン水素製造システムにおけるグローバルリーダーを目指す協業
  •  Hydrogen Optimized社のRuggedCell™高出力水電解槽とABBの高出力整流器を組み合わせた技術提供
  •  カナダのジャスティン・トルドー首相とドイツのオラフ・ショルツ首相が出席したニューファンドランドのステファンビルで開催された水素トレードショーで、両社は新しい商業協定を締結し、提携関係を強化

ABBとカナダの技術革新企業である Hydrogen Optimized Inc.(HOI)は、両社の既存の戦略的関係を拡大する契約を締結。これには、HOIの親会社であるKey DH Technologies Inc.(KEY)へのABBによる出資も含まれており、彼らは独自の大規模アーキテクチャにより、急成長するグリーン水素製造分野を加速をめざしています。なお、本契約の財務的条件は公表されていません。

今回の調印は、8月23日にニューファンドランド州ステファンビルで開催された2022年ドイツ・カナダ大西洋再生可能水素博覧会で、カナダのジャスティン・トルドー首相とドイツのオラフ・ショルツ首相臨席のもと、両社がグリーン水素技術を紹介したことを受けたものです。2050年のネットゼロエミッション達成のためには、二酸化炭素の排出量が少ない水素の製造が不可欠であることは広く認識されています。

カナダのジャスティン・トルドー首相とドイツのオラフ・ショルツ首相は、両国の経済およびエネルギーの未来にとってグリーン水素製造が重要であることを議論しました。一方、ABB プロセスインダストリのプレジデント、ヨアヒム・ブラウンとHydrogen OptimizedのCEO、Andrew T. B. Stuart氏は、風力発電を利用して大規模な水素製造を行うHydrogen OptimizedのRuggedCell技術をABBの高出力整流器がいかにサポートしているかを説明しました。両社は、8月23日にニューファンドランド州ステファンビルで開催されたドイツ・カナダ大西洋再生可能水素エキスポで会談しました。
カナダのジャスティン・トルドー首相とドイツのオラフ・ショルツ首相は、両国の経済およびエネルギーの未来にとってグリーン水素製造が重要であることを議論しました。一方、ABB プロセスインダストリのプレジデント、ヨアヒム・ブラウンとHydrogen OptimizedのCEO、Andrew T. B. Stuart氏は、風力発電を利用して大規模な水素製造を行うHydrogen OptimizedのRuggedCell技術をABBの高出力整流器がいかにサポートしているかを説明しました。両社は、8月23日にニューファンドランド州ステファンビルで開催されたドイツ・カナダ大西洋再生可能水素エキスポで会談しました。

2020年に開始したABBとHOIの戦略的協業を加速することで、両社は、エネルギー、金属、セメント、公共事業、アンモニア、肥料、航空機・船舶・トラック・鉄道用燃料といった幅広い必須ニーズに応える、脱炭素化の難しい産業のための経済規模のグリーン水素製造システムの導入を進めています。

両社は、それぞれの能力と資源を活用し、HOIが特許を有するRuggedCell™高出力水電解技術を世界最大のグリーン水素プラント向けに迅速に商業化します。水電解は、水を水素と酸素に分割するために電気エネルギーを印加するプロセスです。RuggedCell™ 技術は、水力、太陽光、風力などの再生可能な電力を、産業用のグリーン水素に変換する技術です。

「ABBプロセスインダストリのディビジョンマネージャーであるヨアキム・ブラウンは、「2年間にわたる両社の協力関係を基に、グリーン水素という大きな世界的チャンスを追求することを楽しみにしています」と述べました。「RuggedCell™技術の厳格な検証を経て、ABBの高出力整流器と組み合わせることで、大規模なグリーン水素の分野で我々はカテゴリーリーダーになれると確信しています。我々の補完的な技術は、水素最適化の価値提案を強化し、RuggedCell™の商業化を早めるでしょう」

KEYおよびHOIの社長兼CEOであるAndrew T. B. Stuart氏は、「この契約により、数百メガワットから数ギガワットの設備が必要なお客さまの大規模セグメントで成功することができます」と述べています。「高出力整流器、分散型制御システム、製造自動化におけるABBのグローバルフットプリント、商業関係、および技術リーダーシップは、わが社が目標を達成するための市場の到達範囲と能力を当社に提供します」

DNVが発表した2022年6月の報告によれば、世界の電解槽の容量は2050年までに推定3100ギガワットに達します。同グループは、今世紀半ばには電気を使ったグリーン水素が水素製造の主流となり、生産量の72%を占めると予測しています。

ABBテクノロジーベンチャーズ(ATV)が主導するKEYへのABBの出資金は、HOIの知的財産開発の推進、事業活動の拡大に向けた企業能力の構築、自動製造やロボットの導入に充てられる予定です。これにより、ギガワット規模の電解槽製造の展開が加速されることになります。

ABB (ABBN: SIX Swiss Ex) は、より生産的で持続可能な未来の実現に向けて社会と産業の変革に活力を与える、世界をリードするテクノロジー企業ですソフトウェアをエレクトリフィケーション、ロボット、オートメーション、モーションのポートフォリオに結びつけることで、ABBはテクノロジーの限界を押し広げ、パフォーマンスを新たなレベルに引き上げます。130年以上にわたる卓越した歴史を持つABBの成功は、100カ国以上、105,000人の才気あふれる従業員によって支えられています。 www.abb.com

ABBテクノロジーベンチャーズ(ATV)は、ABB(NYSE: ABB)のベンチャーキャピタル部門です。ATVは、産業のデジタル化の未来を書くというABBの目標に沿った画期的なテクノロジー企業を探しています。2009年の設立以来、ATVは、ロボティクス、産業用IoT、AI/機械学習、エネルギー転換、サイバーセキュリティ、電動モビリティ、スマートビルディング、分散型エネルギーなど、さまざまな分野の新興企業に約2億5000万ドルを投じてきました。詳細については、www.abb.com/venturesをご覧ください。

KEY DH Technologies Inc.は、重水素と水素の産業において革新的な事業を展開し、世界市場に貢献しています。KEYの主要事業会社は以下の3社です。Hydrogen Optimizedは、グリーン水素の大規模生産のための特許取得済みRuggedCell™水電解システムを開発・商業化する民間水素技術企業です。Isowater®は、ライフサイエンス、先端技術、環境科学分野の世界中のお客さまに酸化重水素を提供するリーディングカンパニーです。詳細については、www.keydht.comをご覧ください。

Hydrogen Optimized Inc.は、大規模なグリーン水素製造システムを開発・商品化する水素技術の民間企業です。Key DH Technologies Inc.の一部です。Hydrogen Optimizedは、グリーン電力をグリーン水素に変換し、化石燃料を大量に使用する産業をサステナビリティリーダーに変換させることを可能にします。特許取得済みの高出力水電解システムRuggedCell™は、イリジウムなどの高価な白金族金属を使用しない拡張性のある設計を採用し、低コストの大量生産を可能にしています。数百メガワットからマルチギガワット規模のグリーン水素プラントでの利用に展開できます。このソリューションは、主要な産業、化学、ユーティリティ、エネルギーのエンドユーザを対象としています。水素最適化の詳細については、www.hydrogenoptimized.comをご覧ください。

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp